失敗談を語る!!

みなさん、こんにちは。
ブログ第187弾です。
みなさん、如何お過ごしでしょうか?

緊急事態宣言も始まり、おとなしい日々が続いておりました。
私も事情があって、上の息子と2人で数日過ごしました。
いつもと違った雰囲気の中、また違った会話ができたような気がします。
朝は2人で近くの公園までジョギングを兼ねて、サッカーの練習のサポートをしました。
以前、試合を見に行ったときに、
チームメイトからのパスをトラップするのが苦手のように見えたので、
そのような練習を行いました。
その後の部活で、「今回の練習が役に立った」と息子に言われ、ものすごく嬉しかったです。
また、付き合えればと思います。

さて、先週も引き続き面談を行っています。

先週もすごく実りのある面談でした。

ある方からは安全に対する新しいモデルのヒントをもらいました。
せっかく各々の部署があるのですから、
その部署からのスタンスというか指針をはっきりと打ち上げることは良い事だと思いました。
また、新たな目標として、資格を取る事も宣言を頂いたので
これもまた秋の面談時での成果が楽しみで仕方がありません。 

そしてある方は、今が南日本運輸倉庫の基盤となる大切な時期なので、
しっかりと目の前の事に集中して、
1つ1つクリアして行きたいと非常に力強い言葉をもらいました。
そのような話を聞き身が引き締まる思いで、
社長として更にしっかりと足下を固めながらやっていこうと思いました。 

そのあとは最近増えてきた女性社員との面談でした。

1人は若いにもかかわらず、人についている仕事を
しっかり仕事に人がついているようにしていきたいと発言してくれ、
またその資料も作成しており近日中には経営会議に上申したいと
力強く発言してくれました。

今まで一社員の人が会社を思って、経営会議で協議できるようにしたい
と言ってくれたことは少なかったので、非常に嬉しく思いました。

また他の方は、自分のグループの中でNo1になりたいと掲げてくれて、非常に頼もしい限りです。
そして、上長に早く認められるようになり、秋までには資格も取りたい。
そしてこれからもずっと南日本で働いていきたい。とも言ってくれたので、
初の女性役員も夢ではないのでは、と思いました。
また、それまでのプロセスは公私の面でクリアしなければならない課題もあると思うので、
会社としてしっかり支援できたらと思いました。 

次の方は、4月から戸田に新しく入ってきて、まだ仕事にもなれず、
また公私の面での両立に苦労されていました。
気持ち的にはだいぶ慣れたようですが、まだ体は慣れていないのかもしれないと言っていました。
慣れないメール文書にビジネスパーソンとしての課題を自分で見つけ、
克服しようと頑張っている姿がとても頼もしく見えた次第です。
彼女も将来的に仕事も続けて行きたいですが、家庭もなんて言葉もありましたので
やはり会社としてしっかり支援できるようにして行きたいと改めて感じた時間でした。
最後の質問の中では、私の失敗談を聞かせてほしいと言われました。
話しているうち、あれもこれもとたくさん南日本運輸倉庫でのアルバイト時代の事や
前職での失敗談、そして入社してから今までの失敗談と・・・。
自分で言うのも何ですが、よくまぁ~出てくる出てくると言った感じで
面談時間を予定より大幅にオーバーしてしまいました。
できる事なら成功談でオーバーをしたかったですが、
私にとっても非常に有意義な時間でもありました。 
確かに失敗はたくさんしました。
ですが、少なからず行動を起こしたから成功か失敗かの境目を経験し、
結果残念ながら失敗談になってしまった。笑
しかしすべてとは言いませんが、その失敗が今の自分を形成していると思うと
思い返す機会を逆にもらったような気がしました。
今までの失敗に対して、思い出そうとすると何か心のバリアが掛かって
何も思い出そうともできない時期もありましたが、
ようやく純粋に思い出せる事が出来る時期に差し掛かった時のような気が
面談を終えた後に思いました。
だから自分もたくさんの失敗談を気兼ねなく話す事ができたし、
自分を形成しているんだなぁとも思えました。

以前、ブログにも書きましたが、
親が子に教えられる事が多々あるように、
いろんな人との真摯に向き合う会話はすばらしいなぁと思いました。
本当にたくさんの気づきを教えてくれます。

先週はそんな一週間でした。

まだまだ面談は続くのでこれからも非常に楽しみです。
またどんな気づきをもらえるのか?
また逆に良い質問をすることで良い気づきを与える事ができるのか?
このやりとりが非常に楽しみです。

では、また来週お会いしましょう!!

春の面談

みなさんこんにちは。
ブログ第186弾です。

緊急事態宣言に入って、数日が経ちました。
東京だけで無く、近隣の地域もアルコールの提供はされないと言う事と、
私が良く行く店の隣の店にも見回りが入ったりと本格的に撲滅に向けて執り行われているようです。
ようやくと言って良いのか?いよいよと言って良いのか?分かりませんが、
効果が表れることを期待していましたが、
28日には東京では900人を超えたということで、
まだまだこれと言った対策が打てておらず模索中かもしれません。
しかし、いつも言っているように自分でできることは手洗い、マスク、うがいなど徹底して、
自分で身を守っていくしかありませんね。
私自身も去年の今頃に比べたら、手すりなど絶対触らないようにしていましたが、
少しは気の緩みもあるかもしれないので再度改めて気をつけたいと思います。

先週は、初めて上の息子が中学に行ってから最寄り駅まで車で送る機会がありました。
雨の中でも部活があり、本人もよっぽど楽しいのか、迷わず行くと決めたそうです。
3年生の公式試合だそうで、見るのも勉強と楽しそうでした。
車から降り、改札へ向かう姿をみて、少しずつ大人へになって行く姿を思いました。
嬉しい限りです。

さて、4月から恒例の社内の面談がスタートしました。
今回は、各エリアから面談を希望者を選出してもらい、上長が吟味する形で
ある程度絞ってもらいました。今までは希望者はそのまま面談でしたが、
今回はこのような形にさせてもらいました。
質問の作成上、戸田の本部の方達からスタートさせてもらいました。

今回の私の目標は、今まで面談を数回にわたって執り行ってきたので、
今までの内容も活かしながら更にブラッシュアップできる形にしていく、
前回を無駄にしない、それとやはりもっと課題を引き出せるよう
本音に近い形で議論できるように心がけるようにしました。

そんな中で4月からの新しい体制や、去年の4月からの新しい体制なってからの一年など
非常に、良い話を聞けました。
もちろん会社に対する要望など、進捗も含めて質問もありましたが、
私自身もそれは全く会社批判でもなく、むしろ会社が良くなるための意見だと思って
取りこぼしなく、動いていきたいと思います。

今週の面談では特に、去年の4月から新組織になって、
その一年が経過した中での感想を聞いたときの事でした。
いろいろと壁にぶつかりながらも、諦めずに取り組んでいる姿に感動を覚えました。
ものすごくサポートしたいという気持ちになりましたし、
またこの面談とは別に機会を作りたいと思いました。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

教える事や勉強する事の奥深さ

皆さん、こんにちは。ブログ第185弾です。

コロナの影響により、緊急事態宣言が発令されました。
本当に中々終息しないですが、やはりワクチンが要なのでしょうか?
それによって抗体が増えると、今のようなインフルエンザのような状態で
落ち着くようになるのでしょうか?

イスラエルだか接種率が国民の60%を超え、
国民の50%が2回接種済みだそうです。
人口は日本と比べて相当少ないですが(920万人)
それでもやはり接種のスピードが早いことは非常に良い事ですね。
その成果、イスラエルではマスクの着用を義務付けていないそうです。
早く検証して、皆が安心できるようになってもらいたいです。

さて、みなさんもご存じの通り、私は英語を勉強していますが、
最近、英単語などもっとボキャブラリーを増やさなければならないと思い、自分で目標を考えました。
どれだけの単語数を覚えればどれくらいのレベルに達する事ができるのか?
ご存じの方も多いと思いますが、英語の実力を測る検定にTOEICというものがあります。
最高得点で990点ですが、800点は目指したいと思っているので、
800点を取る人はどれくらいのボキャブラリーを習得しているのか調べました。
そうすると、約8000語だそうです。
よしと思い、気合いを入れて新しいアプリで勉強を続けていたら
ふと、ネイティブだとどれくらいなのかと気になって調べました。
そしたら8000語はネイティブの6歳くらいだそうです。
それを見たとき、あまりの差に正直、やる気がなくなりそうになりましたが、
今はなんとか6000語までは習得しました。
6歳と知ってしまったので、倍の15000語くらい覚えて行きたいと思います。
100kmマラソンのような気が遠くなるような道のりです。
しかし、しっかり数値で目標を理解する事ができたので頑張りたいと思います。

話は変わりまして、先週は下の息子が私がつけている社章を見て、
「かっこいい」と言ってくれました。
「お父さんのは役員以上の社章なんだよと」と言ったら、
「南日本運輸倉庫の社員じゃダメなの?」と息子が言うので、
「ある程度の責任者にならないと普通の社章も支給されないよ」と言ったら、
ハードルが高そうな顔をしていました。
以前は「お父さんの後を継ぎたい」とか、
「社長になりたい」と言ってくれていましたが、
最近は現実的なのか、今時の子は少し欲がないのか?
いつしか「社員になりたい」と言うようになりました。
結果はどうであれチャレンジする気持ちにさせられようにしなければならないと思いました。

曲がりなりにも、目の前の父親が社長業をやっていて、
イメージが付くはずですし、何かあれば質問もできます。
TVでビジネス番組を見ていて、その会社の年商を聞いた時、
「お父さんの会社の売上はいくら?」と聞いてくれます。

ある程度意識はあるのでしょうが、
「社員が良い」と思わせていることを、
しっかり欲をもって「社長になりたい」と思わせるように、
魅力ある会社、社長として頑張らねばと思いました。
同業他社さんでも、息子さんが入りたがらない、と聞いたことがあります。
自分の息子も入りたいと思わないような会社だと(もちろんそれぞれの立場が違いますが)
他の方にも会社の魅力が見劣りするかもしれません。
やはり、面白そうだ、一緒にやって一緒に成長してみたいと、
思ってもらえるように頑張りたいと思います。

その気させる事ができたら、
その後は一緒に頑張る事ができる数値を決められたらと思いました。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

松山英樹選手マスターズ優勝!!

みなさん、こんにちは。
ブログ第184弾です。

如何お過ごしでしょうか?

季節的にはだいぶ過ごしやすくなり、
朝晩はまだ何かコートのようなものを羽織らなければならないですが
日中は過ごしやすいですね。
こう言った季節はつい歩きたくなるので、
一駅手前でおりたり、家からそんなに遠くなければ
そのまま歩いて帰ったりしています。

さて、先週は久しぶりにお客様のロジ会がありました。
100人強の方達が全国から集まってきました。
流石に宴会は無かったですし、コロナ対策も万全にされていました。
お昼から5時まで、いつもと変わらずフルスペックで開催されました。
業界について、非常に厳しい点や、新たな組織変えによる
新たなチャレンジなどいろいろとお話を聞けました。

また、私の隣の方は会の会長で、今もなお、
飛ぶ鳥を落とす勢いで成長されている企業の社長さんです。
このコロナ渦でさすがに海外は行けていませんが、
海外の事を含め、すごく刺激的な話を聞けました。
コロナ渦ではありますが、改めてこう言った会でみなさんと会う事によって、
良い情報を得る事ができるんだなぁと改めて思いました。

コロナ以前では当たり前でしたからあまり思いませんでしたが、
やはり制限されることで改めて、有り難さを感じますね。
いつも言っていますが、やはり人間刺激がないと成長もしないし発展もしません。
むしろ衰える一方かもしれません。

話は変わって、先週の話題はこの話抜きには語ることができないと思います。

先週は皆さんもご存じだと思いますが、
ゴルフの祭典マスターズがありました。
日本人が夢見たマスターズ優勝、それを松山英樹選手が達成してくれました。
今まで何度も期待をしては最後夢かなわずの連続でした。
私自身、私が生きている間に日本人の優勝は見る事はないだろうとさえ思っていました。
ですので、今週我々の間でも松山英樹選手の優勝の話が持ちきりでした。
アジア人でも初だったそうです。
私が思うマスターズに関する感覚は
4大メジャーの中でも特別のような気がします。
唯一毎年同じコースで行われ、そして盛り上がり方、別段のような気がします。
そう言った雰囲気の中ですと、メジャー大会でも相当なプレッシャーでしょうが
マスターズは本当に違うのではないかと思います。
また、日本人選手の技術や飛距離から言うと、
全英オープンが一番、日本人メジャー優勝が近いと言われていたのですが、
マスターズ優勝は本当にすごい事だと思います。

また、他のツアープロの方のコメントが素晴らしいと思いました。
自分事のように本当に嬉しそうな顔でコメントしている方がほとんどで
みなさん、男泣きをしていました。
あの場面を見ただけで、同じ日本人として日本人に生まれて良かったと思いました。
これでまた日本のゴルフのレベルが一段階でも上がった事を証明し、
また他のツアープロが我も我もということになるように心から願っています。
野球もそうですし、他のスポーツもだいぶ海外で活躍する選手が増えてきました。
恐らく技術よりもマインドの方が大きいかもしれません。
何か海外からあると、黒船来襲と言いますが、
いつまでも黒船来襲と言っていないで、逆に黒船来襲と言われるように
先進的なものを作り上げていきたいものです。
ソニーやホンダさんがかつてそうだったように、
業界は違えど、また頑張って行きたいなと思います。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

日記

皆さん、こんにちは。
ブログ183弾です。

コロナが、また猛威を振るい、感染者数が増えております。
簡単に病床も増やすことはできないと言うことで、
非常に危険な状態です。
しかし、だいぶ我々もコロナに対して経験を積んできましたので、
もしかしたら徐々に元の生活に戻しても
普段の衛生管理で乗り越えることができる、
(中々他に手立てがないなか)
ワクチンも徐々に増え始め、経済を少し優先し始めても大丈夫ではないかと、
そんな判断だったかも知れません。
しかし、我々が今まで正に経験していない領域なのかもしれません。
ただやはり我々は今自分に出来ることのみするしかありません。
皆さん一緒に頑張りましょう!

先週は入学式の週でしたね。
私の上の息子も中学へ入学しました。
晴れやかな気持ちだと思います。
私も数十年前に入学式を迎えましたが、
制服を着る事ができたせいか、何か大人になった気分だったり
私の頃は中学から英語の授業が始まったので、そのせいもあって、
気分が高揚した事を覚えています。
その瞬間その瞬間で頑張ってくれたらと思いました。

さて、私の息子の小学校は、1年から6年生まで学校から日記を書く事を義務付けられていました。
毎日、6年間休まずに書いた事は素晴らしい事だと思います。
毎日担任の先生からアカペンで添削して貰ってました。
私も週に2、3回は読ませてもらってました。
そんなやりとりもあったので、
実はこの4月1日から息子と日記をやることになりました。
私が三年連用日記を買ってきて息子にそこに毎日書いてもらい、
今度は私がそこにコメントを書くと言ったスタイルです。
これから多感になったり、中学は厳しい受験を勝ち抜いてきた生徒たちも沢山いるので
壁にぶち当たる事も多いでしょう!
その時へのアドバイスであったり、
2人のやりとりを息子が読み返して、
苦笑したり、モチベーションを上げてくれたりしてくれたらと思っています。

またこれがいずれ私と息子との間での
仕事の教えになるノートにでもなればもっと良いなと思っています。
私も中学生の子にわかりやすく書く訓練は
中々言葉を選びながら勉強にもなります。

これは2人にとって宝物になるでしょう!

このブログと同じようにまずはこの三年連用日記を
完成させられるように頑張りたいと思います。

今週はそんな1週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!

入社式

皆さん、こんにちは。
ブログ第182弾です。

先週は上の息子が中学生になって制服が変わったので、
写真を撮りに行きました。
久しぶりの家族写真です。
まだ着られている感がありましたが、
徐々に慣れてくるのでしょう。
写真を撮る関係上、上の息子が台に乗りながら撮りました。
台に乗ったら私より少し大きいくらいの高さでした。

写真を撮りながら、いずれ本当に身長を抜かされるんだろうなと思いました。
また、サッカーシューズもダメになったと言うので
シューズを買いにいきました。
サイズを確認したら25cmと言う事で
大人のサイズのコーナーでした。
大人に混じりながら大人のサイズコーナーで
靴を探している姿に大きくなったなぁ~と感じました。
まさに子供の成長を感じる瞬間でした。

さて、先週は南日本運輸も入社式を行いました。
10名の新しい社員が入社してくれました。
その内の2人は外国人の方ですが、
手続きの関係上で間に合いませんでした。
高校生の子と大学生の子が入社してくれました。

私の挨拶から始まり、
滞りなく終了しましたが、
予定を変更して少し残りました。
色々と皆さんの顔を眺めていた時に、
私自身も社長になった時の事を思い出しました。
そして、またその感じた事を再度帰り際に
挨拶すると言う事で話をさせてもらいました。

内容は、『創業者の会長は凄い人で、野球の守備で言えば
ピッチャーをやりながら外野フライも取れるような人
親子だからと言ってマネできると思ったら
大間違いなので、自分が出来る事だけに集中した。
是非皆さんも色々と壁にぶち当たる事もあるかと思いますが、
まずは自分自身にしかできない事、
出来る事をやって、徐々に仕事に対して自信が
持てるように頑張ってください。』
と伝えました。

翌日の研修も少しだけ顔を出しましたが、
かなりのマナー研修等やっていて、驚いたぐらいでした。
また次回、会った時に彼らの成長が楽しみです。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!

模様替え

みなさん、こんにちは。
ブログ第181弾です。

だいぶ桜が咲いてきて、南日本の本社がある中野でも桜が綺麗でした。
あとで写真をアップしておきます。
コロナもあるので中々ゆっくり桜を見る機会もありませんが、
やはり見ると良いものですね。
前にも書いたように、本当にこの季節が大好きです。

先週は両常務と私で4月の社内報に向けて
三者によるディスカッションを行いました。
最初はアイスブレイク的に
自分を例えるならどんな動物かみたいな質問でした。
私は昔流行った動物占いを思い出して、
自分に例えるひつじと答えました。
聞いていたみなさんは意外な答えに驚いたらしく、
聞き返されましたが、学生のころはクラス替えをすると
最初はおとなしく、だんだん仲良くなるとしゃべるようなので、
結構しゃべるんだねと良く言われたことも思い出しました。
自分で意識的にそうしている訳ではありませんが
そうなのでしょう!!

もちろん普段から両常務とは会話を良くしているのですが、
改めていろんな会社に対する思いや
それぞれ経緯や生い立ちなど聞いて
違った角度から見ていながらにして、
やはり実は同じ南日本を見ているのだなと改めて思いました。

自分の会社に対する思いをたくさん話したかったのですが、
皆さんの話をたくさん聞きたかったのも本音なところでした。
まとめるのは大変でしょうが、
ディスカッションの時間はもう少し頂いて、
もっとみんなの話を聞きたかったです!

さて、先週はもう一つイベントがありました。
知り合いの経営者の方が移転に伴い、
オフィス家具をくれると言う事と、
4月から新しい社員が増えるので、机の入れ替えをしました。
早くからみんなで段取りしてくれていて、
ほとんどスムーズに入れ替えが終わりました。
ここでも、皆さんの違った一面を見ることができました。
作業に来たので、殆ど私服で着ていたり、
作業に燃えていた人がいたり、
運動会ではありませんが、
また違った環境で活気付いた感じがありました。

普段は細かく、地味に活動をしていますが
こういった事で違った一面により新たな発見がありました。

我々も物流からさらに次のステージに向かうにあたって、
また人の育成においても
大事な瞬間だった発見ではないかと思いました。

そんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

卒業礼拝

みなさん、こんにちは。
ブログ第180弾です。

みなさん如何お過ごしでしょうか?

先週の21日には緊急事態宣言が解除されました。
賛否両論ありますが、9時までの延期であれば、
帰って中途半端に感じてしまいますが、
お店の人にすれば7時からの会食の方達を取り組めるということで
よりお客様が入りやすいかもしれません。
結果論ですが、これだけの1年かかるのであればと思ったりもしますが、
最善の結果のなのでしょう。

あれだけコロナに対して、しっかりと対策されていると言われている
台湾でもまだ感染者数は出ています。
やはり向き合いながらどう経済も動かしていくかが大事だと思います。

先週は実は妻と娘が一泊で出かけていました。
息子と三人で家にいて、夜は特に問題はありませんでしたが、朝が大変でした。
またタイミングが悪い事に翌日上の息子が卒業遠足だったので、
お弁当を作らなければなりませんでした。
ご飯はなんとか妻から聞いて炊飯器で炊きましたが、問題はおかずです。
近くの惣菜屋で買ってきて、済んだものもありましたが、
下の息子がだし巻き卵を作ってくれました。
丁寧に一枚一枚巻きながら作った姿に驚きました。
いつもより早く起きて準備をしましたが、
妻に感謝する瞬間でした。

さて、先週は上の息子の卒業礼拝でした。
もう六年経ったのかと正直な気持ちでした。
入学のために面接を受けて、緊張したのを今でも覚えています。
本当に早いモノですね。
コロナ対策をされながらの卒業礼拝でした。
その中で校長先生の言葉がありましたが
非常に心に残りました。
その言葉は、「良い事は未来にある」でした。

どんな意味があるのか?

話の内容はこのような内容でした。
この立教学院の創設者であるウィリアム牧師は、
日本に英学と聖書を教えるために、
日本で私塾を作ったそうです。
学校になるまで15年の月日がかかり、
数名の生徒から始まったそうです。
それが今や数千人も入る学校なったとは
当時の牧師に質問することはできませんが、
もし質問することができるとすれば、
恐らく答えは「No」だったでしょう。

という話でした。

こんなに有名で大きな学校になる事は夢にも思いませんでしたが、
「良い事は必ず未来にある」と信じ、今できる事しっかり行った結果。
そう聞いて非常に良い話だなぁと思いました。

我が南日本運輸倉庫も恐らく、会長や幹部の人たちが夢を抱きながら、
会社の成長を願いながら、今やるべき事をやって今日があるのだと思います。
私自身も会社の成長のために大きな目標を掲げさせてもらっていますが、
大きな目標だからこそ、今やるべき事が明確になり、
しっかりやる。
また、ウィリアム牧師のようにしっかりやったからこそ、
今のような学校がある。
ある意味、「鶏が先か、卵が先か」みたいな話ではありますが、
将来を見据えながら今をしっかり頑張りたいと思います。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

新たな発見と勉強!!

みなさんこんにちは。
ブログ第179弾です。

先週は豪雨が降りました。
そのときは私は仕事でゴルフだったのですが、
スタートするころは雨も止み始めるような感じだったので、
スタートすることになりました。

前半は傘が必要のない場面もあり、
この環境の割にはまぁまぁのゴルフでした。
午後になると雨脚が弱まるどころか激しくなり、
途中で中止にしたのですが、
私も途中からスイングがおかしくなり、
あまり見た事ないような球がでました。
心が折れそうになりましたが、
ふと、今の環境下できる事をと、思ってやり始めたら
また、そこそこのゴルフに戻りました。
環境の変化があるにも関わらず、
いつもと同じ事をしようとするとダメな典型的なパターンでした。
やはり気持ちを変える事は大事だなぁと思いました。

さて、話は変わりますが、
先週は、ある1兆円は優に超える大会社、2社で副社長を歴任された方と
面談の機会を頂きました。

大会社で副社長を歴任していたにもかかわらず、
私が言うのも失礼ですが、物腰の低い方で、
いろいろと南日本運輸倉庫についてディスカッションさせてもらいました。
その方は最後はオーナー会社(上場されていますが、カリスマ的な社長さんです。)
にいらっしゃったので、その話が非常に興味深く、勉強になりました。
その方は4年会社にいたらしいですが、
担当されていた部署でも売上2000億から6000億に数年でなったそうで、
また、これだけ伸ばすことはすごいと思っていながらも、
しっかりと内部統制、内部インフラにすごく力を入れていたそうです。

急激に大きくなった会社なので、
外部からもだいぶ人が入ったようですが、
プロパーの人は人で長年、残っていられるようです。
また、稲盛さんのアメーバー経営ではありませんが、
小さいユニット単位で経営されているところも興味がそそられました。

南日本運輸倉庫もだいぶ外部から人が入ってくれて、
それぞれの既存の部署や新しい事業に対して、
人が整備されつつあって、そこにどう魂をいれ、どう権限委譲し、
また自分が次のステージとして、
どういった社長に成長しなければならないのか課題として捉えていました。

そのタイミングでの今回のディスカッションは、
非常に良い勉強になりましたし、
その会社さんの新たな見方も知る事ができて良かったです。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

素晴らしい施設

みなさん、こんにちは。
ブログ第178弾です。

みなさん、如何お過ごしでしょうか?

緊急事態宣言が3月21日まで延長となりました。
苦渋の決断ですが、致し方ないことだと思います。
経済は本当に大事ですが、収束に向けて決定打がなければ、
自粛は大事だと思います。

中々まだ難しいのでしょうが、どういった状態が良いのでしょうか?
自粛して何を達成すれば今までのような環境に戻れるのでしょうか?
そこを早く示してもらえれば我々も当然、守るのではないかと思います。

さて、先週は試験の結果が出ました。
残念ながら、不合格に終わりました。
悔しい思いもありましたが、
やはり今の実力を見ればその通りと感じてしまう冷静な自分もいました。
しかし、やはりまた挑戦したいと思うので、少しやり方を変えました。
もう一回基礎から見直して、しっかりと英語の地盤を固めていきたいと思います。
また、今まではフィリピン人のすごく親切な良い先生と
毎日にようにレッスンを受けていましたが、
慣れもあったりしたので、基礎固めとしては今まで通り、フィリピン人の方に教わりながら、
料金が上がりますが、ネイティブの男性の方とも毎日行うようにしました。
同じネイティブでも黒人系であったりすると陽気な性格なのか、
どんどん話をしてくれるので、こちらが間違っていても察してくれて
会話がどんどん進んでくれます。

しかし、白人のネイティブの人は(皆がそうではないかもしれませんが)
余計な事を言わずに的確に教えてくれるので、
こちらも毎回緊張しながら会話をしています。
これは面接の対策としても良いし、
言葉と言葉のつなぎの聞こえづらい部分のトレーニングにもなるので
毎回毎回神経を研ぎ澄まされた中でやっています。

個人としては人生の中で中々チャレンジングな刺激をもらっています。

さて、実は先週、先々週と目白にある和敬塾という寮に行ってきました。
南日本も取引のある自然冷媒の冷凍設備を製造している
前川製作所さんの施設です。
ホテル椿山荘の近くになり、敷地はこの都会で7,000坪もあるそうです。
熊本の大名だった細川侯爵の元ご自宅だったそうです。
当時は敷地が35,000坪あったそうです。
細川護熙元総理のおじいちゃんが建てた家だそうです。
戦後の荒波よって、外国人へ権利が移転したりしたあと、
前川さんで請け負ったようです。

今は関東近隣の大学へ通う寮として、運営をされているそうで、
関東の有数の大学へ全国の有数な高校をでた学生が
400人(留学生が2割)入寮しています。
これはすごいネットワークですし、
また過去にすごく有名な方が数多く卒寮しているそうです。
村上春樹さんもその一人で、『ノルウェーの森』は
その和敬塾を題材にした内容だそうです。
恥ずかしながら『ノルウェーの森』は読んだことがないので
今度読んでみたいなと思いました。

すばらしい環境とすばらしいネットワークできるこの環境を見て
いづれは私の息子も入寮させてもらえればと思いました。
この目白の辺りもまた、学習院大学があったり、日本女子大学があったり
ゆったりできる環境が多くて、その日も歩きながら建物に向かいましたが
本当に都会にありながらも非常に素晴らしい環境でした。

ではまた来週お会いしましょう!!