WBS

みなさん、こんにちは。
ブログ第159弾です。

先週は娘が誕生日を迎え、13歳になりました。
すっかり大きくなり、娘というよりは
だんだん女性らしくなり、
興味を持つものだったり、言葉もだんだんと変わってきました。
背丈は妻を超える勢いで、ましてや中学に入ってから
バレーボール部に入ったので、
益々大きくなるかもしれません。

家族で誕生日会をしましたが、上の息子は
まだ妻に腕相撲で勝てないくせに
私の倍くらい食べていました。
娘と一緒で知らないうちに
私も色々な所で抜かされていくのだと感じました。
でも楽しみの方が多いので嬉しい限りです。

さて、先週はご存知な方も多いと思いますが
テレビ東京のワールドビジネスサテライトの
取材を受け、テレビに出ました。月曜日のことです。
その前の週の金曜日に取材の依頼が来たらしく、
月曜日の午後に弊社物流センターに取材に来られ
その日の夜の放送でした。

テレビ東京の方たちはたまたま南日本の社員の
募集広告を見て、依頼をかけてくれたようです。

昔ゴルフ関係では何回かテレビに出ましたが
このような形では初めてです。

コロナ渦で物量が増える部分もある中、
人材採用にどう苦労しているかという内容でした。
初めての事だらけでしたが
何とか終了し、営業所をあとにしました。
結構見てくれた方も多く、反響もありました。

最近、うちの社員の人たちや、
南日本をサポートしてくれる人たちのお陰で
業界紙に載る事も増え、業務にもそうですが、
相乗効果が出ていると感じています。
これからも多くの方々に支えてもらえるように
一生懸命頑張ろうとテレビを見ながら思いました。

翌朝は子供達が順番に起きてくるので
一つ一つ説明しなければならず大変でした。
家族をはじめ、皆さんからは
『マスクが下がっていたぞ』と
ご指摘を頂きましたが、一生懸命説明したせいか、
すぐに下がってしまい、その都度なおしてはいたのですが
あのような感じになってしまいました。汗、、、

チャンスと言うものはそうあるわけではありませんから
普段からの姿勢とそれを受け入れる素直さが
大切だなと感じました。

先週はそんな1週間でした。
ではまた来週お会いしましょう‼️

先週の出来事

みなさん、こんにちは。
ブログ158弾です。

先週は上のサッカー好きの息子が
クラブチームのセレクションを受けました。
最初は躊躇もあったようであまり受けたくないようなそぶりでした。
私はチャレンジすることの大切さを話し、受ける事になりました。
実際受けると、そのチームはこの界隈では強いチームらしく
1次選考では落ちたようでした。

しかし、嬉しかったのは、しっかりと2次選考も受けてくれました。
2次選考の時は、終わり時でしたが、見に行ってきました。
見て見ると、確かに小学生とは思えないくらい上手い子も多くて
私も驚きました。

二次選考の結果発表は郵送で送られるようでして、
それから数日が経っていますが、
本人は気になっているらしく、
珍しく、ポストに郵便物を取りに行ってくれるなと思ったら、
結果がまだか、まだかと気になるらしく
多い日は1日に3回見に行っているようです。
最初は受けたくないようでしたが、やはり人間気になるモノですね。

さて、先週はいろいろと楽しく、いつも以上に充実した週でした。
一つが以前からお話をしている面談です、
先週は新しく組織が4月からできて、そこで職場環境が変わった人が多く、
南日本としてもようやくそう言った組織で運営できるような体制になりました。

しかし、まだスタートしたばかり、非常に皆さんも苦労していることだと
思っていましたが、
やはり、ご本人たちも、非常にもどかしさを感じながら新しい環境に
対応している感じでした。

そんな悩みを聞いて私は非常に嬉しかったですし、感謝の念にたえません。
南日本としては新しい試みではありますので
どちらかというとご本人たちに依存する部分も多いと思います。
その分、私は耳を傾け、サポートする必要があると思っていますが
上長と相談しながら試行錯誤しながらやっている姿を見ていると
本当に先ほどのような気持ちで、財産だと思っています。

私は会社が変わる瞬間というのはこういうことなのかと思いましたし
これからの時代の変化に対しても、一緒に乗り越えられるのではないかと
感じました。
それ以外には会社の試みとして
KPIの導入と南日本運輸倉庫のブランド価値向上の会議をしました。

今までに無い試みですので、我々としても自分たちが新しい文化に耳を
傾け、アレルギーを起こすかもしれないですが、
慣れながら、乗り越え、会社の発展に寄与して行こうとする姿も
また会社が変わる瞬間かと思いました。

私自身も、知らない世界が多いので
更に素直な心でそう言った新しい流れや自分自身がしならいことに
対して、南日本とって価値があることであれば
社員のみなさんとシェアしながら
乗り越えていければこの上ない喜びだと思います。

先週はそんな盛りだくさんな週でした。
ではまた来週お会いしましょう!!

あ、実はだいたいこのブログは日曜日の午前中に書いていることが多いのですが
日曜日の夜に、息子のセレクションの合格通知が来ていました。
夕飯は食事になにも変化はできないですが、
家族みんなでお祝いをしました。

この場を借りて、改めて『おめでとう!!』
大変失礼いたしました。

では改めて来週お会いしましょう!!

最近の流行

みなさん、こんにちは。
ブログ第157弾です。

前回もゴルフネタでお話をしましたが、
実は最近ゴルフのスコアの調子が良いのです。
うちの会長からも理由を聞かれましたが、
もちろん練習に行く暇はないので
練習はしていませんが、
実は最近ストレッチを毎日行っています。

もともとはもう少し頻度を多く走りたいのですが、
朝起きると辛く、なかなか起きれなかったり
休みの日であれば起きてから時間に余裕があるので
体もだんだん目覚めてきて、走りやすいといった感じです。

恐らくケアが足りないだろうということで、
最近いつもより時間をかけて
ストレッチを行うようにしました。
特に股関節周りをやっています。
股関節周りをやっておくと非常にスムーズに体重移動ができるので
ショットが安定しやすいです。
もちろん歩いていても、歩きやすいので非常に、気分も爽快です。
そのおかけで最近はゴルフの調子も良いと思っています。

しかし、股関節はやはり上半身と下半身をつなぐ要でありますから、
ゴルフに限らずこの股関節の可動域を広げ、
歩きやすいことをすることは健康上、必要ですし、
血流もよくなるので非常に良い事だと思います。
実戦しているやり方を考えた方は脳梗塞のような状態だったらしいですが、
その体操をやったことで、改善されたそうです。
私も続けながら常に動きやすい状態を作れれば、
もっとやりたい運動もできるでしょうから
続けて行きたいと思います。

さて、今週は最近の流行として
NHKの有料動画を見ています。

主に歴史にまつわる番組が多いですが、
昔の武将や戦争についての事や、
有名な経営者の自伝ような話など、
またある歴史のでき事に対して
どんな事がその時起きていたなど
どこまでが本当の話かは分かりませんが、
非常に勉強にもなるし
個人としても非常に興味深く拝聴しています。

特に面白かったのが、
太平洋戦争に向かうまでの間で
何度も、戦争を支持するチームと
戦争を反対するチームとの葛藤であったり、
天皇が絶対的な権力者でありながら、
天皇とするとこのままでは
今まで続いた天皇家を終わらせる恐れもあり
宣戦布告に反対しながらも、
苦渋の決断をされていく様は非常に興味深く、
また当時の組織が、どうしても戦争の道へと
進みやすい組織であったと記述がありました。

軍隊の組織と内閣などの組織が並列だったため、
天皇以外軍部を抑制できる組織がなかったと
その番組では語られていました。

非常に勉強にもなり、
また非常に納得させられた部分もあり、
今後の私に生き方にも非常に勉強になりました。

でも嬉しかった事は、
いつ世にも勝手にそのような方向に行ったことはなく、
いろいろと議論はしつつも、
結局最悪な末路に向かってしまうことがあると言う事でした。
ここは非常に大事なポイントだと思います。

恐らくだれもが精一杯やりながらも
結局はその結果をのぞまない結果にしてしまった、
あのときはどうかしていた、
あのときは仕方が無かった、
理解しながらも空気を読むと結局そのような結論に至ってしまった、
その時の流行がそうだった、など

いくらでもある話だと思います。
そういう時こそあるべき姿、
とらわれない姿と言いますか、
あとに考えたときにそうならないように、
そう言わないようにする気持ちを自分自身も
良い意味で空気を読まない、忖度しない、神格化しない
そう言った冷静な判断ができるようにして行きたいものです。

やはり我々のゴールは何なのか?
この会議の目指すべきところは何なのか?
それを達成されると何が実現可能なのか?
我々はどうなれるのか?

そう考えれば間違った方向には
行きづらいと私は信じて業務にあたっています。
サブスクリプションなのでできたら一度で完結したいですが
時折、見る必要があるなと思いました。

先週はそんな週でした。

ではまたお会いしましょう!!

情緒

皆さん、こんにちは。
ブログ第156弾です。

最近涼しい季節が続いていますね。

以前のブログに、春や秋の季節はすぐに過ぎて
夏や冬がすぐにきてしまうと書きましたが、
今回はなぜか、どこにも出かけておりませんが
ゆっくりに感じます。
コロナのせいなのでしょうか?

ただ経済や会社の活動だけでなく、
コロナのおかげで
あらゆるものに目を向ける余裕でも出てきたのでしょうか?
こう書くと、すぐ油断している自分がいると
感じてしまうので、バランスとりながら
頑張りたいと思います。

先週は面白い出来事がいくつかありました。

コンビニで買った昼食をレンジで温めていた時に、
最近我が社で始めた、社内通報制度のポスターを
見ていました。
説明会や案内はもちろん聞いていましたが、
改めて読んでみました。
そうしたら近くにいた事務の女性に
『社長も何か悩みがあるのですか?』
と冗談じみながら言われました。
私は笑いながら、
『私も人間なので悩みがない訳ではありませんが、』
と返しました。

些細なひと時でしたが、楽しかったです。
こうやって声をかけてもらえることは嬉しいことです。

また、先週金曜日はフルムーンで、
願い事が叶うらしく、教えてくれた方に、
『大園さんも願い事してみたらどうですか?』
と言われました。
どちらか言うと私はリアリストな方で
何事にも解決する方法があると思いながら動いているので、
あまりそう言ったものに対して意識はないのですが、
先程の秋の季節を感じる話もそうですが、
やはり私も人間ですので
情緒を感じながら、また上手く調和しながら
行きていく事の大事さを教えてもらったような気がします。

今このブログを書いているのは日曜日午前中ですが、
実はこれから英語のTOEICのテストを受けに行きます。
来週はこの辺りを書きたいと思います。

では、また来週お会いしましょう!

面談開始

みなさん、こんにちは。
ブログ第155弾です。

最近はあまり良い天気が続かないですね。

息子たちもサッカーの練習が中止だったりする日が多く、
悔しがっています。
来週からは天気も少し回復するようですから
子供たちも喜ぶことでしょう!!

私も徐々にゴルフをする機会も増えてきました。
できるなら青空の下でやりたいものです。
先週は私も久しぶりにハーフだけは
ベストスコアタイでしたので良かったです。

面白い話があります。
苦手意識があり、ズーっとお蔵入りにしていた
パターをもってきて使用しました。
苦手意識があって最初はイージーミスをしていましたが、
あるときヒントが浮かんできて、構えを変えたら
そこから入るようになりました。
ベストスコアタイの方はパット数が
13パットと久しぶりの好パットでした。
不思議なモノですね。

半年間くらい苦手意識があって、
何ホールか使っては、やはり合わないと思って、
使っては止め、使っては止めでしたが、
あるきっかけを元にこうも変わるモノかと驚いた次第です。
やはり決めつけてはいけないという教訓をもらいましたし、
事業でもそうですがやり方を変えただけで
再生したりそれ以上になったりします。
ですのであきらめずに、
違う見方をすることが大事だと思います。

ある番組を見たときにカップヌードルの生みの親
安藤百福さんが、
『発明はひらめきから。
ひらめきは執念から。執念なきものに発明はない。』
と仰っていました。なるほどと思いました。

さて、先週、先々週からまた社員との
面談がスタートしました。
今回はまた面談する人が数が増えて108人との事でした。
最初は所長だけでしたので40名くらいでした。
ここまで増えた事はそれなりに形づけながらできたことかなと
勝手に自負しております。笑
この面談の肝は質問力にあると思っています。
しかし中々質問が難しいのも事実です。
ただ有り難い事に今までの面談の内容を蓄積していましたので
それを元に話すようにもしています。

面談の目的は「現場での課題や問題点を早期に発見し、
解決につなげること」です。

また「なるべく風通しの良い会社にし、会社の成長のスピードを上げる」
ことだとも思っています。
前にもお話ししたとおり、ここ数年で
南日本に新たに入社してくれた方も20名近くいます。
春は、コロナで面談を延期してしまいましたので
まとめて初めて面談をする人が多いですが、
それはそれで新たな発見があって楽しみです。
先週までに面談を行った中でも、
入社したての方がいました。
その方はまだ入社間もないにもかかわらず
忌憚の無い意見を言ってくれました。
また、物流業界からの出身ではないのである意味、
物流業界の常識に縛られない意見も出て
非常に新鮮な議論ができました。

やはり、先ほどのゴルフもそうですが、
自分だけの見方では限界があることを改めて
知る事ができました。
聞く耳とそれを冷静に理解できる力が大事ですね。

できたらこのブログを読んでもらう事で
自分の会社に対する思いを言いやすく感じてもらえたら有り難いです。
まだまだ、沢山の従業員の方と面談が残っていますが
頑張って行きたいと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

所長会議で

みなさん、こんにちは。
ブログ第154弾です。

先日、休みの日に朝から息子二人とサッカーの朝練に行ってきました。
その前の日に、子供たちと明日、サッカーの練習に行こうと約束してしまいました。
朝、下の息子に練習に行こうと言われ、
まだ眠く、あまり気乗りはしなかったのですが、
息子に「約束したでしょ」と言われて、3人で行ってきました。

公園に着くと「トリカゴ」という名のゲームをしました。
二人の間に一人が入って、
外側の二人がパスを出し合い、中の一人が
ボールを奪うゲームです。
二人に比べたらサッカーの技量がない私は
相当頑張りました。
結構走らされて、久しぶりに息を切らしながら走りました。
1時間弱の練習でしたが、素人には中々大変でした。

そのあと帰りに買う約束をしたエナジードリンクでしたが、
中々コンビニで売っていなく、何件もハシゴをしました。
先に息子たちを帰らせ、探しに行って、
何件か回ったら、やっと見つける事ができて
子供たちも喜んでくれて良かったです。

さて、先日は所長会議がありました。
弊社も最近の流行にともなって
zoomで会議を行っています。
5カ所くらいに分かれて会議を行いました。
最初は、私の話から始まります。
主に、会社の方針や社員のみなさんへ伝えたいことを話をしています。
いつも大体15分から20分くらい話をしています。
私の話が終わった後、遠隔の社員の人たちから
話が聞こえないということでした。
その場にいた社員の人たちが一所懸命、なぜ聞こえないのか、
遠隔の社員同士は良く聞こえているとのことでした。
そのあとすぐに原因が分かり、再開とのことでしたが、
私の話も全く聞こえていなかったようで、
再度、話をしました。
思いつきではありませんが、
ある程度即興で話をしている部分もあるので
「同じは話はできませんよ~」なんて冗談を言いながら
話をしました。

その後に休憩に入りましたが
嬉しかったのが、私の話が機械の操作ミスで
全く通っていなかったようですが、
きちんともう一回話をしてくれ
と言ってくれたのは非常に嬉しかったです。
中には言えない人もいるかもしれません。
うちの会社もすこしずつ風通しが
良くなってくれているのかなぁと感じました。

もちろん、しっかり準備する事は大事ですが、
何かミスが起きても、しっかりと問題が起きている事を発する事
そして、修正が必要であれば修正が必要としっかり発する事が
やはり大事だなぁと感じました。
なぜなら、私が気づかないことも多いからです。
嬉しいひとときでした。
少々真面目に捉えすぎているかもしれませんが、
心からそう思っています。

そんな風通しの良い会社として、もっと良くなればと思います。
先週はそんな一週間でした。

久しぶりのゴルフ

みなさん、こんにちは。
ブログ第153弾です。

さて、先週からまたしっかりと
ランニングを再開したという話をしましたが、
その一環で、子供たちと室内でサッカーの
シュートの練習を行いました。

テニスボールを私がトスして、
彼らが干してある布団に向かってシュートを行うものでした。
長男はもとから大分上手いなと思っていましたが、
次男も大分上手くなっている事に驚きました。
各々が都合100ゴール決めたら終了とやりましたが、
思ったより時間がかかり、1時間もかかりました。

しかし、嬉しかったが下の息子の成長ぶりでした。
リフティングも合間があったらやっていたようでしたし、
シュートだけは上の息子より丁寧な性格もあってか、
精度が良かったように感じます。
上の息子に「そのうちに抜かされるんじゃないの~」とあおると、
「それは絶対無い」とムキになっていました。
しかし、あおるとムキになって真剣にやる姿は良いですね。
やはり人間は刺激がないとダメだと思います。

さて、先週は私が新しくメンバーになったゴルフ場へ
両親を招待しました。
少々私のわがままで購入させてもらったので、
その感謝の意味も込めてと、実はそのゴルフ場に両親は行った事がない
ということで招待させてもらいました。
天気も心配がありましたが、なんとかもちました。

ゴルフ場に着くとまだ時間があったので、
皆で、食堂でお茶をしていました。
ゴルフ場の作りを見ながら会長はいろいろと語ってくれましたし、
会社でもなく、家でも無く、このゴルフ場の中で
ゆっくりと会長の話を聞けた事は、すごく良い機会でした。
また私の決意も改めて固まった次第です。

さて、プレーを始めると、
3人ともゴルフの内容は変わらずでしたが、
途中、両親のやりとりを遠くで見ていると、
自分が小さい頃にゴルフを始めた時を思い出しました。
いつまでも仲がが良い事はいいですね。
実は父がちょっと足が痛めていたらしく、途中で止めるかもしれない、
と言っていましたが、完走できて良かったです。

最後に、このゴルフ場を両親に気に入ってもらいましたが、
自社でもゴルフ場をもっていながら、
このゴルフ場のメンバーになった意味を
両親とのゴルフを通して考えさせられました。

一生懸命仕事をする事も大事ですが、
また汗水たらして働く事以外にも
自身を磨き、成長させることもあると、
考えさせられたような気がしました。

はっきりと言えない内容もあったので、
分かりづらい点があったことはお許し下さい。

ただ、努力だけでなく、人との縁も大事にしながら、
輪と言いますか、お仲間を増やしていけたら
そんな嬉しい事はないようなことを教えられた気がしました。

先週はそのような週でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

男子、女子

みなさん、こんにちは。
ブログ152弾です。

最近また少しずつ定期的にランニングを再開しました。
コロナや英語のせいにして定期的に行っていませんでした。
その間自転車だのスクワットだのと誤魔化していましたが、
もうそのせいにしていられなく、
また少しずつ会食も増えてきたので
しっかり健康管理をしなければと思い、
少しずつですが、定期的に再開しました。

コロナ渦ではトレッドミルをやっていましたが、
朝早くやると娘に怒られてしまうので、
その時は外を走るようにしました。
やはりトレッドミルと外では
体への負担が全然違いますね。
すぐに筋肉痛になってしまいました。
また良い機会を得たので
増やして行きたいと思います。

さて、今週は男子と女子について書きたいと思います。
これはある時に、妻と会話をしていると、
妻がどの家庭がどうだとか
誰々にあってどうだとか、
そんな話をしていました。
私はすぐに結論を求めてしまうので、
『で、ナニ?』と聞いてしまうと、
『特にない!!』と言われて
私が『なんで!?』と聞くと
『女子は結論が何か求めてなく、
ただシェアしたいだけ』と言われてしまいました。
私は『何だそれ!!』と思いましたが、
それからなんとなく妻の言葉を
意識をするようになりました。

なぜなら男性でも結論を出さずに共有だけで、
なんとなく良い雰囲気を出す方がいます。
逆に言うと空気をコントロールするのが
上手なのかもしれません。
何せ周りをそういった雰囲気にさせてしまうのですから、
うちの妻に言わせると本当かどうか分かりませんが
『最近女性の社会進出も増えて
女子化する男性が増えているのよ』ということでした。
この妻の視点はなかなか面白いなぁと思いました。

評論家になるつもりはないですが、
そう言った特性を見ると
人の配置又は環境を変えることで
化学変化が起きる、
そんなこともあるのだなぁと思いました。

なんでもそうですが、
「優しいの」の反対は「甘い」であったり
「厳しい」の反対は「隙が無い」であったり
必ず二面性があります。
どちらが良いとか悪いではなく、
やはり特徴としてみれば
より適切な方法や、より付き合いやすい方法が
見えてくると思います。

何か「方法」だなんて、
方法論ぽくて私もあまり好きではないですが、
やはり、有効だと思います。
そのうえで自然体な形で自分を表現できたら良いと思います。
そんな妻に教えられた一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

安倍総理辞任

みなさん、こんにちは。
ブログ第151弾です。
まだ熱い日が続きますね~。

先週、休みの日に、
近くのコンビニに昼食を買いに行きましたが、
途中、ものすごい暑さを感じました。
それでも熱中症は外より家の中で発症する事がデータを見ても多いようです。
昔からの日本人の気質としての我慢強さが起因してしまうのでしょうか?
私もそうですが、良い意味で懐に入ると言いますか、
良い距離感が大事ですね。

さて、今回は別の事を書こうと思っていましたが、
今週は大きなニュースが入りました。
安倍総理の辞任です。

7月くらいから持病が発症していたとの事ですが、
景気が回復しつつある中で、
コロナによる経済や環境への大打撃からのストレス
また、休み無く働いていた事も重なったのかもしれません。
いろんなご意見もあるでしょうが、
いろんな事情が絡んだ中での今回の辞任でしょうから、
致し方ないと思います。

私としてやはり最後までやって頂きたい思いはありましたが、
約8年弱の総理大臣という大変な職をこなされたことは
大変なご苦労の連続だったことと推察致します。

私も規模が小さいながらも
もうすぐで社長になって6年を迎え、
10月から7年目に入ります。
非常に早かったと感じておりますし、
このブログでも書いているように
浦島太郎にはなりたくないので、
常日頃から手帳などに
・やらなければいけない事
・やる事
・やった事
・反省するべき事
を整理しながらしっかりと着実に
方向性を見失わないようにやって行きたいと思います。

ようやくではありますが、
7年目にあたってはいろんな施策が
花が咲くように頑張りたいと思います。

本当ならば、10月の7年目を迎えるあたりで
このコメントをするべきでしょうが、
今回の安倍さんの辞任という件がありましたので、
失礼ながらも私としては10月から7年目に入る、
自分自身の整理の時期として
10月までの1ヶ月間を費やしたいと会見を見ていて思いました。
そう考えますと世の中でいろんな事が起こりますが、
やはり、何を問われているかではなく、
その事にどう意味づけができるかが大事ですね。

先日、ある方と会ったときのことです。
その方は元々は寺の関係の方のようで
幼少期は墓や仏像にいろいろと問われたそうです。
すごいと思ったのが、3ヶ月近く、毎日問われたということでした。
その結果、やはり自分がしっかりとどう意味づけするかが大事だ
という結論に至ったそうです。
3ヶ月間実戦するその根性に敬服しました。

何ともあれ、これからまた何が起きるか分かりませんが
しっかりと意味づけできるように行動していきたいと思います。
ではまた来週お会いしましょう!!

徳川家康

みなさん、こんにちは。
ブログ第150弾です。

今日で150回目を迎える事ができました。

みなさんのおかげです。

最近はまたこのブログを見てくれる方が増えたり、
面接する機会も多く、そこでも見てくれているという方がいたり、
さらにもっと嬉しいのが、
経営理念や使命や行動指針などに感銘を受けてくれたということで、
彼ら彼女らが一つ一つが繋がったストーリーのように語ってくれるところが
非常に嬉しかったです。

さて、今回は久しぶりに歴史のお話をしたいと思います。

みなさんは歴史上の人物でどなたが好きですか?
先日、武将ランキングという番組があり、そのときは
やはりというべきか「織田信長」が一位でした。
桶狭間の戦いで何倍もの敵に勝ったり、
長篠の戦いで近代戦術を編み出したり、
自由貿易を促進したりとあらゆる功績があります。

戦国時代の腐敗した世の中で新たな時代を切り開いた功績には
現代人も今の世の中への期待と、見ていて爽快感があると思います。
そんな中で、私が好きな武将は本当は「武田信玄」なのですが
今回は、「徳川家康」のお話をしたいと思います。

ただ、徳川家康の話をするのではなく、
私の愛読書である山岡荘八氏が書いた「徳川家康」について
お話をしたいと思います。

山岡荘八氏はいろんな武将の小説を書いていますが、
なぜ徳川家康の小説が好きかと言いますと、
ちょうど徳川家康が生きた時代が、
いろんな武将との絡みがあるタイミングで
そのやりとりが非常に興味深いからです。

初期の時代は若い今川義元(まだ痩せていました)が出てきたり、
その軍師の大原雪斎が家康を教育する場面があったり
まだ織田信長のお父さんの織田信秀が出てきたりと、
また戦いでは先ほどのような有名な戦いがあります。

そんな中で、私が一番印象に残っている場面は、
徳川家康が将軍になったあとでの
大阪とのやり取りのころです。
歴史では本当はどんな内容だったかはわかりませんが、
大阪の豊臣を利用して、全国にあふれている以前武士だった人たちが
再興する部分と、
あくまでも何とか大阪を維持しようとする人たちとの闘いが
非常に興味深く、武士ではなく公家として残れば、
徳川将軍の配下ではなく永く豊臣家が繁栄したかもしれません。

しかし武士ではないので、豊臣秀吉の人生の象徴とも言うべく、
大阪城を出なければならないという事でした。
非常に苦渋の選択であったでしょうが、
世の中に溢れている武士たちが
大阪城に立てこもればまた政権をひっくり返すことも可能
と思わせる象徴である大阪城をでれば
もっと穏やかに進んだかもしれませんし、
豊臣家も残っていたかもしれません。

タラレバを言う気はありませんが、
恐らく私の社長人生の中でもそう言った決断がくるかもしれません。
もちろん私も人間ですので子供がかわいいですし、
出来たら私の後をと思う事もあります。
でもそれ以上に会社を発展させる事の方が、やはり大事ですね。

この本の中でも、徳川家康が大阪城の家老を通して、
浪人武士を静めるために、
いろいろと促しますが、
その家老が中々豊臣秀頼に言えなかったり
先延ばしにしている場面があります。
また時間が経過するごとに憶測だけが飛び交い、
事実よりも目に見えない妄想に縛られ
自滅の道を歩いて行ってしまいます。
当時は携帯電話も電車も車も無いので、
中々フェイスtoフェイスは難しいでしょうが、
やはり誤解がないように体を張る事は大事ですね。

その本の中で、遡る事、
豊臣秀吉がまだ生きていた時代の北条攻めの時に、
徳川家康に謀反の噂が立つと、
豊臣秀吉はわざわざ徳川家康の陣まで行って
(徳川家康は謀反をする気は無かったのですが
周りがそのような噂を立てさせるので、)
誤解をとく場面がありました。
まさにそうありたいと思いました。
言い方は別にして、
やはり面と向かってこちらの考えや本気度を知ってもらう。
そして何が一番大切か大事かを考えて、必要とあれば、
言いづらい事でも、私情や感情にとらわれずに
しっかりと相手に伝える事が大事ですね。

私も常日頃からそういったことを心がけながら
会社の運営にあたっています。
どうしても自分がかわいいと
言いづらい事もあると思いますが、
それで時代から取り残されては、
悲しい結末が待っているような気がします。
私はこの本を何度も読んでいますが、
本当に歴史は繰り返すと言いますか、
名著の「失敗の本質」でもやはり似たような事が起きています。
やはりコミュニケーションは大事ですし、
いざとなればその人に直接話をする事が本当に大事だと思います。

これからの時代は「VUCA」と言われています。

volatility(変動性・不安定さ)、
Uncertainty(不確実性・不確定さ)、
Complexity(複雑性)、
Ambiguity(曖昧性・不明確さ)

だからこそ、コミュニケーションの頻度を上げ、
意思と信頼を理解してもらい、
この不透明な時代を乗り越える事ができるのではないかと思っています。

本当にコミュニケーションは大事だと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!