2020年 9月 の投稿一覧

面談開始

みなさん、こんにちは。
ブログ第155弾です。

最近はあまり良い天気が続かないですね。

息子たちもサッカーの練習が中止だったりする日が多く、
悔しがっています。
来週からは天気も少し回復するようですから
子供たちも喜ぶことでしょう!!

私も徐々にゴルフをする機会も増えてきました。
できるなら青空の下でやりたいものです。
先週は私も久しぶりにハーフだけは
ベストスコアタイでしたので良かったです。

面白い話があります。
苦手意識があり、ズーっとお蔵入りにしていた
パターをもってきて使用しました。
苦手意識があって最初はイージーミスをしていましたが、
あるときヒントが浮かんできて、構えを変えたら
そこから入るようになりました。
ベストスコアタイの方はパット数が
13パットと久しぶりの好パットでした。
不思議なモノですね。

半年間くらい苦手意識があって、
何ホールか使っては、やはり合わないと思って、
使っては止め、使っては止めでしたが、
あるきっかけを元にこうも変わるモノかと驚いた次第です。
やはり決めつけてはいけないという教訓をもらいましたし、
事業でもそうですがやり方を変えただけで
再生したりそれ以上になったりします。
ですのであきらめずに、
違う見方をすることが大事だと思います。

ある番組を見たときにカップヌードルの生みの親
安藤百福さんが、
『発明はひらめきから。
ひらめきは執念から。執念なきものに発明はない。』
と仰っていました。なるほどと思いました。

さて、先週、先々週からまた社員との
面談がスタートしました。
今回はまた面談する人が数が増えて108人との事でした。
最初は所長だけでしたので40名くらいでした。
ここまで増えた事はそれなりに形づけながらできたことかなと
勝手に自負しております。笑
この面談の肝は質問力にあると思っています。
しかし中々質問が難しいのも事実です。
ただ有り難い事に今までの面談の内容を蓄積していましたので
それを元に話すようにもしています。

面談の目的は「現場での課題や問題点を早期に発見し、
解決につなげること」です。

また「なるべく風通しの良い会社にし、会社の成長のスピードを上げる」
ことだとも思っています。
前にもお話ししたとおり、ここ数年で
南日本に新たに入社してくれた方も20名近くいます。
春は、コロナで面談を延期してしまいましたので
まとめて初めて面談をする人が多いですが、
それはそれで新たな発見があって楽しみです。
先週までに面談を行った中でも、
入社したての方がいました。
その方はまだ入社間もないにもかかわらず
忌憚の無い意見を言ってくれました。
また、物流業界からの出身ではないのである意味、
物流業界の常識に縛られない意見も出て
非常に新鮮な議論ができました。

やはり、先ほどのゴルフもそうですが、
自分だけの見方では限界があることを改めて
知る事ができました。
聞く耳とそれを冷静に理解できる力が大事ですね。

できたらこのブログを読んでもらう事で
自分の会社に対する思いを言いやすく感じてもらえたら有り難いです。
まだまだ、沢山の従業員の方と面談が残っていますが
頑張って行きたいと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

所長会議で

みなさん、こんにちは。
ブログ第154弾です。

先日、休みの日に朝から息子二人とサッカーの朝練に行ってきました。
その前の日に、子供たちと明日、サッカーの練習に行こうと約束してしまいました。
朝、下の息子に練習に行こうと言われ、
まだ眠く、あまり気乗りはしなかったのですが、
息子に「約束したでしょ」と言われて、3人で行ってきました。

公園に着くと「トリカゴ」という名のゲームをしました。
二人の間に一人が入って、
外側の二人がパスを出し合い、中の一人が
ボールを奪うゲームです。
二人に比べたらサッカーの技量がない私は
相当頑張りました。
結構走らされて、久しぶりに息を切らしながら走りました。
1時間弱の練習でしたが、素人には中々大変でした。

そのあと帰りに買う約束をしたエナジードリンクでしたが、
中々コンビニで売っていなく、何件もハシゴをしました。
先に息子たちを帰らせ、探しに行って、
何件か回ったら、やっと見つける事ができて
子供たちも喜んでくれて良かったです。

さて、先日は所長会議がありました。
弊社も最近の流行にともなって
zoomで会議を行っています。
5カ所くらいに分かれて会議を行いました。
最初は、私の話から始まります。
主に、会社の方針や社員のみなさんへ伝えたいことを話をしています。
いつも大体15分から20分くらい話をしています。
私の話が終わった後、遠隔の社員の人たちから
話が聞こえないということでした。
その場にいた社員の人たちが一所懸命、なぜ聞こえないのか、
遠隔の社員同士は良く聞こえているとのことでした。
そのあとすぐに原因が分かり、再開とのことでしたが、
私の話も全く聞こえていなかったようで、
再度、話をしました。
思いつきではありませんが、
ある程度即興で話をしている部分もあるので
「同じは話はできませんよ~」なんて冗談を言いながら
話をしました。

その後に休憩に入りましたが
嬉しかったのが、私の話が機械の操作ミスで
全く通っていなかったようですが、
きちんともう一回話をしてくれ
と言ってくれたのは非常に嬉しかったです。
中には言えない人もいるかもしれません。
うちの会社もすこしずつ風通しが
良くなってくれているのかなぁと感じました。

もちろん、しっかり準備する事は大事ですが、
何かミスが起きても、しっかりと問題が起きている事を発する事
そして、修正が必要であれば修正が必要としっかり発する事が
やはり大事だなぁと感じました。
なぜなら、私が気づかないことも多いからです。
嬉しいひとときでした。
少々真面目に捉えすぎているかもしれませんが、
心からそう思っています。

そんな風通しの良い会社として、もっと良くなればと思います。
先週はそんな一週間でした。

久しぶりのゴルフ

みなさん、こんにちは。
ブログ第153弾です。

さて、先週からまたしっかりと
ランニングを再開したという話をしましたが、
その一環で、子供たちと室内でサッカーの
シュートの練習を行いました。

テニスボールを私がトスして、
彼らが干してある布団に向かってシュートを行うものでした。
長男はもとから大分上手いなと思っていましたが、
次男も大分上手くなっている事に驚きました。
各々が都合100ゴール決めたら終了とやりましたが、
思ったより時間がかかり、1時間もかかりました。

しかし、嬉しかったが下の息子の成長ぶりでした。
リフティングも合間があったらやっていたようでしたし、
シュートだけは上の息子より丁寧な性格もあってか、
精度が良かったように感じます。
上の息子に「そのうちに抜かされるんじゃないの~」とあおると、
「それは絶対無い」とムキになっていました。
しかし、あおるとムキになって真剣にやる姿は良いですね。
やはり人間は刺激がないとダメだと思います。

さて、先週は私が新しくメンバーになったゴルフ場へ
両親を招待しました。
少々私のわがままで購入させてもらったので、
その感謝の意味も込めてと、実はそのゴルフ場に両親は行った事がない
ということで招待させてもらいました。
天気も心配がありましたが、なんとかもちました。

ゴルフ場に着くとまだ時間があったので、
皆で、食堂でお茶をしていました。
ゴルフ場の作りを見ながら会長はいろいろと語ってくれましたし、
会社でもなく、家でも無く、このゴルフ場の中で
ゆっくりと会長の話を聞けた事は、すごく良い機会でした。
また私の決意も改めて固まった次第です。

さて、プレーを始めると、
3人ともゴルフの内容は変わらずでしたが、
途中、両親のやりとりを遠くで見ていると、
自分が小さい頃にゴルフを始めた時を思い出しました。
いつまでも仲がが良い事はいいですね。
実は父がちょっと足が痛めていたらしく、途中で止めるかもしれない、
と言っていましたが、完走できて良かったです。

最後に、このゴルフ場を両親に気に入ってもらいましたが、
自社でもゴルフ場をもっていながら、
このゴルフ場のメンバーになった意味を
両親とのゴルフを通して考えさせられました。

一生懸命仕事をする事も大事ですが、
また汗水たらして働く事以外にも
自身を磨き、成長させることもあると、
考えさせられたような気がしました。

はっきりと言えない内容もあったので、
分かりづらい点があったことはお許し下さい。

ただ、努力だけでなく、人との縁も大事にしながら、
輪と言いますか、お仲間を増やしていけたら
そんな嬉しい事はないようなことを教えられた気がしました。

先週はそのような週でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

男子、女子

みなさん、こんにちは。
ブログ152弾です。

最近また少しずつ定期的にランニングを再開しました。
コロナや英語のせいにして定期的に行っていませんでした。
その間自転車だのスクワットだのと誤魔化していましたが、
もうそのせいにしていられなく、
また少しずつ会食も増えてきたので
しっかり健康管理をしなければと思い、
少しずつですが、定期的に再開しました。

コロナ渦ではトレッドミルをやっていましたが、
朝早くやると娘に怒られてしまうので、
その時は外を走るようにしました。
やはりトレッドミルと外では
体への負担が全然違いますね。
すぐに筋肉痛になってしまいました。
また良い機会を得たので
増やして行きたいと思います。

さて、今週は男子と女子について書きたいと思います。
これはある時に、妻と会話をしていると、
妻がどの家庭がどうだとか
誰々にあってどうだとか、
そんな話をしていました。
私はすぐに結論を求めてしまうので、
『で、ナニ?』と聞いてしまうと、
『特にない!!』と言われて
私が『なんで!?』と聞くと
『女子は結論が何か求めてなく、
ただシェアしたいだけ』と言われてしまいました。
私は『何だそれ!!』と思いましたが、
それからなんとなく妻の言葉を
意識をするようになりました。

なぜなら男性でも結論を出さずに共有だけで、
なんとなく良い雰囲気を出す方がいます。
逆に言うと空気をコントロールするのが
上手なのかもしれません。
何せ周りをそういった雰囲気にさせてしまうのですから、
うちの妻に言わせると本当かどうか分かりませんが
『最近女性の社会進出も増えて
女子化する男性が増えているのよ』ということでした。
この妻の視点はなかなか面白いなぁと思いました。

評論家になるつもりはないですが、
そう言った特性を見ると
人の配置又は環境を変えることで
化学変化が起きる、
そんなこともあるのだなぁと思いました。

なんでもそうですが、
「優しいの」の反対は「甘い」であったり
「厳しい」の反対は「隙が無い」であったり
必ず二面性があります。
どちらが良いとか悪いではなく、
やはり特徴としてみれば
より適切な方法や、より付き合いやすい方法が
見えてくると思います。

何か「方法」だなんて、
方法論ぽくて私もあまり好きではないですが、
やはり、有効だと思います。
そのうえで自然体な形で自分を表現できたら良いと思います。
そんな妻に教えられた一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!