先送り

みなさんこんにちは。
ブログ第143弾です。
みなさん如何お過ごしでしょうか?

先週は緊急宣言解除後、また数多くの人がコロナに感染したり、
熊本を中心に雨が多く降って、被害を被っています。
ニュースを見ると、非常に川の水が氾濫して、
人命への被害は少なかったとしてもこれからの生活が非常に大変だと思います。
何かお役に立てる事があればと思います。

さて、今回は『先送り』の話をしたいと思います。

会社ではいろんな決断をしなければならない場面があるのは
みなさんご承知のことと思います。
その中で、すべてが決定できれば良いのですが、
中には一回見送りをしなければならない場面もあると思います。
そこでふと思ったのが、却下する場面でも
そもそもその事案がダメな事案だったのか?
それとも、足りない要素があったから、今回は却下なのか
まず見極める必要があると思います。

そして、何か足りない場合にはその足りない要素をしっかり伝え、
それをクリアしたら、そこで決済なり、決定を行うと
明確にしてあげれば、却下されたほうも、心が折れることなく
むしろクリアするべく目標があれば、やってやろーという気になるかもしれません。

更に例えば、何かこれを購入してほしいという場合に
そのものを買う前にまだクリアできていない課題があると明示したときに
その課題をクリアしてくれると、購入してほしいといったモノそのものが
必要ではなくなってしまう場合もあるかもしれません。

非常に大事なことだと思うので、今後もかくありたいと思いましたが、
その都度その都度、判断を求められる時に、
常に実行できるか意識していかなければならないと思います。
非常に指摘の中身がよく、指摘し、却下したとしても
次へつなげる方法へ導くのは却下よりも簡単ではないと思います。
そういった中で常に意識しながら回すことができると、
会社の成長のスピードがまったく違ってくると思います。
なぜなら課題取り組みへの意識があがるからだと思うからです。
(易きに流されやすいですよね~)

中々その一歩先というのは難しいですね。
人間、今に満足しやすいと思います。

今週はそんな一週間でした。
ではまた来週お会いしましょう!!

Zoom

みなさん、こんにちは。
ブログ142弾です。

如何お過ごしでしょうか?

プロ野球が開幕したり、女子ゴルフがオープンしたりと
明るい情報がどんどん発表されています。
私もそんな中、まだまだではありますが、
少しずつゴルフの予定も入ってきて、嬉しい限りです。
梅雨で出来るか心配ですが、ようやくと言った感じです。

そんな最中、先週は嫁と娘とゴルフの練習に行ってきました。
行って驚いたのが、3人で行って2打席を予約したのですが
練習場に入れるのは予約した人数だけということで、
打席の脇の椅子にも座る事ができないとうことでした。
3打席にしようかとも思いましたが、2打席にしました。

実際打席を確認すると1階で、
駐車場から覗く事ができたので、
私は駐車場から見ていて時折、アドバイスをしていました。
こんなゴルフの練習の仕方もあるのだなぁと思いました。

さて、みなさんもこのコロナの影響で
Zoomであったり、マイクロソフトのTeamsであったり
WEB会議を多く活用されていることだと思います。
我が南日本運輸倉庫でも、
社内会議やお客様とのやりとりで活用しています。
非常に便利ですね。

資料を容易に提示できたり、相手の様子が見れたり、
わざわざそこまで行く必要がない分、時間を節約できたり、
特にうちの場合ですと、静岡のグループ会社との
やりとりでも非常に便利だと感じています。

コロナに関係なく、早く使用すれば良かったと思っています。
そのような時に実は取引先から自社の新入社員に向けて
講演をしてほしいとの依頼が私と担当の部長にあり、引き受けることとなりました。
詳細を聞いてみると、やはりこのZoomを使っての講演ということで、
ちょっと安心しました。

しかし、その後、グループ社員全員に向けての内容に変更となりました。

そして当日になり、
開始10分前にようやく内容を確認する次第で
ちょっと焦っていた矢先に、Zoomのセットをしてくれていた社員から、
「社長そろそろ準備ができましたが、Zoomの画面の下に参加人数が表示されており
今現在、600人なっていて、今も増え続けています。」
それを聞いて、多い人数にびっくりしていましたが、確認不足に焦っていました。

結局800人以上の参加のようで、とても驚きました。

画面表示の仕方にもよるのですが、
自分たちか発言者しか表示されなかったので
800人を意識することは無かったのですが、
最初は少し緊張しました。

いろいろと話をさせて頂いた中で、最後は参加者の方から
質問ということで、最初は何名からくるのだろうと思いましたが、
2名だけで終了しました。
しかし、質問された方たちの内容が中々の質問だったので
こちらも少々熱が入りました。
この中身もそうですが、この会社さんとはもう何年もお付き合いさせてもらっていますが
取引当初の方ともZoomを通して久々にお会いできたりと
いろんな意味で楽しいひとときでした。

しかし、このZoomという仕組みはすごいですね。
800名も参加できるとなると、
かなりの仕組みのような気がします。
恐らく、参加者もそれぞれの場所で聞いていて
良く、混線せず上手く機能するなぁと関心しました。

Zoomがなければ中々こう言った講演というか、
場を設けることはできないでしょうね。

800人もの人数の方たちが参加している訳ですから、、

先週はそんな一週間でした。
では、また来週お会いしましょう!!

SUNNY強い気持ち・強い愛

みなさん、こんにちは。
ブログ第141弾です。

自粛要請も基本的には解禁されてきました。
週末はまだそれほど高速も混んでおらず、
まだ人々の雰囲気はそれまでという所でしょうか?
私も来週ごろから、少しずつですが会食の予定が入り始め、
逆に環境の変化に戸惑いがあるのは事実です。
やはり一つ一つ確かめながら進んでいくのが良いのかもしれません。

さて、先週のブログで最後に少しだけご紹介させていただきました
「SUNNY強い気持ち・強い愛」という
映画を改めてご紹介させて頂きたいと思います。

この映画を知ったのはたまたまですが、
一昨年の夏に友人と旅行に行っている時に友人のお子さんが体調を崩し、
近くのドラッグストアに薬を買いに行った際に番宣で出演者の方たちが出ていたのが
きっかけでした。

主演の篠原凉子さんは、元々学生時代から好きで、
見たときにはすぐに興味が惹かれました。
また内容を見ると、篠原凉子さんたちが演じる現代の時代
(映画の中ですが、私と同世代を醸し出しています。そこが魅力です)
とその方たちの高校時代があって、
篠原凉子さんの高校時代を広瀬すずさんが演じていて中々キュートでした。
時代的には高校生時は1990年代です。

私はもちろん女子ではないので、
深い事は分かりませんが、懐かしさに合わせて、
当時の懐かしい曲が流れるのがまたこの映画の魅力です。
この映画の音楽プロデューサーは小室哲哉さんで、
まさに私の学生時代に流行った曲ばかりでした。

映画で流れた曲をご紹介すると、

LA・LA・LA LOVE SONG / 久保田利伸(1996年)
CANDY GIRL / hitomi(1995年)
やさしい気持ち / Chara(1997年)
EZ DO DANCE / trf(1993年)
ぼくたちの失敗 / 森田童子(1993年)
これが私の生きる道 / PUFFY(1996年)
そばかす / JUDY AND MARY(1996年)
survival dAnce~no no cry more~ / trf(1994年)
Don’t wanna cry / 安室奈美恵(1996年)
強い気持ち・強い愛 / 小沢健二(1995年)
SWEET 19 BLUES / 安室奈美恵(1996年)

まさに私が学生時代の頃の曲ばかりです。
私だけでもいろいろと回想シーンが出来てしまうくらいです。

しかし、曲もだけでなく、
映画の中身も非常に良かったです。

再会を願う友人から篠原凉子さんが
あの手この手を使って友人たちを探し出すのですが
20年近く経つとあれだけ仲の良かった友人でも
これだけ方向が変わっているという状況でした。

自分自身もあの人にまた会ってみたいなと思ってみたり
またあの人どうしているのかなぁと思ってしまう場面もありました。

でも何が良かったかと言いますと、
うちの娘がこの映画にドハマりでした。
もともと娘は安室奈美恵さんにものすごくハマっていた時期だったのと、
また、自分自身がちょうどだんだんと楽しい仲間と卒業すると
離れ離れになってしまうと思い始めたタイミングでしたので
興味も人一倍だったようです。
同級生を家に呼んではうちで鑑賞会を行ったり、
友達のお母さんに説明して貸してあげたりしていました。

非常に良い映画でしたが
この話をブログにあげるのを非常に躊躇していました。
非常に良い映画は間違いないのですが、
今までと違ったテイストの話でしたので
私自身、照れもあり躊躇していました。
しかし、ものすごく良い映画であることは間違いないと思っているので
是非見てみて下さい。

私もどちらかというと懐メロが好きだったり
昔の懐かしい映画を見たりするのが好きですが、
ちょうど我々と同じ世代の内容の映画で
またその学生時代を思い出せる内容も素晴らしいと思います。

YouTubeでは私はこの映画を知るきっかけになった
番宣の映像もありました。

良かったらこちらも見てください。

今回は南日本の大園というより
正に大園圭一郎のブログになってしまいました。

今回はこのようなテイストになってしまいましたが
また来週からよろしくお願いします。

ではまた来週お会いしましょう。

本当は

みなさん、こんにちは。
ブログ第140弾です。

最近大分自粛ムードも緩和されてきて、
電車や車の数も増えてきたような気がします。
中々まだ外食という気分には難しいかもしれません。
早く、そう言った気分になれるようになりたいモノですね。
本当に気兼ねなく、
語らいながら楽しめる会食はいつ頃でしょうか?

日曜日も感染者が47人ということですが、
まだまだ油断ができません。

さて、最近は息子にサッカーのリフティングの回数を
課題として与えました。
本人はすぐに取り組んでくれて、
昨日までに連続で139回できたようでした。
101回は動画で送ってくれたので見ました。
139回も見て見たかったですが、まだ回数が伸びるという
期待を込めて、次回にまた期待したいと思います。

しかし、安易に何回を超えたらこれを買ってあげる
と約束してしまったので、
二週連続でグッズを買う羽目になってしまいました。
それまでは40~60回を行ったり来たりでした。

サッカーをほとんどやったことない私ですが
息子に勧めて本当に良かったと思っています。
日曜日も本当はサッカーの練習が再開する日でしたが、
梅雨の関係で再開は延期となりました。
再開を願って、てるてる坊主を作っている姿を見ると、
本当に頑張ってほしいと思います。

今月に入ってから、だいぶ私も用事が増えてきました。

少しずつですが、経済が活性化してきた感があります。
小池知事さんではありませんが、自粛から自衛。
まさに各々が気をつけて、しっかり対応しながらも
きちんと生活を守っていく。そういったステージに入ったきたとうことでしょう。

しかし、コロナで車生活になれてしまったこと、
まだコロナが心配ということで車で通勤してしまいますが、
今の私は体重との戦いでもあります。

先週も2回ジョギングを行い、1回散歩して、
1回自転車通勤しましたが、中々私の体重コントロールは厳しいです。
梅雨を言い訳にしていけませんが、
なるべく頑張りたいと思います。
健康あっての事業活動ですからね。

みなさんはコロナの影響で、何か新しい事を始められましたか?

私は特にはありませんが、この機会に
英語をさらにブラッシュアップしています。
会食がない分その時間を充てられたり、
比較的に朝もしっかり起きられるので、
そこに充てたりしています。

ただ、その割には成果をかんじられていないのが
もどかしいところです。
このコロナを乗り越えていくことが
いろんな意味で私たちのこれからの活動に
役に立つ部分も多い事は否めません。

起きてしまったことなので、
しっかりと逆に活用できるくらいにしたいものです。

今回は本当は映画の「SUNNY」をご紹介しようと思っていました。
実は、以前からご紹介したかったのですが
書いているうちにどんどん進んでしまって
結局書けずしまいでした。

非常に大好きな映画で、私の娘も友達と一緒に
鑑賞会を行っているくらいです。

ではまた来週お会いしましょう!!

何気ない事

みなさん、こんにちは。
ブログ第139弾です。

先週から自粛ムードが緩やかになってきました。
しかし感染者数がまた若干増えているようです。

政府は経済を復活させなければなりません。
しかし感染者数も減らさなければなりません。
今が我々日本人は踏ん張り時かもしれません。

さて、以前この時期に体重が増えてきていると話をしました。
そこで最近は、自転車で通勤したり、ジョギングを増やしたりしていました。
しかしまだ全体の運動量が少ないので中々痩せません。
そんな最中、ふと思ったのが、
ゴルフに行くとどれくらいの運動量になっているかということでした。

普通にゴルフをしている時期は、
正直ゴルフはあまり運動になっていないと思っていました。

確かに14000歩くらい歩きます。
しかしゴルフは歩いては打つという作業で、
連続して長くあまり運動をしません。
そこで万歩計で確認して見ると、意外にも2000カロリーの消費で、
結構カロリーを消費している事が分かりました。

先週の日曜日は5km走って、30分散歩して、
10分ダンスして1500カロリーの消費でしたので、
意外とゴルフは運動になっていたんだと改めて知る事ができました。

何が言いたいかと言いますと、
ある程度順調な時や、普段から行っているゴルフでは
あまり細かく自分の状態をチェックしないということです。

中々やっている事が上手くいかず思考錯誤していると、
いろいろと確認するようになり、改めて知る事があると反省をしました。
まだまだ今の状況に感謝する量が少ないですね。

今週は短いですが、
また来週お会いしましょう!!

コロナの影響

みなさん、こんにちは。
ブログ第138弾です。

如何お過ごしでしょうか?

最近はようやくコロナも落ち着き感が出てきました。
中々難しいのでしょうが、コロナはこうすれば良いというような事が
分かれば大分、安堵感も違うと思うのですが
インフルエンザも撲滅までの対策が無く、
毎年感染していることを考えると
やはり難しいのでしょう。

では何が違うかと言えば、
発症のリスクやワクチン、
また世界中で大流行していることでしょう。
早く同じように感染者数が減って
営業再開の目処が立ち、また以前のように
海外に行くことができたり、県を行き来したりできることになると
気分的にも違うのでしょうが、
とにかくその決断に踏み切れる何かがほしいですね。
先週は緊急宣言が解除された後ですが
まだ油断できない状況のようです。

私も大分、コロナの影響で自宅にまっすぐ帰る環境に慣れてしまって
会食に出かける事が億劫にならなければと思っています。
本当そうなのですが、以前と比べて英語の勉強の時間もとれています。

環境が変わると生活も変わり、モノの見方も変わります。
仕事上でもプライベート上でも新たな発見も沢山ありました。

これも教訓なのでしょうか?
以前も書きましたが、
「起きた出来事が世の中に何を問うている」のではなく、
「自分たちがどう意味づけするか」であるとモノの本に書いてありました。
大変な時こそ、しっかり地に足をつけて踏ん張りたいと思います。

最近、オンライン英会話の先生が、
私のブログを見始めてくれました。
英語に翻訳して読んでくれるそうです。
先ほどの環境の話ではないですが、
そう言った海外の方も読んでくれると分かると
同じ日本語でも翻訳しやすいように書かなければと思います。
以前書いたハイコンテクストと
ローコンテクストを意識しながら書いていきたいと思います。

これも環境が変われば自分も変わるですね。

分かると言えば、
娘と嫁がゴルフデビューしました。
と言っても練習場ですが、若いので吸収も早く、
また女性特有の体の柔らかさからか、スイングが綺麗です。
コロナも終息し、早く一緒に回れるようになればまた環境が変わり
自分のゴルフに対する意識も変わるかもしれません。

今週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

営業所周りや慰労

皆さん、こんにちは。
ブログ第137弾です。

コロナウィルスもだいぶ落ち着きを見せてきたようですが、
そんな中、日本は海外から見て異様に見えているそうです。
ロックダウンしたわけではないですし、
医療が充分整っているわけでもなく、
そうするとやはり日本人の習慣に理由があるような気がします。
手洗いをしっかりするでしょうし、
比較的各自が予防に対する意識が高いような気がします。
また公衆衛生のレベルが非常に高いようです。
その辺が他の国に比べて感染者が少ない理由なのではないかと思います。

さて、先週は2つイベントがありました。

コロナの影響の中、従業員の方が本当に頑張ってくれています。
その労に報いようと、対象従業員に慰労金を配らせていただきました。
総勢1957人でした。
子会社の昭和冷凍は独自でやったようなので、
合わせると2000人を超えます。
またその慰労金には、手前味噌ですが
手紙をパソコンで作成し、印刷した後に
下の方に全員分のメッセージと署名をしました。
流石に1957名分は大変でしたが、
そこで気づいた事が、もちろん汚い字では失礼なので気をつけましたが
量が多いだけに変に綺麗に書こうとせずに
自分では気楽にそれなりの字で書けたということでした。
この量の多さが変な意識をかき消してくれて、
結果スムーズに書く事ができました。
こう言ったことは何事にも大事ですね。

私がやるゴルフでもそうですし、
変にスイングばかり意識しすぎては
力が入りすぎて良い結果になりませんし、
だからと言って綺麗なスイングを心がけなければ
良い球が出るわけがありません。

こう言った良い意味で気楽にスムーズに物事を進められる境地
と言ったら良いのかわかりませんが
何事でもその境地に行き着く事が大事だと思いました。
そうするとやはりある程度量をこなさないと、
その境地のスタートラインに立てないのかも知れません。

また4月に、自社の組織を変えて各営業所がエリア制になりました。
そのエリアを統括するメンバーは戸田在籍ではなく、
各エリアの拠点に移動したので、状況などを見に行きました。
初めての試みなのでいろいろと課題はあるものの、
みなさんはいろいろと自分の戦略を私に語ってくれました。
アピールもあるのでしょうが、
やはり自ら自分の考えを話してくれることは非常に嬉しいことであります。
私よりも当然、現場に近い人たちなので、
私もサポートをして具現化できるようにしていければ
もっと会社も良くなっていくのではないかと感じました。

まだまだスタートしたばかりです。
常にアンテナを張りつつ、頑張って行きたいと思いました。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

有難い

皆さんこんにちは。
ブログ第136弾です。

最近如何お過ごしでしょうか?

妻からは、こんなに毎日家にいるのは
「結婚してから初めて」と言われましたが
うちの家庭以外でも同じことが起きていると話をしました。
「なるほど」と言っていましたが、
家庭だけでなく、会社でも
お客様のところへ行くこともよほどでない限り無くなり、
また電車での移動も全く無くなってしまったので
殆ど歩くことがなくなりました。
そのおかげでだいぶ太ってしまいました。

戸田の事務所に行き、
上着を脱ぐと社員が私の体を見ているのがよく分かります。
それだけ太ったという事でしょう。

そこで最近は自転車で会社へ行くことにしました。
交通事故など心配してくれる方もいますが、
殆ど車の通らない広い道を選んだり
(かえってその方が通勤時間も短縮していました。)
元々そんなにスピードを出せるわけでもなく、
またものすごくビビりなので気をつけながら運転しています。
多いと1日20km以上乗りますが、しんどい割には思ったほど効果がありません。
ですのでまたこの週末からジョギングに戻しました。

さて、先週は緊急事態宣言が一部の地域で緩和されました。
少しずつでも進捗がある事は良いことですが、
こうなると感じるのがやはり「有り難い」という言葉です。

私の好きな言葉の一つで、
私の解釈としては、
常に同じ状態であることは難しい。
世の中もすぐに変化してしてしまう。
だから「有ることが難しい」

だからそんな時は「有り難い」と思ってしまいます。

TVでも営業再開されたお店さんも
本当にうれしそうでした。
まさに「有り難い」だと思います。
感謝もしたくなるし、謙虚にもなれるし
素直にもなれると思います。

私はまだその域には行っていませんが、
ある方は朝起きると「有り難い」と思うそうです。
今日もまた朝が迎えられて「有り難い」と思うそうです。

私は日々日記をつけていますが、
今日この「有り難い」という内容を書いたことによって
また日記もブラッシュアップしていきたいです。

みなさん、いかがでしょうか。

ではまた来週お会いしましょう!!

コロナによって

みなさん、こんにちは。
ブログ第135弾です。

最近少しずつコロナの感染者も減ってきているようですが、
ゼロまでには至っていません。
我々国民もこのさきどうなるのか、
もどかしさが出てしまうと思います。

そんな中で、レムデシビルが厚生労働省に認可されました。
このような明るいニュースが続けば、
気持ち的にももう少し我慢してみようかという気持ちになると思います。

私も自宅待機ということで最近娘が学校から送られてきた
ユーチューブの「痩せるダンス」を始めました。
なかなかの運動量で良いエクササイズになっていますが、
最近は自分でお気に入りのダンスを朝や家に帰ってきてから
10分から20分くらい行っています。
ダンスはあまりやったことがなく、
自分のリズム感のなさに驚きですが
これも繰り返していくうちに、
徐々にできるようになってきました。

自分の中でダンスなんか全く畑違いでしたし、
リズム感も全くないと思っていました。
ダンスという華やかな世界は全く場違いと思っていました。
しかしやってみると以外と楽しく、
自分でもできるダンスもあるんだと思いました。

正に災い転じて福と成すではありませんが、
良い驚きでした。
皆さんもこのコロナの機会に
新たな事をやってみては如何でしょうか?

今週は短いですが、
また来週お会いしましょう!!

60%と腹八分目【後半】

みなさんん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?
ブログ第134弾です。

最近コロナの影響もあり、休みの日は私は毎週、車の洗車をしています。
ちょうど平日のどこかで雨が降るので、定期的に洗車をするようになりました。
子供たちにも手伝いをしてくれています。
結構、子供たちも楽しんでいる様子で、楽しく共同作業を行っています。
お恥ずかしい話ですが、完ぺきに100%終わったと思っても、
ミラーの下やドアの下、あとはフェンダーや後ろの下あたりなど
拭き残しがあり、詰めの甘さや全体を通してどういう手順でやれば良いかなど
頭の体操にもなり、私も知ったかぶって子供たちに教えています。

またコロナの影響でみなさんもご存知の通り、
経済活動がかなり自粛となっています。
そんな中で皮肉なのが、空気がきれいになっているようです。
ロサンゼルスではPM2.5が40%減、
インドでは汚染レベルが13分の1以下と、
かなり空気がきれいなっているようです。 
今まで見えなかったヒマラヤ山脈も見えているそうです。

前のブログにも書きましたが、
経済活動と自然環境を同時に考えていかなければならないなと改めて思います。

さて、今週は先週の続きで、
先週は60%の話をさせてもらいましたが、
今週は腹八分目の話をさせて頂きたいと思います。

腹八分目と聞くと、食事の際に
本当はもっと食べたいのに8分目で抑えることを意味していると思います。
健康に良いことですし、食料も軽減できますし、
ましてや自分に対して、律することで、良い習慣を生むことにもなると思います。
そうすると食事だけでなく、
それにまつわるものも徐々に良い方向へ向かっていくでしょう!!

そんな八分目ですが、
仕事ではどういったことが言えるでしょうか?

先ほど洗車ではないですが、徹底力に例えられると思います。
車は当然、洗車したからには100%綺麗にするべきですが、
こと事業に関したらどうでしょうか?
もちろん100%は大事で、8割が良いかはわかりませんが、
100%見せておきながら8割ないし9割まで下げることが検討できる
余力が必要のような気がします。

なぜそんなことを言うかと言うと、
例えが決して比較にならないかもしれませんが、
私の好きな歴史の本では、100%若しくは100%以上のことをしてしまうと
必ずと言っていいほど
しっぺ返しをもらっています。

かの豊臣秀吉も、小田原攻めのときは圧倒的な軍事力を見せながらも、
最後は戦争らしい戦争もせずに、
最後まで主戦論者だった主犯だけを切腹させて終わっていました。
さんざん上洛の催促をしたにもかかわらず、
断ってきたのですから豊臣秀吉としては
気持ちが収まらないでしょう!!
しかしそのようなことはしていません。
おそらく準備やそこにかけるものは100%行うのでしょうが、
(話の中でも大軍で北条氏を囲んでおきながら、
それでもさらに寝返り工作もしていたようです。)
いざ降参するとなると決して100%まで行っていません。

戦争と事業は違うという声も聞こえてきそうですが、、
私は程度と気持ちの問題だと思っています。

戦争は確かに一回きりではありますが、
終わった後の継続や経済の発展を考えれば当然、
100%完膚なきまでにやることは必要であるか考えるべきだと思います。

味方のモチベーションもありますので、
もちろん100%最善を尽くすことは大事ですが、
やはり、最後は余力を検討できるだけの気持ちのゆとりが大事だと思います。
相手や周りには100%もしくは100%以上の熱意をもって行動をしながらも
最後はある程度な妥協点を持っておくことも大事でしょう!!

腹八分目も健康を維持し、
生活を続けていく上で大事ですが、
事業の運営でも腹八分目くらいの精神で運営を行えば、
逆に今回のコロナではないですが、
何かあったときにより柔軟に対応できると思います。

ではまた来週お会いしましょう!!