mtlsblog

南日本新年会

みなさん、こんにちは。
ブログ第71弾です。

最近は大分日も長くなってきたようで、
6時台になるとだいぶ明るくなってきました。

朝は毎日ではありませんが、
植木に水をやる当番を仰せつかっていて、水をあげていると
うちの家にある梅もかなり実がなってきました。

だんだんと春に近づいているのですね。
私は3月から4月の時期がとても大好きです。
以前、4月が1月だったら良いのにと思ったこともありました。

これからだんだん暖かくなる時期、
桜などが咲く時期にhappy new year のほうが良いのでは
と思ったことがありましたが。

その事を思い出せてもらって思わず一人で苦笑いをしてしまいました。

さて、先週は南日本Gの新年会をありました。
物流だけでなくそれ以外の関連会社も勢揃いでした。
冒頭は私から挨拶をさせてもらい、その後は会長も話をし、乾杯へと移りました。

私は乾杯と同時に参加者全員に注ぎに回るのですが、
ここでも一人一人の会話からいろいろなものが得られますし、
まぁ~新年会ですから、ざっくばらんな普段話すこともないような
話題が出たりと楽しくふれあうことができました。

以前の新年会は、ドライバーの皆さんや
庫内作業の方などいろんなメンバーが参加して、
また来賓も多く来てくれたので結構景品もありました。

あるときから一回振り出しに戻そうということで、
所長以上のメンバーと改めて、来賓も呼ばずということで
かなり盛り上がりに欠けるかなと懸念があったのですが、
席を立つ場面が多く、ビールのコップとビール瓶片手に、
大いに盛り上がっている姿に、参加しているメンバーの本来の目的であったり、
姿が見れたような気がして、自己満足かもしれませんが、
コミュニケーションの強化が私のテーマでありますので感慨深い思いでした。

今後はイベントや景品なども含めてさらに
盛り上げていけるようにしたいと思いました。

この会でも2時間はあっという間でしたので、
さらにやるとなると時間も拡大も考慮に入れなければなりませんね。

今週、簡単ですが、以上となります。
実は今週は人生初のフルマラソン参戦と言うことで
ドキドキしながらこのブログを書いております。

最近マイブームの自転車でも40km以上
走ったことがないので本当にドキドキしていますが、
とりあえずチャレンジしてきたいと思います。

次回はフルマラソンまでの気持ちやマラソンしている
最中の気持ちの変化や、もし完走できたら、
完走後の気持ちなどをブログに書いてみたいと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

JFN新年会

みなさん、こんにちは。
ブログ第70弾です。

先々週の日経ビジネスの特集で
「世界を動かす日本人50人」という特集がありました。

その中で以前、南日本運輸倉庫が大変お世話になった方が選ばれていました。
以前も英語の雑誌を読んでいたらその方が出ていたり、
あのグーグルに日本人で初めて事業を売ったという記事が日経に出ていたりと日本で会っていた時
(数年前にシリコンバレーの方へ家族共々新しい事業を作りに)も尊敬する人物でしたが、
今回の日系の記事を読んで更に刺激を受けて、自分ももっと頑張らねばと改めて思った次第です。

懐かしさもあり、すぐにメッセージを送ったところ、
すぐに返信をしてくれる気さくなところも非常に魅力的な方です。
いつか再会できることをお話し、会った時に自分自身も更に成長出来ているように、
会社も成長できているように会話ができればと思った次第です。

さて、先週は恒例のJFNの新年会が千葉県の木更津市で行われました。
私はこの新年会が大好きです。というよりもJFNのメンバーが大好きで、
総勢でお会いできることがすごく楽しみです。
各世代で魅力的な方が多いですし、忌憚なく皆さんが夢や目標を語ってくれたり、
宴会も進んでくると本音トークなど、
またそれに対して真剣に耳を傾けている姿を見ると本当に良い仲間だと思っています。

今回はエリアで2人ずつ今年も目標を発表し、10名ほど発表されましたが、
そこには私のような4年くらいの社長もいれば、20年もやられている社長さんもいるということで、
本当でしたら、なぜ同じ場面で発表かと思われているかもしれませんが、
明確にビジョンや戦略を発表されているところに頭が下がる思いでした。

さすが成長されている企業の社長は違うなと思いました。
私も発表させて頂きましたが、どれだけ皆さんにご理解を頂けたかはわかりませんが、
あのような発表や言い合える世代を超えた仲間ですので、
発表の機会を頂けたことは非常に良いものです。

普段はあまり遅くまで飲む方ではありませんが、
12時近くまで最後は同世代のメンバーと大いに語り合いました。
こういった会での出来事が、普段の絆につながるのだなと改めて思いました。
こういったコミュニケーションというか絆づくりも
また会社運営に対して良い学びであることも感じだ次第です。

ではまた来週お会いしましょう!!

 

父親

皆さん、こんにちは。
ブログ第69弾です。

さて、最近ですが、何が変わったわけではないと思いますが、
子供たちとの会話が非常に楽しく、発見が多々あります。

今までももちろん楽しいことには間違いなかったのですが、
親と子というフィルターでしか、子供を見ていなかったような気がします。

だからしっかり育てなければいけないとか、
恥ずかしくないようになんて気持ちが強かったですが、
最近は子供が成長したせいか、違った目線で見れるようになったのか、
子供そのものを見えるようになった気がします。

あるべき論も大事ですが、子供そのものの良さというか
キャラクターを見ることができるようになった気がして、
子供との会話の中で子供も私も笑いが増えたような気がします。

いつも自分しか見えていないフィルターがやはり存在するのですね。

さて、先週はうちの父である会長と一緒に取引さ先と会食をしました。
非常に会長も気分が良かったようで、だいたい2時間くらいで
終了する会食も3時間くらいの内容だったと思います。

その中でM&Aの話など含め、非常にファイナンスリテラシーというか
お金の考え方を活用した提案内容に金融関係である
取引先も驚いていた様子でした。

私自身も非常に勉強になりながら聞いていましたが、
そこでだいたい会長に質問が来るのが
『それをどこで学んだのですが』という質問です。

新聞やビジネス誌などは良く見ている姿は見ますが、
いわゆるビジネス本のようなスキル系の本を読んでいる姿や
実際に自宅に置いてあった記憶がありません。

おそらく実践の中から常に妥協せずにまだ違う方法はないか
ということを常に習慣にしていっていたからだなぁと思っています。

実際、一緒にいるとまだ納得していないなぁという
場面に会うことも多々あります。
その積み重ねなのでしょうね。

そして、その後、その会話の中で一番驚いたのが
取引先の質問の中で『どうやって息子さんに跡取りとしての
意識をうえたのですか?』とありました。

私も非常に興味深い質問だったので、耳を傾けました。
2代目、3代目の仲の良い社長さんたちと会話していると
『俺らって良い意味で後を継ぐのが当たり前のように洗脳を
父親からしてもらったよね』と良く話にでます。

実際は私もそう実感していますし、私も息子が二人いますので、
どうやったら興味がわいてくれるのか、常に頭をよぎります。

そうしたら会長は『息子が勝手にそう思ってくれて、
そういうふうになってくれたんだよ』との回答でした。

意外な回答に最初は面を食らいましたが、
もちろん照れでしょうし、もしそうだとしたら、
父親が常に良い背中を見せてくれたからでしょう!!

まぁ~今度は二人のときに私から聞いてみたいと思います。
もし聞けたらまたアップしたいと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

続、新年の挨拶

みなさん、こんにちは。
ブログ第68弾です。

以前、息子たちがサッカーを始めた話をしましたが、
最近休みの日は朝、公園までジョギングでむかい、
公園で娘も含めてサッカーをやっています。

最近はこの時が一番腹を抱えながら子供たちと交えている感じで
私の一週間のうちでもっとも楽しみの一つとなりました。

パスとかシュートはよくやるのですがリフティングが全くできないので、
以前コーチからも非常に大事だと聞いていたので、
紙風船を買いました。

紙風船だと落下速度が遅いので私でも
うまくすれば20回くらいはできます。

娘も含めて家の中で紙風船を使いながらリフティングを楽しんでいます。
サッカーボールなら1,2回しかできませんでしたが、
紙風船だと10回近くできるようになりました。

そうやってできる回数が増えると本人たちも楽しんでいるようで、
率先して紙風船を相手にリフティングを行っています。
これが早くサッカーボールに変わると良いのですが、
もう少し時間がかかりそうです。

さて、先週は南日本グループの幹部の新年会がありました。
総勢で27名でした。ゴルフ場や道の駅やビル管理会社の
メンバーは入っていないので、彼らをいれたら30名超えになる人数です。

また改めて確認するとうち、9名が1年以内に入社や
グループに入ったメンバーでした。

冒頭は私から去年の反省と今年の
グループの方針を説明させてもらいました。
資料はすべて自分で作成し、自分で説明をさせてもらいました。

まだまだ内容不十分な点などあるかもしれませんが、
まずは自分自身の今の思いを臆することなく、発表させてもらい、
そして反省やより良い方向へするために
修正することが大事だと思っています。

完璧なものにするために、臆するよりも、
ある程度納得できればどんどん発表し、反省点があれば
修正して行くことが大事だと思っています。

そうした方が自分自身の中での成長も早いと思うからです。
会社もより良く早く成長できると思っています。

実践を行えばその分だけ気づきもより実りが多いと思っています。
ですのでフィードバックする、皆さんの意見を聞くことができる
精神的な成熟度が求められると思います。

課題はつきませんからまだまだ修行が必要のようです。

また、先週は盛りだくさんな週で所長会議もありましたし、
新年の営業所周りもありました。

所長会議での反省はもっと数値的に具体化された目標を
発表できなかったことであり、新年営業所周りは少々時間に
追われながら回ったことでした。

もっと余裕をもって行けばもっとゆっくり会話も
できたと思うでしょうし、実際に会話が足りなかった気がします。
何も新年は新年として行い、別途営業所周りに時間を
かけたいと思いました。

平均15分くらいの滞在時間で12件回りましたが、
いくつも課題や気づきがありました。

やはり現場は宝の山ですね。

ではまた来週お会いしましょう!!

トラックの進化とマインド

みなさん、こんにちは。
ブログ第67弾です。

以前、お話をしたかもしれませんが、
我が家にはグーグルホームがあります。

非常に便利で声で天気予報を教えてくれたり、
タイマーをかけてくれたり、気になることを調べてくれたり、
契約すれば好きな音楽をかけてくれたり、としてくれます。

また何か付属品を買ってくれば、
声で家電のOn、Offが可能になるとのことで
どんどん便利になってくるのを実感します。

また、驚きとして子供たちがどんどん使いこなし、
かける曲などはブルーハーツなど懐かしい曲もあれば、
最近知ったのですが米津玄師という歌手の曲もかけています。

米津玄師の曲はなかなかいいなと思ったのですが、
娘からもCDをレンタルするように頼まれました。

こういったとこでも子供の成長を感じる次第です。

さて、最近のトラックは車と同様で進化が激しいですね。
衝突軽減ブレーキ装置や車線逸脱警報など、
交通事故撲滅に向けてどんどん進化しています。

また聞いた話によると今度はあるメーカーさんでは
軽自動車によくあるような誤発進抑制システムもつくようです。

それを聞いた瞬間に「もうプロドライバーもあったものではない」
と感じましたが時代の流れなのですね。

これは価値観としても非常に難しい時代になったと感じました。
社会人としてビジネスパーソンとしてプライドを持って取り組む姿勢の
概念が変わってくるのではないかと感じました。

今までしたら自分で自分を律するために行っていた行為が、
AIをはじめとする技術によって、簡単に目的や目標をクリアしてしまう
そんな時代になってきました。

そうすると私のような古い考えの人間は頭では
分かっていたとしても気持ち的に自分で律するべきではないかみたいに、
その流れに乗り遅れてしまうような感じがしました。

極端に言えば、しっかり自分の体のために便利な車や
交通機関を使わないと言っているようなものだと感じました。

どんな局面においても人間のマインドによって変化に
対応する大事さとというか、ITでもなくても、
例えばグローバリゼーションであってもダイバーシティであっても、
変化の邪魔をするのはいつも人間のマインドのような気がしました。

変えるもの、変える必要がないものをしっかり見極め、
環境の変化に順応していきたいものです。
そういった意味でも以前、お話をした整理整頓は常に大事ですね。
みなさんは如何でしょうか?

ではまた来週お会いしましょう!!

正月番組

みなさんこんにちは。
ブログ第66弾です。

先週から仕事も始まり、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
今年は正月も長かったので休みぼけしやすい環境だったと思いますが、
もう仕事モードに入っていますか?

今年は平成最後ということでいろいろと
平成30年を振り返る番組が多かったような気がします。

芸能ネタや事件など様々な出来事を放送されていましたが、
懐かしさもあり、また思い出したくないような出来事もありました。

みなさんも去年から今年を始めそのような
番組ふれることがあったかと思います。
いかがだったでしょうか?

5月からは新しい年号になる予定で、
新しい年号は何になるかまだわかりませんが、
平成の世は失われた10年、20年、30年といわれはしましたが、
この年号の替わりを機によい世の中へと行くことを祈願したいと思います。

さて、その正月の番組をいくつか録画した中で興味を引いたのが、
「芸能人格付けチェック」という番組でした。
一流の芸能人を集め、グルメや音楽や骨董品などを
比較してどちらが本物であるかを当てるクイズで私は
見てわかるクイズでも全く検討がつきませんし、
もっとそういったものにふれている芸能人の人たちでもなかなか苦労していました。

その中でも特に興味が沸いたのが、
一流芸能人ですから過去にいろんなプレッシャーを
乗り越えてきた方たちでも、選んだものに対して不安を感じたり、
楽観したりと人の心理がよくわかるシーンでした。

もちろん番組的に面白おかしくやっているとは思いますが、
ただ共感できる点があるという意味では、
やはりその浮き沈みが面白いですし、
あれだけの経験しているひとでも
そういった状況になるんだなと思いました。

また、結構人間はいい加減なんだとも思いました。
人は感じていたり確信していたりしていても結構人間の感覚は
あてになりづらいと思いました。

番組の中では、そういった比較の時に定量的なものは一切なく、
あくまでも感覚なので余計でした。一瞬我々経営者もそういったように
いい加減なのかなと思いましたが、だからある程度、
的を絞るために数値で表すことが大事だと感じました。

おそらく定性的だけですとかなりの訓練が必要だと思います。

以前、ゴルフ談義をしているときに、
以外とトップアマチュアでもプロみたいにきれいなスイングが
少ないことに驚いたことがありました。

トップアマですと時間とお金に余裕のある方たちが多いので、
練習量とある意味持論のようなスイング理論をもっていて、
それを練習量で補っているといった感じで盛り上がりました。

できることなら最初にやはり良いスイングを理解し、
それに向かって練習したほうが同じ練習量でも
効率的なのは誰の目でも一目瞭然でしょう。

若干話がそれてしまいましたが洞察力などの感性も大事ですが、
やはり土台となる定量的な部分(数値に裏付けされた部分)
というものも大事だと改めて気づかされました。

では、また来週お会いしましょう!!

2019年最初の、

新年あけましておめでとうございます。

みなさん、ブログ第65弾です。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

良い年を迎えられたことと思います。

私も年末年始にかけて大忙しでした。
31日の午前中で社内のあいさつを終え、その足で家族と長野県の菅平まで
スキーに行き翌日の元旦には、まずは新年のあいさつとして朝一で会長の
自宅にあいさつに行き、その後は恒例の営業所周りを3日かけて回りました。

残りの営業所は月末の土曜日を活用して回る予定でいます。
普段所長たちと面談をしていますが、面談は本部に来てもらって面談を
行うのでオフィシャル感が濃いですが、新年の営業所周りは各営業所に行くので、
また違った雰囲気でのコミュニケーションになるので、
また違った発見があります。

もちろん現場も見ることができるので良いことです。

さて、みなさんは今年はどんな一年の予定でしょうか?

会社の業務でいえば1月から藤沢に増築された物流センターがオープンし、
秋には佐野藤岡に物流センターがオープンします。

また今年は社長就任から丸5年が経とうする年で、
私自身はさらに気合をいれて次のステージに上がれるようがんばりたいと思います。

それ以外では私的なことですが娘が受験生になるので何とか
応援できればと思っています。

私自身は英語を初めて3年目になるので
もう少し自然に出るように頑張りたいと思っています。

今年は攻めと守りと同時にたくさんのことを
乗り越えていく年になりそうです。
社員のみなさんの協力を仰ぎながらしっかりとした会社にもっていきます。

今年もよろしくお願いいたします。

では、また来週お会いしましょう!!

2018年今年最後の、

みなさん、こんにちは。
ブログ第64弾です。

お陰様で今年最後のブログとなります。
みなさんはどんな年だったでしょうか?

私自身はいろんな意味で勉強させてもらった一年でした。
今までとはまた違ったステージに入り、刺激的で楽しい一年でした。

また、今年は南日本にたくさんの人が入社してくれました。
異なるバックグラウンドをたくさんお持ちで、違った視点や発想など刺激的でした。
私自身も非常に勉強にもなり、また一人では何もできないんだなと
改めて気づく一年でした。

来年はさらに刺激的な一年になると思うとワクワクしてきます。

年末に差し掛かり自分の机の周りも整理していますが、
以前にも書いたように整理整頓が苦てで、片づけをしていると
やはり定期的な整理整頓や手帳を活用しての
自分自身との気持ちの整理整頓も大事だと感じています。

また、それが実行されると非常に気持ちも良いものですね。

以前書いたように家も引っ越しをして身の回りの整理整頓したとき、
妻からこの状態を維持するよう言われましたが、
まさにおっしゃる通りでまずはしっかりと断捨離ではありませんが、
モノが溢れないことが大切だと改めて思いました。
(お恥ずかしい限りです。)

今年も読んでくれている方を含め皆さまには大変お世話になりました。
来年も引き続き自分の感じたことや体験したことを
このブログでご紹介できればと思います。

皆様におきましては来年も良い年であることを
祈願して今年最後のブログとさせて頂ければと思います。

一年間ありがとうございました。

では、また来年(来週!?)お会いしましょう!!

人間ドック

みなさん、こんにちは。
ブログ第63弾です。

いよいよクリスマスのシーズンです。
我々食品物流業も大忙しです。
私がこのブログ書いている最中にも
現場のメンバーが一生懸命年末の大量の荷物を捌いてくれています。

この場を借りて改めて感謝をしたいと思います。
まさに一大イベントでスーパーさんや居酒屋さんを
中心に年末商戦に大忙しです。

競争は一層激しさを増しますが、忙しいことは良いことだと思います。
工夫が生まれたり人の大変さを理解することができたり
良い面もあると思います。

さて、この忙しい時期に先週は人間ドックに行かさせてもらいました。
今年から入会した人間ドックなのですが、初めてということもあり、
この月しか枠がなかったので来年からはもう少し
うまくスケジュールを組んで忙しい時期をずらしていきたいと思います。

その中で、今まで受けてきた人間ドックとは違い、
ガンなど大きい病気を主体とした検査が多く、
目の検査や肺活量などの基本的な検査は行いませんでした。

その代わりではありませんが、痴呆症のテストを受けました。
いろんな質問を受け、最初に聞いたことを覚えているかや、
単純に記憶のテストもありました。

その中で一番難易度が私にとって高かったのが看護師さんが
100文字程度の文章を読み上げ、それを復唱するというテストで
最初の文章はどちらかというと女性を主体とした文章で、
2つめの文章は男性を主体とした文章でそれも「トラック」や
「車軸」など物流業界では馴染みのあるキーワードが
出たので復唱しやすかったです。

看護師さんも2つめの文章は女性には馴染みのない、
特に「車軸」は聞き慣れない言葉で復唱し憎いことがあるようです。

最近、英語のテストで同じように(さすがに100語ではありませんが)
5個ずつくらい単語の上限で文章を先生から言われて
復唱するテストをやっていましたが、
どうにもいつも頭が真っ白で中々すべての単語を
復唱できずに悩んでいましたが、日本語で同じようなことを
受けると知っている単語が多いのと文章になれているからか
出てきやすいのだと日本語を通して知ることができました。

今はリスニングの勉強でそう言った5個ずつくらいの復唱をやっていますが、
やはりリスニングだけでなく、それにまつわる文法や単語も理解していて
初めて会話が成り立つことを改めて肌で感じた次第です。

何をやるにしてもただそれだけを行うのではなく、英語にしても、
同じようなことを日本語で体感したから英語の課題も見えてきました。

よく、海外を知ることで更に日本の良さを理解できたなんて
言葉を聞きますが、まさにそういった感じだと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!
つぎは今年最後ですね。

今年の秋の面談

みなさん、こんにちは。
ブログ第62弾です。

さて、先日、息子二人と東京スカイツリーにドラゴンボールの
イベントがあったので見に行ってきました。

展望台に歴代のキャラクターが並べられていて、
子供はクギ付けで私もなつかしさを感じながらみていましたが、
見るキャラクターの違いからやはり世代の差を感じました。

でも世代を超えて人気のあることは凄いことだなぁと感じました。

いろんな展開はあるものの根本には多くの人を引き付ける何かがあるのでしょう!!

さて、先週でマネジャー以上との面談が終了しました。
本当は11月中に終了する予定でしたが、私の段取りの悪さがあり、
12月まで食い込んでしまいました。

12月に入ると現場も年末に向けて大忙しとなるので、
少々面倒をかけた形となりました。

ただ人数も増えて80名となったのである程度予想して
早めに取り掛かるようにしていきます。

その中で感じたことが、結構、自分の意見を言ってくれる人が
増えたと感じたことや現場の埋もれていた実情が出てきて、
そのやり取り尽きるシーンも多々あり、
今回は非常に良い機会になったと思いました。

いつも面接者が準備を話をしやすいように質問項目を並べていますが、
結構、それとは別に現場の現状について協議が行われ、
熱い協議に入ったことは非常に良かったと思います。

こういったことが改めて設ける機会の中ではなく、
普段からの議論の中で出るように、これからも風通しの良い機会を
数を多く作れるようにと改めて思いました。

私は常日頃より、多少喧嘩口調でも自分をさらけだすくらいの
議論が必要だと思っています。

それを乗り越えると本当に気ごころしれた仲間にもなれるだろうし、
そこから助け合いの精神も生まれると思います。
そういった意味では、中々そういった心境にさせる場面は難しいです。

ですので飲み会を行い、ある程度酔った状態でリラックスしてから
そういった状況を作るのか、それとも誤解を恐れずに言えば少しわざと
相手を怒らすくらいの会話を行い、本音を引き出すことも大事だと思っています。

非常に難しい方法かもしれませんが自分も真正面から
向き合う姿勢をみせることで議論をより良い方向に
導くことができればと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!