コロナの影響 part2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。
ブログ第131弾です。

まだまだ油断できないコロナですが、
先週は緊急宣言が発令されました。

特に変わったように感じませんでしたが、
して良い事と行けない事が
より明確になったことは非常に良い事だと思います。

また、コロナの終息が第一の目的であるはずですし、
目的であれば皆さんが自粛しようと本当に思ってもらえる事が大事です。

実際の生活もあるわけですから、
気持ちでは思っていても、生活をしなければいけないですから
自然と活動は起きてしまうものと思います。
しっかりとした補償があれば、
国民もより自粛しやすいのではないかと思います。

そんななかで、ニュースを見ていたときに
「お父さん、これだけ店が閉まったりしていると
お父さんの会社の売上は減ってしまうの?」と息子から質問がありました。

質問の中身は少々短絡的な所もありますが、
非常に良い質問だと思ったので、なぜそう思うのか聞くと
「お店が閉まればモノを運べなくなるから、売上が減ると思った」と言いました。

そこで、私はまず「お父さんの会社は何を運んでいる会社?」
と聞くと、息子は「食品」と答えました。

「食品が売っていたり、食べる事ができる店で思いつくのは何?」
と聞きました。

「外食できるところやスーパーやコンビニ!!」
と言っていました。

そこで「仰るとおりで、その中でお父さんの会社は
比較的スーパーやコンビニへの納品が多いんだよ」と、

「テレビで言っているように、国は家にいなさい。
外出しないでくださいと言っているよね?
そうすると外食はあまりしなくなり、
スーパーで買い物して、家で食べるようになるよね?
それで外食にいかない分、スーパーで買う人が増えているので、
お父さんの会社の現場は忙しいところが多いんだよ」
と話をしました。

顔を見ていると納得はしてくれたようでした。

何が嬉しいかと言うと、
毎回、これだけコロナのニュースが流れていますが、
このニュースを小さな息子が自分の関係した人とどう影響があるのか
関心をもつことは手前味噌ながら良いと思いました。

私もそうですが、つい、テレビで流れているニュースが
あたかも自分と関係のないところで起きていると
勘違いしてしまうことがあります。
ましてやこんな小さな子供がどう影響しているのか考えていたことに
私自身は改めて、世の中のニュースをもっと自分ならこう解決できるとか
このようにすると思うだけでも非常に良い訓練になると思いますし、
力になれるかもしれません。

自分なりに息子に説明した事は良かったと思っています。
私自身ももっとこのような質問をくれるようにしたり、
逆に質問を常に投げかけることができるようにしたいと思いました。

さて、本当にとどまる事がないコロナですが
そんな中、アメリカニューヨークのコーネル病院のデビット博士が
コロナについてYouTubeで断言しているのは、

「我々の敵は自分の手であって、あちこちに触ったときに
その手が粘膜のある目や鼻や口を触り感染する」と、
「しっかり手洗いをしていれば99%は感染を防げる」と、
「マスクもいろんな効果があるが飛沫以外にも、
顔を触らないという意識付けになる」ということでした。

中々ここまで断言した内容はあまり見た事がありませんが、
非常に大事な事だと思いました。
この博士の言っている事は専門ではないので分かりませんが
自分が出来る事であり、想像レベルで言えばやはり正しいのではと思います。
とくに頻繁な手洗いが大事です。

私も朝から会社行くときまでに4、5回はよくハンドソープで洗っています。
携帯用としては除菌ジェルも大事でしょうが、
やはり手洗いでしょうね。

一人一人が出来る事から徹底する事で早く、
この難局を乗り越えましょう!!
(最近洗いすぎなのか、少し手がカサカサしてきました。笑)

ではまた来週お会いしましょう!!

 

ご参考までに、、(28分くらいの動画ですが、6分30秒くらいから対策について述べられています)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*