2019年 2月 の投稿一覧

南日本協力会特別研修会

みなさん、こんにちは。
ブログ第72弾です。
先週はみなさんにお伝えした通り、高知龍馬マラソンに出場してきました。

初めてのフルマラソンということで
非常にナーバスになりながら高知入りしました。

会場へつくと多くのランナーがいてみなさん、非常に気合も入っている感じで
特に自分がこの大会に向けて、すごく準備をしてきたわけではないのに、
意識をしている自分がいました。
(やはりどこかで負けず嫌いが出ていたいのでしょうか)

実際スタートとなるとなかなか進むことが出来ず
スタートラインまで着くことさえ、時間がかかりました。

今回の目標は、

•完走
・歩かない

でしたので、以前のハーフマラソンとは違い、最初からゆっくり走りました。
しかし、ふと気がつくと、前方にこの大会の制限時間を示す
7時間のペースメーカーが走っていて、最初の5km辺りの地点で
「あと2分で足切りだよ〜」と言われて
いきなり焦ってペースを上げました。

そのあとはペースを崩さずに足切りに合わないように走っていましたが
第1関門といいますか最初の難関が15km地点辺りにある
浦戸大橋でした。

高低差50mもある橋で
我々のペースの方たちは殆ど歩いていました。
結構角度もあったと思います。

そのあとは緩やかな下りであの有名な桂浜でした。
高知は何度も言ったことがあるのですが桂浜は初めてでした。
非常に美しい景観でした。天候もよく非常に気分良く走りました。

ところが30km近くになってくると段々足も痛くなってくるはで
しんどくなってきました。
わたしは今まで自己最長距離は23kmでしたので不安もありましたが
この高知龍馬マラソンは沿道の応援も多く、恐らくブラスバンド部の応援も
7箇所くらいやっていて、随分と勇気をもらいました。

ただその途中でびっくりしたのが、
電話が鳴り出したので携帯をみたら妻でしたので
走りながら出てみたら、「もしもしあのさ、下の息子がさぁ〜」
と言われて「悪いけど後にしてくれる」みたいなどっかの
CMみたいな事がおきました。

終わってから聞いてみるとドラゴンボールカードを誕生日に
欲しがっているか買って上げていいかでした。汗

さて、30km超え、40km近くになると非常に苦しい状況にはなりましたが
やはり沿道の方の声援や出場者の背中に書いてある
メッセージに笑ってしまったり、楽しく走ることが出来ました。

中でも「苦しくても完走できたら一生自慢できる」と沿道からの
メッセージに勇気をもらいました。
ここまできたのだからタイムを関係なく完走を頑張ろうと思えました。

結果、何とか完走することができましたが、改めて思ったことが、
基本は一人で走って誰もチームスポーツのように手伝ってくれる人や
アドバイスをくれたりする人はいませんが、
たくさんの応援してくれる人がいて、
やはり一人では成り立たないのだなぁと思いました。

ご招待頂いての参加でしたがまたしても大いなる学びがありました。
その日の夜は、参加したメンバーでの懇親会があり、
交友を深めさせてもらいましたが、
参加者全員が完走ということですごいなぁと思ったのと、
半分弱の人が初参加という事も驚きでした。

さて、マラソンネタで長くなってしまいましたが、
先週は南日本運輸倉庫の協力会の特別研修会が行われました。
去年はいすゞさんの藤沢工場で今年は日本フルハーフさんの厚木工場を見学させて頂きました。

実は以前に一度見学をさせてもらったことがあるのですが、
素人ながら何か依然と変化があれば面白いですし、
その差に気づいたときに何が改善のポイントだったのかなど聞くことが
できると思ってのぞみました。

実際、ウィング車は結構パターン化されているので、
機械化も進んでいるみたいですが、我々のような冷凍車は
種類も多いのでなかなか機械化は難しいようです。
恐らく量の問題もあるでしょう。

だから職人の技のようでして、教育から品質へのこだわりなど
いろんな事が凝縮されている工場でした。
約2時間の見学でしたがあっという間でした。

我々の協力会は「目指せ物流品質日本一」をスローガンに
運営していますが、今後は食品工場なども見に行くのはよいのでは
ないかと思いました。

賞味期限の考え方や高品質維持への方法や、衛生面など
研修が終わったあとは伊豆長岡へ移動し、ホテルで懇親会を行い、
コミュニケーションを取らさせてもらいました。

昨今の人手不足などで参加率は今回はあまり良くなかったですが、
こういった研修とやはり浴衣になって気を許しながら普段ではなかなか行えない
コミュニケーションをとることでこの物流業界の難局を乗り越えられたらと
思っています。

ではまた来週お会いしましょう!!

南日本新年会

みなさん、こんにちは。
ブログ第71弾です。

最近は大分日も長くなってきたようで、
6時台になるとだいぶ明るくなってきました。

朝は毎日ではありませんが、
植木に水をやる当番を仰せつかっていて、水をあげていると
うちの家にある梅もかなり実がなってきました。

だんだんと春に近づいているのですね。
私は3月から4月の時期がとても大好きです。
以前、4月が1月だったら良いのにと思ったこともありました。

これからだんだん暖かくなる時期、
桜などが咲く時期にhappy new year のほうが良いのでは
と思ったことがありましたが。

その事を思い出せてもらって思わず一人で苦笑いをしてしまいました。

さて、先週は南日本Gの新年会をありました。
物流だけでなくそれ以外の関連会社も勢揃いでした。
冒頭は私から挨拶をさせてもらい、その後は会長も話をし、乾杯へと移りました。

私は乾杯と同時に参加者全員に注ぎに回るのですが、
ここでも一人一人の会話からいろいろなものが得られますし、
まぁ~新年会ですから、ざっくばらんな普段話すこともないような
話題が出たりと楽しくふれあうことができました。

以前の新年会は、ドライバーの皆さんや
庫内作業の方などいろんなメンバーが参加して、
また来賓も多く来てくれたので結構景品もありました。

あるときから一回振り出しに戻そうということで、
所長以上のメンバーと改めて、来賓も呼ばずということで
かなり盛り上がりに欠けるかなと懸念があったのですが、
席を立つ場面が多く、ビールのコップとビール瓶片手に、
大いに盛り上がっている姿に、参加しているメンバーの本来の目的であったり、
姿が見れたような気がして、自己満足かもしれませんが、
コミュニケーションの強化が私のテーマでありますので感慨深い思いでした。

今後はイベントや景品なども含めてさらに
盛り上げていけるようにしたいと思いました。

この会でも2時間はあっという間でしたので、
さらにやるとなると時間も拡大も考慮に入れなければなりませんね。

今週、簡単ですが、以上となります。
実は今週は人生初のフルマラソン参戦と言うことで
ドキドキしながらこのブログを書いております。

最近マイブームの自転車でも40km以上
走ったことがないので本当にドキドキしていますが、
とりあえずチャレンジしてきたいと思います。

次回はフルマラソンまでの気持ちやマラソンしている
最中の気持ちの変化や、もし完走できたら、
完走後の気持ちなどをブログに書いてみたいと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

JFN新年会

みなさん、こんにちは。
ブログ第70弾です。

先々週の日経ビジネスの特集で
「世界を動かす日本人50人」という特集がありました。

その中で以前、南日本運輸倉庫が大変お世話になった方が選ばれていました。
以前も英語の雑誌を読んでいたらその方が出ていたり、
あのグーグルに日本人で初めて事業を売ったという記事が日経に出ていたりと日本で会っていた時
(数年前にシリコンバレーの方へ家族共々新しい事業を作りに)も尊敬する人物でしたが、
今回の日系の記事を読んで更に刺激を受けて、自分ももっと頑張らねばと改めて思った次第です。

懐かしさもあり、すぐにメッセージを送ったところ、
すぐに返信をしてくれる気さくなところも非常に魅力的な方です。
いつか再会できることをお話し、会った時に自分自身も更に成長出来ているように、
会社も成長できているように会話ができればと思った次第です。

さて、先週は恒例のJFNの新年会が千葉県の木更津市で行われました。
私はこの新年会が大好きです。というよりもJFNのメンバーが大好きで、
総勢でお会いできることがすごく楽しみです。
各世代で魅力的な方が多いですし、忌憚なく皆さんが夢や目標を語ってくれたり、
宴会も進んでくると本音トークなど、
またそれに対して真剣に耳を傾けている姿を見ると本当に良い仲間だと思っています。

今回はエリアで2人ずつ今年も目標を発表し、10名ほど発表されましたが、
そこには私のような4年くらいの社長もいれば、20年もやられている社長さんもいるということで、
本当でしたら、なぜ同じ場面で発表かと思われているかもしれませんが、
明確にビジョンや戦略を発表されているところに頭が下がる思いでした。

さすが成長されている企業の社長は違うなと思いました。
私も発表させて頂きましたが、どれだけ皆さんにご理解を頂けたかはわかりませんが、
あのような発表や言い合える世代を超えた仲間ですので、
発表の機会を頂けたことは非常に良いものです。

普段はあまり遅くまで飲む方ではありませんが、
12時近くまで最後は同世代のメンバーと大いに語り合いました。
こういった会での出来事が、普段の絆につながるのだなと改めて思いました。
こういったコミュニケーションというか絆づくりも
また会社運営に対して良い学びであることも感じだ次第です。

ではまた来週お会いしましょう!!

 

父親

皆さん、こんにちは。
ブログ第69弾です。

さて、最近ですが、何が変わったわけではないと思いますが、
子供たちとの会話が非常に楽しく、発見が多々あります。

今までももちろん楽しいことには間違いなかったのですが、
親と子というフィルターでしか、子供を見ていなかったような気がします。

だからしっかり育てなければいけないとか、
恥ずかしくないようになんて気持ちが強かったですが、
最近は子供が成長したせいか、違った目線で見れるようになったのか、
子供そのものを見えるようになった気がします。

あるべき論も大事ですが、子供そのものの良さというか
キャラクターを見ることができるようになった気がして、
子供との会話の中で子供も私も笑いが増えたような気がします。

いつも自分しか見えていないフィルターがやはり存在するのですね。

さて、先週はうちの父である会長と一緒に取引さ先と会食をしました。
非常に会長も気分が良かったようで、だいたい2時間くらいで
終了する会食も3時間くらいの内容だったと思います。

その中でM&Aの話など含め、非常にファイナンスリテラシーというか
お金の考え方を活用した提案内容に金融関係である
取引先も驚いていた様子でした。

私自身も非常に勉強になりながら聞いていましたが、
そこでだいたい会長に質問が来るのが
『それをどこで学んだのですが』という質問です。

新聞やビジネス誌などは良く見ている姿は見ますが、
いわゆるビジネス本のようなスキル系の本を読んでいる姿や
実際に自宅に置いてあった記憶がありません。

おそらく実践の中から常に妥協せずにまだ違う方法はないか
ということを常に習慣にしていっていたからだなぁと思っています。

実際、一緒にいるとまだ納得していないなぁという
場面に会うことも多々あります。
その積み重ねなのでしょうね。

そして、その後、その会話の中で一番驚いたのが
取引先の質問の中で『どうやって息子さんに跡取りとしての
意識をうえたのですか?』とありました。

私も非常に興味深い質問だったので、耳を傾けました。
2代目、3代目の仲の良い社長さんたちと会話していると
『俺らって良い意味で後を継ぐのが当たり前のように洗脳を
父親からしてもらったよね』と良く話にでます。

実際は私もそう実感していますし、私も息子が二人いますので、
どうやったら興味がわいてくれるのか、常に頭をよぎります。

そうしたら会長は『息子が勝手にそう思ってくれて、
そういうふうになってくれたんだよ』との回答でした。

意外な回答に最初は面を食らいましたが、
もちろん照れでしょうし、もしそうだとしたら、
父親が常に良い背中を見せてくれたからでしょう!!

まぁ~今度は二人のときに私から聞いてみたいと思います。
もし聞けたらまたアップしたいと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!