自分らしさ

みなさん、こんにちは
ブログ第253弾です。

みなさん、如何お過ごしでしょうか?
先週はなんと言っても一番のニュースは
104年ぶりに達成した大谷翔平選手の二ケタ勝利、二ケタ本塁打でしょうね。
野球を知らない方はあまりなじみがないかもしれませんが
少しでも野球をかじっている一人としては
すごい快挙だと思います。
特に104年前のベーブルースの時はあまり体系立てて、
プレーされていないのではないでしょうか?
そのあとから徐々に体系立てられてきて選手と投手を分けるようになり、
さらにDH製など徐々に分業になってきたと思います。
ですので、比べようもないところもありますが、
それを原点回帰するかのように今回の二ケタ勝利、二ケタ本塁打は
すごいとしか言いようがないと感じました。
また、すごいのが今のまま行けば規定打数、規定投球回数も
クリアできるというニュースを見ました。
私は勝利や本塁打もすごいとは思いますが、
規定打数、規定投球回数に達せるほどの
安定感がすごいなぁと思いました。
これだけ出れば当然疲労も溜まり、
成績も落ちれば、当然試合に出せてもらえません。
そこを考えるとすごい選手ですね。
今シーズンまだまだ注目すべきことが多いと思います。

さて、今回は「自分らしさ」について再考していきたいと思います。
「自分らしさ」とは何なのでしょうか?
我儘とも違いますし、我が強ければよいわけでもないし、
キャラクターに特徴があることとも違うと思います。

以前も書きましたが私の好きな言葉の一つに「守破離」という言葉があります。
ネットで調べると

『守』 (しゅ)
師の教えを忠実に学び、その後の土台となる”基礎・基本”を固める。
『破』 (は)
鍛錬と経験を重ね、土台を守りつつも応用・改善をし、”自己流”を加えていく。
『離』 (り)
それまでの過程に一切とらわれず、”思うがままの境地”に達する。

この守破離を参考にすると
やはり、何もわからないうちは基本の型を教えてもらい、
徐々に経験を重ねながら自分というものを知っていく、
そして、今までの境地とはまた別の境地で新たな自分を作り上げる
と言った感じでしょうか?
そうすると、最初は自分がどんなキャラクターになるのか、
どんなキャラクターなのかすらわからないのかもしれません。
経験を重ねていくうちにおのずと自分という人間が見えてきたり、
振り返ると自分というモノに気づくような気がします。

私が社長になってから現在を考えてもそう感じます。
とてもいまのような社長になっているとも思っていませんでした。

最近、入社式などでこう話しました。
「偉大な父のあとを継ぐのに、父が偉大過ぎたので同じDNAでも、
 同じことができるとは全く思えなかった。
 だから自分ができる目の前のことに集中した」
「もしかしたら、それが結果的に良く、
 自分の出来ることから、自分にしかできないことへと変わっていったかもしれない」
結果的というところが、どんな自分らしさになるのか、
結果的にしかわからなかったということだと思います。
以前、社長になる前に、自分には社長しかゴールがなく、
しかし父が集めてくれた業界で活躍された方はだれもがこう話していました。
「今の地位を目指して仕事をしていなかった」
「会社のためにと頑張っていたら、結果的に今の地位があった」
当時は全く理解できなかったし、自分は社長を目指して頑張っているのに
何か気が抜けてしまうように感じてしまいましたが(その時のみなさん、ごめんなさい)
今、ようやく理解できたような気がします。
自分らしさが失われるとか言っている内はまだ未熟なのかもしれません。
さらに努力して磨きを重ねることによって更に皮の向けた自分がいるならば
新たな自分を見つけることができるので、今の位置にこだわらないと思います。
そう考えるとワクワクしませんか?

私はそう考えると、まだ自分にはできることはまだまだあると思うし、
新たな自分に出会えるかもしれません。
英語をしゃべっている自分を見てもこんな自分がいるんだとも
思う時がいます。
ある意味英語をしゃべる自分は立場が変わった自分かもしれません。
そうすると違った自分が見えるのでしょう!!

人生、まだまだ面白いですね~

先週はそんな一週間でした。
ではまた来週お会いしましょう!!

入社式

みなさん、こんにちは
ブログ第252弾です。

先週は少し、涼しい日が続きました。
暑すぎたから少し涼しく感じたのか良く分かりませんが、
過ごしやすかったかと思います。
そんな中、先週資本提携させてもらった会社さんの
経営会議に出てきました。
あまり他社さんの経営会議に出たことがないので
非常に楽しみに参加させてもらいました。
そして参加させてもらうと
思った以上に勉強になりました。
全体を網羅しながらも非常にシンプルで伝わりやすい
働いている方達に非常に伝わりやすいのではないかと
思いながら聞いていました。
私は欲張りなので何でも詰め込もうとしてしまいますが
非常に参考になりました。
業界は違うとはいえ、大変勉強になったので
今後も機会があれば参加させてもらい
勉強させてもらえればと思いました。
やはり生きた学びは良いですね。
リアルさがあるので躍動感もあるし、響きやすいですね。

さて、先週は外国人留学生の入社式がありました。
7名の入社で、ベトナム人の社員5名とインドネシアの社員2名の合計7名でした。
いつもと同じように、会社の方針や戦略を説明させてもらった後
新入社員向けメッセージを発信させてもらいました。
滞りなく、終了したあと昼食会になり、
そこで幹部からの自己紹介が少し柔らかい雰囲気の中で始まり、
私も知らなかったことも聞けて新鮮な気分になりました。
新入社員からの質問もあって
ある幹部は奥さんとの馴れ初めを質問されていました。
非常に暖かい雰囲気の中で進行している中で、何人かの新入生から
『海外進出についてもっと具体的に教えてくれませんか?』
『どこの国にでていくつもりですか?』
と質問されました。
ある程度答えた後に、私が
『その質問をするということはそこで頑張りたいの?』
と聞いたら、全員が頷いていました。
平均年齢が若く、これから成長して行こうとする国々の人びとは
成長意欲も高く、積極的だなぁと思いました。
私も改めて身が引き締まる思いでした。
やはり、ダイバーシティは大事だと思いました。
こんな若い子達からも学ぶことはたくさんあります。
入社してもらって、少しずつ実力をつけてきて
影響の輪を広げてもらえたらと思っています。
もちろん、私もまだまだチャレンジします。
彼らにも負けないように!!と願いも込めながら

先週はそんな一週間でした。
ではまた来週お会いしましょう!!

新しい仲間

みなさん、こんにちは
ブログ第251弾です。

先週、家に帰ったら、妻や子供たちが南日本のホームページに載っている
賢者グローバルの動画をみんなで見てくれたらしく
『どうだった?』と聞くと
息子は『よく分からなかったけど、普段の家で見ているお父さんとは全然別人だね』
と言われました。
確かにそうかも知れません。
以前ほど、子供たちを叱る必要な場面もほとんど減りましたし、
どちらかと言えば、子供たちにイジられている方が多いかも知れません。
(特に娘に、、、)
そうすると、子供たちからしたら180度違った父親に見えるかも知れないですね。
以前から書いていますが、私の父の時代とは会社の規模が違うので
私が鍛えてもらったやり方ができなくなっています。
もちろん私には有効だったと思っていて、親にはめちゃめちゃ感謝していますが、
私自身は時代が変わって困っていました。
しかし、近い役職者の人たちでない社員の人たちも同じ状況かも知れません。
自分の子供たちとその社員の人たちと環境は違うかも知れませんが
目線は意識しても良いかも知れません。
アピールできる所はしっかりと自分の仕事をアピールしていきたいと思いました。

さて、ホームページにはUPさせてもらっていますが、
6月から草加に本社を構える和幸流通サービスという会社が
南日本グループの仲間入りをしてくれました。
本社に伺い、初めて役職者の方達とお会いし、
挨拶をさせてもらいました。
突然のことですので、戸惑いも当然あったかと思います。
その後、何度か訪問させてもらった後、
何人かの方達と話を個別にさせてもらって感じたのは
みなさんに信念を持って仕事に取り組んでいるように感じました。
現場にはまだ2ヶ所しか行っていませんが、
しっかり管理されている感じがしましたし、
特徴的な業務をやっていると思いました。
業務の中身や生業は違いますが、新たな特徴を見ることができて
相乗効果を発揮できることや和幸流通のお客さまにこんな提案をしたいなど
いろんなことが浮かびました。
また、南日本のメンバーも頑張らなければとも感じました。
全部はまだまだ見ていませんが、
見学したり、会話させてもらってワクワクしてきました。
ただドライの食品、また食品以外をやっているからと簡単に線を引くのではなく、
やはり百聞は一見にしかずですね。
改めて現場を見ることの大事さを感じました。
先週はまた、受託させてもらっている流通加工の業務が集約され、
ボリュームが増えたので、現場に行って確認してきました。
いくつか意見を述べさせてもらいましたが、
これもやはり現場に行くとよく分かるし、
課題も見えるのだなぁと思いました。

先週は改めて、現場を見ることの大切さを教えてもらいました。
ではまた来週お会いしましょう!!

ブログ250回

みなさん、こんにちは
ブログ第250弾です。

祝!!!!
おかげさまでブログ250回迎えることになりました。
ひとえに周りの皆さんのおかけだと思っています。
結構読んでくれている方も多く、
有り難く、また心地よく書かせてもらってきました。
元々は自分が生きていく中で浦島太郎ではないですが
気づいたら、違った方向に自分がいたなんてことが無いように
自分の忘備録的に、
またみなさんに発信することで
少しでも南日本や私のことを知ってもらえれば
コミュニケーションの時に少しは役立つのではと思って書き始めました。
ITの進化のおかけで、毎週休むことなく、このブログを書いて来ました。
250回ということは約5年前に書き始めたということですが、
前回の節目の時にも書いたと思いますが、
ここまでの回数になるとは思っていませんでした。
元々は自分の気持ちを表現することがすごく苦手で
またボキャブラリーもなく、生きてきた男です。
しかし、無理せず、肩に力を入れずに進めてきたことで
少しずつ重ねていくうちに、少しはボキャブラリーも増え
少しは表現ができるようになってきたのかな?
と思えるようになってきました。
改めてやはり積み重ねは大事ですね。
あるセミナーに出たときも
80億人に人口が近づきつつあるこの世の中で
インドの方も大学生の数が3400万人いるそうです。
それだけ世の中に頭の良い人が多く、
また賃金で比較すると日本人は5倍の時間を働いて
初めて同じ付加価値を提供できると一つの例として
話をされていました。
同等のものが溢れる中でどうやって競争していくか
どれだけ細部まで積むことができるか
それをどう積み重ねることができるのか
と仰っていました。
今までのような何となくではダメだと言っていました。
先週、金スマを見ていたら歌手の氷川きよしさんが出ていて
音楽業界も浮き沈みが激しい業界だと思いますが、
あれだけの人気がある氷川さんでも相当な危機感を持っていて
だからアニメソングや映画の主題歌などにも挑戦されている、
引き出しを多く持ちそしてしっかりこなされていて
積み重ねる。

少々横道にそれてしまいましたが
250回を迎えて思うのは
少し、言い切ることができるようになったような気がします。
以前は言い訳が多いというか
いろんな言葉で取り繕って結論を中々書かない、
みたいなことが多かったと思います。
吹っ切れたのか、腹が座ったのかわかりませんが
そんな気がします。
少しは成長しているのかもしれません。
まだまだこのブログも途中ですが、
どんどん自分の気持ちと向き合いながら
少しずつ少しずつ積み重ねることができたらと思います。

これからもよろしくお願いします。
ではまた来週お会いしましょう

先週も忙しい日々でした

みなさん、こんにちは
ブログ第249弾です。

先週は少し暑くない日もありましたが、
梅雨が戻ったかのように激しい雨の日が続きました。
恵の雨と思いたいものです。
また週明けに暑い日が続くようですが
熱中症にはお気をつけください。

さて、先週はあるアジア向け研究学会で
講師を依頼され、講演をさせてもらいました。
当日に出席者の方の名簿を頂き見ると
国立、私立と有名大学の先生や
大手電機メーカーなどの役職者の方が並んでいました。
そんな方たちの前でなぜ?という思いもありましたがのぞみました。
講演が夜からだったので自分でzoomを使用しながら講演しなければならず、
Zoomの設定など慣れていないので、
事前に社員の方にいろいろ設定の仕方を教わったのですが
うまく資料を出すことができませんでした。
みなさんにはうまく伝わったかはわかりませんが
意外と落ち着きながら進めさせてもらいました。
その時心掛けたのは、南日本のことを知らないし、
資料もないので繰り返し、相手が何も知らない事を前提で
話をさせてもらいました。
丁寧に話をしたつもりでしたが、
予定より早く終了してしまいました。
その後何名かの方から質問を受けましたが
さすが大学機関にいる方で専門的な質問もあり
講演以上に質問の方が緊張しました。
まぁ何はともあれ無事終了しました。
講演は家の別の部屋でやっていたのですが
リビングに戻ったら、家族4人静かにトランプをしていました。
緊張から放たれた瞬間にそのほのぼのした光景を見て
思わず笑ってしまいました。

さて、ここ最近いろんなことがあったので、
ブログに載せていませんでしたが、
実は私、オーストラリアの大学に合格し、
9月から入学することになりました。
もちろん仕事がありますのでオンラインで授業を受けるのですが
通算で2回は現地で授業を受ける必要があります。
元々は日本にある外国人が8割入学される大学を目指していたのですが、
2回不合格で3度目の正直とばかりに今年受けようとしましたら
コロナの影響かそのパートタイムのプログラムは終了となってしまい、
今回の大学合格を目指していました。
英語の基準を6月の試験で到達することができ、
ようやく自分もここまで来ることができたかと思っていたら
少し中だるみになって勉強のテンションが落ちていました。
しかし、基準を超え、願書提出に移り、入学へと段階を踏んでいたら、
急に今度は授業についていけるかものすごく不安になり、
英語への焦りから、英語学習に対する熱がものすごく上がり
集中するようになりました。
今まで英文記事に対しても抵抗があったのにそれがなくなりました。
抵抗があるとかそんなことを言っていられなくなったのだと思います。
ちょっと前とレベルは変わっていないのに
危機感ややる気一つで人間こうも変わるのかと改めて気づきを得ました。
そんなことで先週も1週間はいろいろとハラハラドキドキを経験した週でしたが、
その中でもいろいろと新たな発見ができた1週間でした。

ではまたお会いしましょう!!

安倍さん死去

みなさん、こんにちは
ブログ第248弾です。

梅雨明けして少し暑さもおさまり
何とか過ごせるようになってきましたが
コロナの感染者が東京だけでも1万人にせまる勢いで
また第7波なんて声も聞こえてきます。
またクラスターでの感染もあり、
まだまだ油断できない状況かもしれません。
ただまだ今のコロナがインフルエンザと比べて
どれくらいの影響が人体にあるのかによっては
考え方が変わってくると思うので
解明をしてくれたらと思います。

さて、先週は金曜日のお昼過ぎに
安倍元首相が襲われたニュースを
たまたま昼休憩の際、食堂を通った時にテレビで知りました。
最初は何のことを言っているのか分からず、
見ているうちに状況を受け入れられるようになりました。
お手製の銃で撃たれ
そのまま病院に運ばれ
心肺停止でかなり危険な状態と言うことでしたが
国民みんなの祈りも届かず死去されました。
昨今の歴史をみても
日本の元首相が撃たれて亡くなる事件が起きたことは稀で
なぜそんな事が起きたのか?
まさに驚きでした。
私はそちら方面にあまり詳しくないので
あまり書けませんが
BBCやCNNやNHK world newsを見ると、
いかに安倍さんが世界にいろいろなメッセージを発信して
外交や国の経済の回復に貢献したのかなど
讃えられている報道がたくさんありました。
安倍さんの貢献がそれだけ世界で讃えられていた
証拠のように感じました。
台湾でも哀悼の意を建物のサインで表現されていました。
ある記事を読むと安倍さんは
『父晋太郎さんが成し得なかった総理大臣になり
そして亡くなった67歳を超える日を迎えるにあたって
今後は色々とサポートしていきたい』なんて書いてありました。
そんな矢先の事件で、なんとも言えない気持ちになりました。
本当に悲しい事件です。

心よりご冥福をお祈りいたします。
今週はここで失礼致します。

父とカバン

みなさん、こんにちは
ブログ第247弾です。

暑い日が続いていますね。
先週一回ゴルフがありましたが
川越近辺でしたので結構、心配になりました。
暑さ対策もして臨んだのですが
普段経験がないのでゴルフ場へ向かう途中に
『嫁からゴルフ用の日傘を借りれば良かった』
と思い出しました。
ゴルフ場に着いたら一本だけ女性用の傘が売っていたのですが
女性用でもなんでも熱中症になるよりはいいやと思って購入し
生まれて初めて日傘を活用しました。
効果があったのか思ったより暑さにやられることなく、なんとか完走できました。
女性は日焼け用に使用されていると思いますが、
熱中症対策にも有効だと思います。
みなさんもこれだけ暑い日が続いていますので
日陰を探すことも大事ですが、こちらも有効だと思います。

さて、先週は実は会長である父と
カバンの話になって、欲しいカバンがあると聞きました。
いつも私のカバンを見て『いいカバンだなぁ』と言ってくれて
『○円か?』と聞かれていつも本当の値段より7割くらいの値段で
聞かれていたので、少々安堵していました。
しかし実際欲しいカバンを聞くと私のカバンの倍以上くらいで
びっくりしました。
『父の日で頼むよ〜』と言われましたが
私もそのカバンを良くみると『良いカバンだなぁ』と思ったので
父が喜んでくれるのであればと思い、購入を決めました。
しかし、その時よくよく考えて見ると、今まで父は本当に物欲のない人だなぁと
思いました。
ほとんど今ままでも誕生日や父の日で欲しいものを聞いても
『特にない』と言われ、
ある時から、何かとは思って、好物のモナカをあげたりと
その程度でした。
普段から自分に厳しく、贅沢もせずに
ただひたすら自分の理想を追いかける、そんな人ですが
改めて、プレゼントでもそう言った一面を持つ人だと思いました。
だからこそ、このカバンが欲しいと言われて、
当然自分の方がお金を持っているとは思うのですが、
この私にカバンを欲しいと言ってくれたのは嬉しいことでした。
タイミングっていうものもあるので
Ipadでもう一度内容を確認して、
またそのカバンはある同業者の社長さんと会食しているときに
見せてもらって気に入ったようでしたので
すぐに電話して型番も教えてもらって
再度父にも確認してもらいました。
ほとんど初めてこれが欲しいと言われて、
そこで間違ったなんてオチはつけたくなかったものでして、笑
確認したその日の夕方にお店に購入しに行き
翌日の朝に家に届けました。
その時、すごく嬉しい顔をしてくれて、
頭を下げられてしまいました。
よく父を慕ってくれている人も
父に感謝され、頭を下げられると恐縮すると言っていましたが、
私もまさにそんな心境でした。
父から今でもたくさんのモノを与えてもらっていて
感謝しかありませんが、
そんな父から頭を下げられてしまうと
最初は高いと思ったカバンでも
ものすごく安い買い物をした気持ちになりました。
こんな私でも、父にこれだけ喜んでもらえることがあると思うと
とても嬉しい気持ちと、その父の行動に少し涙ぐんでしまいました。
私も忙しくて、まだ父がカバンを使用している姿は見ていませんが
早く見たいと思います。

先週はそんな一週間でした。
ではまた来週お会いしましょう!!

BCP対応

みなさん、こんにちは
ブログ第246弾です。

先週は仙台へ出張に行っていました。
今回、出張がはいり、グループ入りした練習場を
せっかくの機会だったので見に行ってきました。
約一ヵ月間改修工事中という事で
綺麗になる前でしたが逆に貴重なものを見せてもらいました。
業界が違う事でいろんな事を業者さんから教えてもらいましたが
物流センターの建物にも通じる所がありましたので
やはり日々勉強ですね。

そのあとは今回、メインの用事の研修会に行きました。
テーマは「BCP」でした。
その建物自体がBCP対応されていて
基本は災害が起きても、電気が止まらない。
食品の備蓄もある、
そしてトイレも災害用トイレがあり、
非常に考え尽くされていて
構想3年だそうです。
私は一際目を引いたのが災害用トイレでした。
災害三種の神器は「水」「電気」「トイレ」だそうです。
このトイレは紙で作られていて組み立て式でした。
50人分で1週間使用できるそうです。
これは良いと思い、
主要箇所には導入しようと思っています。
こう言ったものは、有事には絶対良かったと思えるものなので
詳細を確認してすぐに導入したいと思います。
それ以外で勉強になったことは
東北と関東が同時に地震が起こる事は
確率として低いので東京と仙台とどちらでも
執務をとれるようにしているそうです。
また、社長が執務をとれなくなった場合は
次は誰と決めてあるそうです。
非常にリスク管理ができていると勉強になりました。
まだまだ、現状の運営をしっかりとした体勢を
しくまでしか出来ておりませんが
会社の目的は「持続的な運営、成長」ですから
しっかりできる意思を持ちながら頑張りたいと思います。

その後は仙台に移動されたお客さまと会食させてもらいました。
東京で大変お世話になった方で、
昇進されてでした。
昔話などいろいろ会話させて頂き、
仙台を後にしました。
今回はボリューム満点の出張で
大変勉強になりました。

ではまた来週お会いしましょう!

いろんなことが起きた週でした

みなさん、こんにちは
ブログ第245弾です。

先週は静岡のグループ会社に行きました。
その会社の社長とランチを食べたときに
一緒に海鮮丼を食べたのですが、
急に胃のあたりに違和感を感じ、
そこから、急に気持ち悪くなり
手洗いに飛び込みました。
何が起きたのか分からず、
少し休み落ち着いたので戻ってみると
彼は完食していたので、
たまたま何かに当たったのでしょう。
その後の静岡の病院に連れってもらい
薬をもらって東京に帰りました。
その日は体中がヒリヒリして眠れない状態でした。
何が原因かわかりませんでしたが、
みなさんもお気付けください。

さて、翌日はある運送会社の社長さんと専務さんと
会食させてもらいました。
会社に対する思いや、私も仕事に対する思いをぶつけさせてもらって
有意義でした。
やはり、存在するからには、いろんな哲学があるんだなぁと思いました。
楽しかったのか少々飲みすぎてしまい、
久しぶりに一駅乗り過ごしてしまいました。
週末は去年設立したDENBA DISSの決算報告会でした。
一応黒字で、営業利益率3%とまぁまぁでしたが
ポテンシャルから言ったら売り上げをもっと増やすことができるスキームですから
さらに頑張りたいと思います。
しかしながらDENBAさん側も出席を頂いて、
ネタがだいぶ増えたねという言葉をもらったので
さらに頑張っていきたいと思います。

前の週にはJFNの総会でもDENBA DISSの取り組みをお話しさせて頂き
早速検討したいという声もありましたので頑張っていきたいと思います。
私はJFNのインフラとDENBAの仕組みの相性が非常に良いと思っているので
今後も活動をしていきたいと思います。

先週はそのような忙しい週でした。
今週はちょっと短いですが
これで失礼します。

では、また来週お会いしましょう!!

JFN総会と40周年パーティー

みなさん、こんにちは
ブログ第244弾です。

先週は、JFNの総会と新潟食品運輸さんの40周年パーティーが
新潟で開催されました。
JFNでも久しくこれだけのメンバーで集まることが少なかったですが
感染対策もしながら、開催されました。
JFNの総会では数社代表での戦略やセンター構想が発表され
相変わらず、各社さん元気だなぁという印象でした。
我が社も負けていられないって感じです。
今回はDENBADISSの紹介コーナーがあり、
共同出資のDENBA JAPANの副社長に講演頂き
DENBAのテクノロジーと今後の可能性について
説明を頂きました。
私は南日本がどうのこうのではなく、
このテクノロジーを活用することで
JFNがさらに活性化されると思っています。
元々のJFNのインフラとネットワークを活用し
そこにDENBAの鮮度保持技術を活用することで
全国ネットーワークで各地域の産地のものを
提供できるようにあると思っています。
あまり時間が短かったので、うまく伝わったかはわかりませんが
最初の案内としては、掴みはオッケーではありませんが
良かったと思っています。
後は実績、実例も出始めているので
頭の中で繋がると思っています。
懇親会では、久々に会話をした人たちも多く、
非常に嬉しいひと時でした。
翌日はゴルフを行い、
その夜は新潟食品運輸さんの40周年パーティーでした。
すごく盛大で、弊社ももうすぐ50周年を迎えようとしていますが
こんなすごいパーティーは無理だなぁと思いました。
この披露宴では、何年振りにお会いした方もいて
有難い会でもありました。
しかし、新潟の地で食品物流オンリーで120億円もやられている事にも
素晴らしいと思いました。
井越社長には大変懇意にさせてもらっており、
いつも目をかけて頂いておりますが、
世の中の流れに敏感でありながらも、
ゴルフをご一緒させて頂いた時に
農産物の収穫時期などにも詳しく
横で聞いていて大変勉強になったことを覚えています。
若造の私が大変恐縮ですが
四季の自然の大きな流れ、原理原則を考えながら行動されて
いる方だと思いました。
私は、あまり小さい頃からそう言った
自然の大きな流れを意識したことがありませんでした。
大局を見るに非常に大事だなぁと教えてもらったことを
思い出しました。
今、新潟食品運輸さんは積極的にセンターに投資されていて
攻めていらっしゃいます。
しかし、この積極的な投資のみならず
やはりこのような会に参加させてもらうと
新潟食品運輸さんのメンバーの勢いを感じます。
積極的に投資をされ、素晴らしいメンバーがいる
正に物流センターができて、そこに魂も入っているといった
感じだと思います。
新潟さんの会に参加させてもらうと本当に
元気をもらっていると思っています。
東京と新潟は比較的近距離でもありますから
これからも良いお付き合いをさせてもらえたら
この上ない喜びです。

先週はそんな週でした。
では、またお会いしましょう!!