未分類

サッカー

みなさん、こんにちは。
ブログ第39弾です。

今、ワールドカップで大変盛り上がっていますね。
日本は非常に残念でした。ベルギーとの試合で2点を後半に先取した時には
日本はベスト8に行くのではないかとサッカーの素人の私でも思いました。
まだ世界との差があるのかもしれませんが世界に近づいた試合のように感じました。

さて、今日はそのサッカーについていろいろと書いてみたいと思います。サッカーについての印象は三つあります。

  • サッカー人口が他のスポーツに比べて多いこと。
  • 本当のチームスポーツの一つだと思うこと。
  • 経営にも非常に勉強になること

さて、まずは一つ目ですがサッカーの人気について調べてみました。
ネットで調べてみますと世界のスポーツ人口ランキングで

1位 バスケットボール 4億5000万人

2位 サッカー     2億5000万人

3位 クリケット    1億数千万人

4位 テニス      1億人

5位 ゴルフ        6500万人

6位 野球         3000万人

 

と出ていました。
日本だとあまり巷でバスケットボールをしているイメージがないので
サッカーが世界一と思ったのですが、断然バスケットボールのほうが多いようです。

しかしサッカーも他のスポーツに比べると非常に多い人口ですね。
意外とクリケットが第3位でこんなに多いとは思ってもみませんでした。
上位二つのバスケットボールとサッカーはボール一つあれば比較的に気軽にできる
スポーツだと思うので人口が多いような気がします。

野球と比べると8倍の差がありますね。日本人としては驚きです。
これだけの多いのでワールドカップの熱気がすごい事が理解できました。

二つ目は本当のチームスポーツの一つでだと思うことです。
サッカーに対して素人なのであくまでも私のイメージですが、
他のスポーツ(野球やバスケットなど)に比べて比較的個人の能力が影響しづらいと思うのです。

なぜなら足を使うこと、フィールドが大きい事、人数が多い事などで中々点数が入らず、
その分だけどれだけチームの連携がとれているかで勝敗が決まるのではないかと思うからです。

ですのでどれだけチームの勝利のためにどれだけお互いに協力し合えるかが
重要になってくると思うのでサッカーは本当のチームスポーツの一つではないかと思います。
そう思うと自分の息子たちにサッカーをやってもらってチームスポーツの良さを知ってもらいたいと思います。

ただいろんな条件があって至っておりません。
またチャンスを伺いたいと思います。

そして3つ目ですが、非常に勉強になることが多々あります。
ちょっと話がそれますが戦国時代の戦いって改めてすごいなと思っておりまして、
今の時代のように携帯もなければレーダーもなく、情報をつかむのが非常に難しく、
また当然陣形があったり事前に訓練はつんでいるのでしょうが当然思った通りことが運ぶわけがありません。

その状況が変化したときにいかに統制をとるかがカギですが現代に比べると非常に困難で、
その連携力は凄まじいものがあると思います。

そういった意味で言うとサッカーも野球などに比べると監督の入る余地は少ないし、
先ほど書いたように簡単に点を取れる逆転がしやすいスポーツではない
のでいかに点を取るための統制力や連携力が重要になってくると思いますし、
そのミスが致命傷につながってくるのだと思います。

そのような観点でサッカーを見ると世界の有名な監督の本を読んで見たくなりました。
情報は目の前で行われているのでキャッチはできますが思った通りに流れることはほとんどないと思います。

それをどう点につなげるために持っていくのか、試合中はほとんど監督が口を出すことが
できませんから、事前の訓練が試合を想定しながらどれほど重要になってくるのか?
また選手たち自身がどう判断してメイクマッチして行くのかものすごく興味が湧いております。

我々企業も世の中の環境の変化をとらえて想定してその方向に導き、
事前にしっかりと準備しなければなりません。
その中でも準備通りいかない時でもどう勝ちに導き出すのか、
今回のワールドカップを見てそのような3つのことを感じました。

見方が変わると同じ試合でもまた違った見方ができて面白いですね。

ではまた来週お会いしましょう。

広告

みなさん、こんにちは!
ブログ第35弾です。

先週梅雨入りと発表がありましたが
思ったよりはそんなに雨も降っていないようですね。
今週から台風だの雨だのとくるようです。

先週はJFNの総会もあり、翌日はゴルフでしたが非常に良い天気でした。
また、週末は南日本の管理者研修会で研修会の日は天気が良かったですが、
翌日のゴルフは雨こそ降らなかったものの決して良い天気とは言えませんでした。

大事な恵みの雨ですが、やはり晴れてはほしいものです。

さて、今週は『広告』についてお話をしたいと思います。
私は麺類が好きなので皿うどんを食べれるお店によく昼に行くのですが、
その時に店に貼って広告を見た時にキクラゲはシイタケのビタミンが何倍入っているとか、
何々は食物繊維が何倍と書いてありました。

そこでふと思ったのが一見何倍と書いてあるので良いには間違いないと思いますが果たして、
どう良いのか?人間に必要な量はそもそもどれくらいなのか?
また飲んだとしたらどれくらいの頻度が良いのか?など見えないのです。

広告ですからそこまでではなく、なんとなくのイメージの方が良いかもしれませんが、
もちろんお金を払っているので私としてはモヤモヤ感が残ってしまいます。
またそれ知ることによってより自分自身に潤いが与えられる気がします。

なぜなら本当にその食品の良さが理解できれば自ずと回数を重ねて
食べる習慣をつけると私は思うからです。
広告の部類はこう言ったことが多いように感じます。

例えば、アンケートもそう言った部類だと思います。
簡単なアンケートであれば食事の食べ方で好きなものから食べるのか、
好きなものは最後に食べるのか?などがあり、良く巷に出るものであれば次の総理大臣は?
とか法律改正についての可否についてなどがあると思います。

こう言った類いのアンケートでまず気をつけなければいけないのが母数
(あとは当然期間や日付もありますね。)だと思います。

さっきの食べ方のアンケートであれば大体が母数が50人くらいの場合が多いですし、
新聞に載るようなアンケートであれば数千、数万の場合が多いです。
そこで気を付けたいのがアンケートの中身と比べて母数が妥当なのか、
これを常に意識しないとアンケートの結果に対して、ただ「ヘェ〜」で終わってしまうような気がします。

中身に比べてあまりにも母数が少ないとどうしても信ぴょう性が薄く、
隔たった感が否めません。また母数以外にも気を配りたいのがアンケートを取った対象者の
「男女の比率はどうなのか?」「どの年齢層の方が対象として多いのか?」
「どのエリアの方か?」「どう言った職業の方か?」などもあると思います。

対象の取り方によって結果が変わることは自ずと分かると思います。
あまりないことではあると思いますが最近はフェイクニュースがあるくらいですから
母数や比率の捉え方で操作しようと思えば操作できなくはないと思います。

このように何気ないことに疑問を持つ事は改めて大事だと
先程の広告で理解させられました。私の周りにも、
また皆さんの周りにもこれだけ情報化社会になり、ネット社会になり、
情報に担保できない比率の方が増えていると思います。

またグラフィックなどの技術も上がりいくらでも見せられるかと思います。

比較的に悪いことがばかり書いてしまいましたが、
そういった見方をすることによって逆に新たな発見もあるかもしれません。

よく見てあげることクライテリア(基準、尺度)をしっかり照らし
合わせて把握することによって、頑張っている原因や逆に改善点も見えてくると思います。

疑うだけでなくそれを活用することによって皆が幸せになれれば
これ以上の喜びはないと思える話題かと思います。

ではまた来週お会いしましょう。

新卒採用の面接

みなさん、こんにちは。
第三弾です。

先週、わが南日本に入社を希望する来年の新卒の子の面接を行いました。

短大生と大学生の男の子でした。
しっかりしていたことはもちろんですが
一通り自己紹介や志望動機などを終えた後、
二人からいくつかの質問を頂きました。

非常に良い質問で、内容は
・南日本の戦略について、今後の展開は?ターゲットは?
・社長になったときのプレッシャーは?
などでした。

私としても非常に力が入り、予定していた時間よりも
オーバーしてしまい、少々熱くなってしまったなぁー
と反省したくらいです。

しかし、私の心をくすぐってくれるような質問をしてくれて嬉しくもあり、そして彼らに大きな期待も感じました。

今後もこう言った子たちが面接に来てくれるように
私自身も更に成長して会社をより良くしていこうと
改めて思いました。
今週もまた頑張っていきます。