2020年 7月 の投稿一覧

初ゴルフ

皆さん、こんにちは。
ブログ第146弾です。

さて、皆さん、私が英語の勉強をしているのはご存知かと思いますが、
ショックな事が起きました。

普段勉強とは別にアプリでも行っているのですが、
そのアプリはしっかりと学習時間が記録されます。

それで学習すると時間がかかる割には
学習時間が短い事がわかりました。
開いたら、次に学習に移動したりと
そう言った作業は計算されません。

そう思ったとき、メインでやっている学習も
殆どが思ったよりも時間を有効に使えていないでしょうし、
仕事もそうなんだろうと思いました。
そうすると、当たり前かもしれませんが
集中することと、いかにゴールを達成するための
作業を効率よくさせる事が大事だとわかりました。
中々難しいですね。

さて、先週は子供たちと初めてゴルフに行ってきました。
大して練習させていなかったので
結構ハラハラのデビューでした。

スコアは大した事なかったですが、
殆どボールも失くさず、当たっていて、
また本人に聞くと、天気が悪かったにも関わらず
「楽しかった」と言う事で良かったと思いました。
下の息子は初心者のくせに途中でお姉ちゃんに、
「さっき左足上がりの時にお父さんがこう構えてこう打てと言っていたから
逆の場合はこうやるんだよ」と
生意気にも言っていました。

私も結構手間がかかりながらやっていたので
今年のベスグロも出てで良かったです。

家族でリラックス出来たこと、手間で気が紛れて、
余計なことを考えなかったのが良かったのだと思います。

次はいつの機会になるかわかりませんが
また連れて行きたいと思います。

ただその日は結構雨も降りましたので
お姉ちゃんが「次回は雨じゃない時が良い」と言っていました。

娘と息子はブービーとブービーメーカーでしたが
お姉ちゃんがとってきたうどんをみんなでおいしく頂きました。

ではまた来週お会いましょう!!

恥ずかしさ

みなさん、こんにちは。
ブログ第145弾です。

如何お過ごしでしょうか?

中々梅雨があけず、雨の多い日が続いております。
九州でもまだまだ油断ができず、また被害を受けた家財道具などの
整理に翻弄されているようです。
東京都といえども地震もそうですし、水害もないとは言えません。
今回のコロナもそうですが、
いったいどこまで備えをすれば良いのだろうか?
と思ってしまいます。
結局は前回同様、普段から気を緩めず
出来る事から行って備えておこうという事でしょう。

テレビで池上彰さんの番組を見ていたら、
2010年にSARSやMERSが流行したときに
日本はあまり影響を受けなかったようです。
しかし、そのときに政府が発表した文には、
日本はあまり影響を受けなかったが、しっかり備えるために
PCR検査の拡充や医療崩壊への備えをしようとうたっていたそうです。
やはり言うは易し行うは難しですね。

そんな中、以前家族で友人と会食に行ったときに、
食事の時間に上の息子がオンライン英会話を受ける予定だったようで、
本人はみんながいるから恥ずかしくて、嫌がっていました。
私は個室だし、何度も会っている仲間なので、
半強制的にやらせました。
本人は涙ながらにオンライン英会話を受け、
先生も心配していた様子でした。
でも本人はなんとか頑張りました。
終わった後、私はめちゃくちゃ褒めました。
これは絶対サッカーにも役に立つ話ですし、
技術よりもこう言った気持ちのハードルを越える事の方が
大事だと思います。
後で技術はついてくると思います。

その日はそれで終わったのですが、
ある日私もオンライン英会話の予約をしていたときに、
次の予定が30分早くなり、
オンライン英会話を受けるのが困難になりました。
そのときに、息子との出来事を思い出し、
また大事な電話も何件かあったので
タクシーに乗り、要件を済ませた後に、
息子と同じように恥ずかしさを感じながらもタクシーの中でオンライン英会話を受けました。
いつもの先生はタクシーの中ということでびっくりしていました。
受けている中で、目的地まで行くときに、
すばらしいタクシー運転手さんで
近道を利用してくれたので、オンライン英会話が終わる前に
タクシーを下ろされてしまって、そのまま路上で受けました。
結構目線が気になりましたが、そのままの勢いで受けました。
なんとか受ける事は出来ましたが、
受ける前には結構躊躇もありましたし、
受けている間も、タクシー運転手さんや路上の人にも気になりましたが
これも経験ですね。

冷静に考えると普通に言語ですから、
普通にタクシーの中で英語をしゃべっている人は
沢山いるわけですから、恥ずかしがる必要もないですね。
そう考えると、やはり自分の視点や感じ方次第ということですね。

先週はそのような事を経験した週でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

みなさん、こんにちは。
ブログ第144弾です。

如何お過ごしでしょうか?

コロナ感染者が連続で200人を超えるなど
まだまだ油断できないというより、悪くなっている様子です。
検査や態勢が出来た現れなのでしょうか?
政府はそれほど深刻に捉えていないようです。

確かに検査がしっかり行えるようになって
積極的にやっている結果なのでしょうが、
それをどう対策しているかが、あまり我々に見えていないような気がします。
しっかりと我々国民に見えるような形で進めて行ってほしいものです。

さて、最近非常に何をどう考えて良いのかと思う事があります。

それは「縁」です。

最近、色々と良いご縁を頂いている最中で、
もとはといえば、会食の席でご紹介頂いた方に
後日、ご挨拶に行った際に、ある会社の社長を紹介してくれるということで
連れて行っていただきました。
するとそれが良い縁となり、
あれよあれよと進んでいく形となりました。
すごく分かりづらい文章で恐縮です。

私は何が言いたいかと言いますと、
常々、一生懸命努力して頑張っているつもりですが、
今回に限らず、ご縁や先ほどの話のようにほぼ一回しかお会いしていない方が
他の友人を紹介してくれる
これは、一生懸命努力しているだけでは到底かなわないことだなということです。

では自分は何をしたら良いのか、
また次なるご縁をどのようにして頂けるようになるのか
ここ最近はずっと考えていました。
結果は今までと変わりませんが、『謙虚に一所懸命頑張る』でした。
結局自分にできることしか出来ないので、そう信じるしかないと思いました。
特に「一所懸命頑張る」は当たり前ですが、
「謙虚に」が大事なような気がします。

うちの幹部たちもそうですが、私一人では所詮なにもできません。
そうすると会社のために頑張ってくれるようにするしかありません。
もしかしたらそれも一つの理由で、
うちの会社に入ってくれたのかもしれませんし、
紹介してくれたのかもしれません。
でも努力は大事ですね。

「すごく努力をしたからと言ってオリンピックほどの競技に必ずしも出場できるわけではないが、
オリンピックほどの競技に出場出来ている人は皆、他の人よりすごく努力をしている」

私はこれを常に胸に秘めながら努力しています。
家族には申し訳ないですが、八つ当たりしそうな時は、
今日は一日頑張って疲れたからかなぁ~と思ってしまいます。
また仕事の事が頭から離れなく、話かけらた時に、
イラッとするのも頑張っている証拠かなぁと思ってしまいます。

しかし、ここで大事なのが先ほどの「言葉」と「謙虚な気持ち」です。
イラッとして、それが頑張っている証拠だと思っても
本当に努力しているのか分かりませんし、
いくら頑張ったからといって、
イラッとしては家族が良い気分であるわけないし、
仮にそれが友人でしたら、紹介してあげようとは思ってくれないですよね。

言うは易し、行うは難しですね。

とにかくこれからめまぐるしく変化する時代ですから、
甘える事なく、人との出会いを大切にしながら
また、これからも頑張りたいと思います。

そんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

先送り

みなさんこんにちは。
ブログ第143弾です。
みなさん如何お過ごしでしょうか?

先週は緊急宣言解除後、また数多くの人がコロナに感染したり、
熊本を中心に雨が多く降って、被害を被っています。
ニュースを見ると、非常に川の水が氾濫して、
人命への被害は少なかったとしてもこれからの生活が非常に大変だと思います。
何かお役に立てる事があればと思います。

さて、今回は『先送り』の話をしたいと思います。

会社ではいろんな決断をしなければならない場面があるのは
みなさんご承知のことと思います。
その中で、すべてが決定できれば良いのですが、
中には一回見送りをしなければならない場面もあると思います。
そこでふと思ったのが、却下する場面でも
そもそもその事案がダメな事案だったのか?
それとも、足りない要素があったから、今回は却下なのか
まず見極める必要があると思います。

そして、何か足りない場合にはその足りない要素をしっかり伝え、
それをクリアしたら、そこで決済なり、決定を行うと
明確にしてあげれば、却下されたほうも、心が折れることなく
むしろクリアするべく目標があれば、やってやろーという気になるかもしれません。

更に例えば、何かこれを購入してほしいという場合に
そのものを買う前にまだクリアできていない課題があると明示したときに
その課題をクリアしてくれると、購入してほしいといったモノそのものが
必要ではなくなってしまう場合もあるかもしれません。

非常に大事なことだと思うので、今後もかくありたいと思いましたが、
その都度その都度、判断を求められる時に、
常に実行できるか意識していかなければならないと思います。
非常に指摘の中身がよく、指摘し、却下したとしても
次へつなげる方法へ導くのは却下よりも簡単ではないと思います。
そういった中で常に意識しながら回すことができると、
会社の成長のスピードがまったく違ってくると思います。
なぜなら課題取り組みへの意識があがるからだと思うからです。
(易きに流されやすいですよね~)

中々その一歩先というのは難しいですね。
人間、今に満足しやすいと思います。

今週はそんな一週間でした。
ではまた来週お会いしましょう!!