2020年 5月 の投稿一覧

営業所周りや慰労

皆さん、こんにちは。
ブログ第137弾です。

コロナウィルスもだいぶ落ち着きを見せてきたようですが、
そんな中、日本は海外から見て異様に見えているそうです。
ロックダウンしたわけではないですし、
医療が充分整っているわけでもなく、
そうするとやはり日本人の習慣に理由があるような気がします。
手洗いをしっかりするでしょうし、
比較的各自が予防に対する意識が高いような気がします。
また公衆衛生のレベルが非常に高いようです。
その辺が他の国に比べて感染者が少ない理由なのではないかと思います。

さて、先週は2つイベントがありました。

コロナの影響の中、従業員の方が本当に頑張ってくれています。
その労に報いようと、対象従業員に慰労金を配らせていただきました。
総勢1957人でした。
子会社の昭和冷凍は独自でやったようなので、
合わせると2000人を超えます。
またその慰労金には、手前味噌ですが
手紙をパソコンで作成し、印刷した後に
下の方に全員分のメッセージと署名をしました。
流石に1957名分は大変でしたが、
そこで気づいた事が、もちろん汚い字では失礼なので気をつけましたが
量が多いだけに変に綺麗に書こうとせずに
自分では気楽にそれなりの字で書けたということでした。
この量の多さが変な意識をかき消してくれて、
結果スムーズに書く事ができました。
こう言ったことは何事にも大事ですね。

私がやるゴルフでもそうですし、
変にスイングばかり意識しすぎては
力が入りすぎて良い結果になりませんし、
だからと言って綺麗なスイングを心がけなければ
良い球が出るわけがありません。

こう言った良い意味で気楽にスムーズに物事を進められる境地
と言ったら良いのかわかりませんが
何事でもその境地に行き着く事が大事だと思いました。
そうするとやはりある程度量をこなさないと、
その境地のスタートラインに立てないのかも知れません。

また4月に、自社の組織を変えて各営業所がエリア制になりました。
そのエリアを統括するメンバーは戸田在籍ではなく、
各エリアの拠点に移動したので、状況などを見に行きました。
初めての試みなのでいろいろと課題はあるものの、
みなさんはいろいろと自分の戦略を私に語ってくれました。
アピールもあるのでしょうが、
やはり自ら自分の考えを話してくれることは非常に嬉しいことであります。
私よりも当然、現場に近い人たちなので、
私もサポートをして具現化できるようにしていければ
もっと会社も良くなっていくのではないかと感じました。

まだまだスタートしたばかりです。
常にアンテナを張りつつ、頑張って行きたいと思いました。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

有難い

皆さんこんにちは。
ブログ第136弾です。

最近如何お過ごしでしょうか?

妻からは、こんなに毎日家にいるのは
「結婚してから初めて」と言われましたが
うちの家庭以外でも同じことが起きていると話をしました。
「なるほど」と言っていましたが、
家庭だけでなく、会社でも
お客様のところへ行くこともよほどでない限り無くなり、
また電車での移動も全く無くなってしまったので
殆ど歩くことがなくなりました。
そのおかげでだいぶ太ってしまいました。

戸田の事務所に行き、
上着を脱ぐと社員が私の体を見ているのがよく分かります。
それだけ太ったという事でしょう。

そこで最近は自転車で会社へ行くことにしました。
交通事故など心配してくれる方もいますが、
殆ど車の通らない広い道を選んだり
(かえってその方が通勤時間も短縮していました。)
元々そんなにスピードを出せるわけでもなく、
またものすごくビビりなので気をつけながら運転しています。
多いと1日20km以上乗りますが、しんどい割には思ったほど効果がありません。
ですのでまたこの週末からジョギングに戻しました。

さて、先週は緊急事態宣言が一部の地域で緩和されました。
少しずつでも進捗がある事は良いことですが、
こうなると感じるのがやはり「有り難い」という言葉です。

私の好きな言葉の一つで、
私の解釈としては、
常に同じ状態であることは難しい。
世の中もすぐに変化してしてしまう。
だから「有ることが難しい」

だからそんな時は「有り難い」と思ってしまいます。

TVでも営業再開されたお店さんも
本当にうれしそうでした。
まさに「有り難い」だと思います。
感謝もしたくなるし、謙虚にもなれるし
素直にもなれると思います。

私はまだその域には行っていませんが、
ある方は朝起きると「有り難い」と思うそうです。
今日もまた朝が迎えられて「有り難い」と思うそうです。

私は日々日記をつけていますが、
今日この「有り難い」という内容を書いたことによって
また日記もブラッシュアップしていきたいです。

みなさん、いかがでしょうか。

ではまた来週お会いしましょう!!

コロナによって

みなさん、こんにちは。
ブログ第135弾です。

最近少しずつコロナの感染者も減ってきているようですが、
ゼロまでには至っていません。
我々国民もこのさきどうなるのか、
もどかしさが出てしまうと思います。

そんな中で、レムデシビルが厚生労働省に認可されました。
このような明るいニュースが続けば、
気持ち的にももう少し我慢してみようかという気持ちになると思います。

私も自宅待機ということで最近娘が学校から送られてきた
ユーチューブの「痩せるダンス」を始めました。
なかなかの運動量で良いエクササイズになっていますが、
最近は自分でお気に入りのダンスを朝や家に帰ってきてから
10分から20分くらい行っています。
ダンスはあまりやったことがなく、
自分のリズム感のなさに驚きですが
これも繰り返していくうちに、
徐々にできるようになってきました。

自分の中でダンスなんか全く畑違いでしたし、
リズム感も全くないと思っていました。
ダンスという華やかな世界は全く場違いと思っていました。
しかしやってみると以外と楽しく、
自分でもできるダンスもあるんだと思いました。

正に災い転じて福と成すではありませんが、
良い驚きでした。
皆さんもこのコロナの機会に
新たな事をやってみては如何でしょうか?

今週は短いですが、
また来週お会いしましょう!!

60%と腹八分目【後半】

みなさんん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?
ブログ第134弾です。

最近コロナの影響もあり、休みの日は私は毎週、車の洗車をしています。
ちょうど平日のどこかで雨が降るので、定期的に洗車をするようになりました。
子供たちにも手伝いをしてくれています。
結構、子供たちも楽しんでいる様子で、楽しく共同作業を行っています。
お恥ずかしい話ですが、完ぺきに100%終わったと思っても、
ミラーの下やドアの下、あとはフェンダーや後ろの下あたりなど
拭き残しがあり、詰めの甘さや全体を通してどういう手順でやれば良いかなど
頭の体操にもなり、私も知ったかぶって子供たちに教えています。

またコロナの影響でみなさんもご存知の通り、
経済活動がかなり自粛となっています。
そんな中で皮肉なのが、空気がきれいになっているようです。
ロサンゼルスではPM2.5が40%減、
インドでは汚染レベルが13分の1以下と、
かなり空気がきれいなっているようです。 
今まで見えなかったヒマラヤ山脈も見えているそうです。

前のブログにも書きましたが、
経済活動と自然環境を同時に考えていかなければならないなと改めて思います。

さて、今週は先週の続きで、
先週は60%の話をさせてもらいましたが、
今週は腹八分目の話をさせて頂きたいと思います。

腹八分目と聞くと、食事の際に
本当はもっと食べたいのに8分目で抑えることを意味していると思います。
健康に良いことですし、食料も軽減できますし、
ましてや自分に対して、律することで、良い習慣を生むことにもなると思います。
そうすると食事だけでなく、
それにまつわるものも徐々に良い方向へ向かっていくでしょう!!

そんな八分目ですが、
仕事ではどういったことが言えるでしょうか?

先ほど洗車ではないですが、徹底力に例えられると思います。
車は当然、洗車したからには100%綺麗にするべきですが、
こと事業に関したらどうでしょうか?
もちろん100%は大事で、8割が良いかはわかりませんが、
100%見せておきながら8割ないし9割まで下げることが検討できる
余力が必要のような気がします。

なぜそんなことを言うかと言うと、
例えが決して比較にならないかもしれませんが、
私の好きな歴史の本では、100%若しくは100%以上のことをしてしまうと
必ずと言っていいほど
しっぺ返しをもらっています。

かの豊臣秀吉も、小田原攻めのときは圧倒的な軍事力を見せながらも、
最後は戦争らしい戦争もせずに、
最後まで主戦論者だった主犯だけを切腹させて終わっていました。
さんざん上洛の催促をしたにもかかわらず、
断ってきたのですから豊臣秀吉としては
気持ちが収まらないでしょう!!
しかしそのようなことはしていません。
おそらく準備やそこにかけるものは100%行うのでしょうが、
(話の中でも大軍で北条氏を囲んでおきながら、
それでもさらに寝返り工作もしていたようです。)
いざ降参するとなると決して100%まで行っていません。

戦争と事業は違うという声も聞こえてきそうですが、、
私は程度と気持ちの問題だと思っています。

戦争は確かに一回きりではありますが、
終わった後の継続や経済の発展を考えれば当然、
100%完膚なきまでにやることは必要であるか考えるべきだと思います。

味方のモチベーションもありますので、
もちろん100%最善を尽くすことは大事ですが、
やはり、最後は余力を検討できるだけの気持ちのゆとりが大事だと思います。
相手や周りには100%もしくは100%以上の熱意をもって行動をしながらも
最後はある程度な妥協点を持っておくことも大事でしょう!!

腹八分目も健康を維持し、
生活を続けていく上で大事ですが、
事業の運営でも腹八分目くらいの精神で運営を行えば、
逆に今回のコロナではないですが、
何かあったときにより柔軟に対応できると思います。

ではまた来週お会いしましょう!!