2022年 3月 の投稿一覧

任せるとは

皆さん、こんにちは。
ブログ第233弾です。

この時期は、『卒業』をテーマとしたイベントが目白押しですね。
先週は下の息子の卒業式の話を書きましたが、
その卒業式もコロナの時代にあったやり方で
舞台で卒業の意を表明するのではなく、事前に録画したものの発表でした。
感慨深いものでした。
また、地元のサッカークラブも卒団式でした。
コーチからのコメントを読みましたが
4年生から入って、当時と比べて成長したことをたくさんコーチが書いてくれました。
親として、これほど嬉しいコメントはありません。
お世辞にもうまいとは言えない感じではありましたが
相手と接触するサッカーで
明るく楽しく最後までやり遂げてくれたことは
本当に嬉しかったです。
この冊子は彼にとって一生の宝物だと思います。
これからも挫折したりする時期もあると思いますが
自分で乗り越えたことを思い出してもらって
頑張ってもらいたいと思います。

さて、先週はある番組で外食チェーンの話をしていました。
色々と試食しながら新しいメニューを開発しているシーンで、
なぜか社長さんがゲストで出ているにも関わらず
試食のシーンではいませんでした。
聞いてみると、
以前、試食の時に開発担当者にコメントをしたら
『私は社長を満足させるために開発しているのではありません。
お客様を満足させるために開発しているのです。』
それ以来、その社長さんは新商品の試食会には出席せずに
任せているそうです。
私はそれを聞いた時に、確かに一理ある、
その通りだと思いましたが、
どれだけ本当のお客様の希望を想定し、できるかだと思いますし、
新商品は当然、当たり外れがありますから
誰が責任を取るかということになります。
もちろん、その会社さんはその担当の方に責任を取らせている
わけではないでしょう。
要はしっかり皆がお客様に向いている表れだと思いました。
責任の問題だけで言うと、
担当の方は責任を取りたくないから
社長決済の方が良いに決まっています。
しかし、現場に近い我々が一番お客様を見えているという
自負があるのでしょうし、
お客様に寄り添っているのだと感じ、素晴らしい文化だなぁと思いました。
私もかくありたいと思いました。
当然、最後の責任は社長でないと取れないですが、
そこを変に意識せずに前向きに
開発している姿に良い会社なんだろうなぁ~
一緒に仕事ができる機会があったらサイコーだろうなぁと
思いました。
先週はそんなことを思う週でした。
それではみなさん、また来週お会いしましょう!!

新たな発見

皆さん、こんにちは。
ブログ第232弾です。

先週は一番下の息子の卒業式でした。
早いものですね。
背丈も、妻を超えるくらいに大きくなってきました。
普段やっているサッカーの追い出し試合も見学してきましたが
やはり背が伸びているのを感じました。
中学に入ってもまた大変でしょうが、
持ち前の明るさで頑張ってもらいたいと思います。

さて、先週会社の女性が植栽をしてくれました。
会社の雰囲気を少しでも明るくしようとしてくれたのでしょう。
私の部屋にも隆々とした植木を置いてくれました。
緑が多くなると、少し気持ちが落ち着くような気がします。
やはり職場環境は大事ですね。
あまり花は得意ではありませんが、玄関のあたりにも花を植えてくれ、
見ているだけで和ませてくれます。
自ら職場の環境を良くしていこうという気持ちに感謝します。
ありがとうございます。

次は、新たに部長職として4月から頑張ってくれる人の話です。
急遽、その部署のトップになることになり、
本人は非常に戸惑ったことだと思います。
しかし、私から話をさせてもらった時には
静かに腹を決めてくれて、了承してくれました。
若い組織になり、また近しいリーダーの誕生で
良い意味でまた違った組織になると思いました。
私はこの時に嬉しかったのが、
その方の、顔が変わったこと、
歴史が変わった瞬間と言えば大袈裟かもしれませんが、
その方の変わっていく姿の一部始終を見ることができた事は
非常に社長冥利に尽きると思いました。
その後から色々とコミュニケーションを取らさせてもらっていますが、
他の管理者から祝福や応援メールが届いていたそうです。
それぞれが会社を思って動いていてくれて本当に涙が出そうな出来事でした。
社長なので、どうしても自分だけが会社のことを思っていると自負してしまいがちですが、
自分だけじゃない、そう言った思いにさせてくれるエピソードでした。
私もさらに『頑張らねば!!』です。
引き受けてくれた方、応援してくれた方、植栽をしてくれた方、
本当に感謝です。
4月から、またさらに皆さんと共に気合を入れてがんばります。
先週はそんな一週間でした。
では、また来週お会いしましょう!!

見方の難しさ

皆さん、こんにちは。
ブログ第231弾です。

うちの下の息子が今年、中学に上がるので、先週、スマホを買ってもらいました。
3人兄弟で最後にスマホが手に入ったので嬉しさも相当なものでしょう!!
息子がお気に入りのスマホをどんな感じでアレンジしているのか
気になったのでちょっと見せてもらいました。
そうしたら透明なカバーを使用していて、
そこに、何とパソコン上でトラックの絵を見つけてきて、
その絵に南日本のロゴ「MTLS」をホームページから見つけてきて
貼ったやつを印刷して切り取って、入れていました。
息子の会社愛にびっくりしました。
何かを感じてくれて、それをスマホに入れてくれていることに
嬉しさを感じました。
以前、息子二人と3人で中野本社までランニングしたときに
本社に着いたら、「お父さん、このビルは南日本のなの?」
「何フロア使っているの?」と質問されました。
これも何かを感じてくれての質問なのでしょう。
少しずつ、息子の成長を感じる瞬間でした。

さて、今週はいつも受けているオンライン英会話での出来事をお話ししたいと思います。
英会話の先生は2年ほど英語の指導をしてくれていて、娘も受けており
非常に仲良くさせてもらっています。
会社のこともある程度知っていてくれていて、今回のレッスンは討論のセッションでした。
質問は、
「あなたの知り合いが仕事に対してやる気がない場合、どうアドバイスをしますか?」
と聞かれました。
私は
「仕事を通しての達成感」や
「自己実現による幸福感、自分の居場所を見つけることができる」など説明しました。
レッスンの時は、それでセッションは終了しました。
そのあと、いつものシャドーイングをやった時にふと思いました。
シャドーイングというのは英語のリスニング強化のトレーニングで音声が流れた後に、
2、3語遅れて、その発音なり言い回しをマネすることで、
リスニング強化され、またスピーキングの発音も強化される勉強法です。
そのシャドーイングをやっている時に、
最初に音源の文字を見ながら、音と文字を突き合わせて確認をします。
その時は当然、文字を見ているのでそのように聞こえるのです。
しかし、いざ、音源だけになった途端、
小学生でも知っているような単語でも何を言っているのか分からなくなる時があります。
立場や視点が変わると本当に違うものが見えます。
それでふと気が付きました。
先ほどのアドバイスの質問も、自分の眼鏡というか文字が見えているかそのように聴こえているように、
自分がそう思っていたり、ある程度できているから、
「達成感」だとか「自己実現による幸福感」と言えるのだと思いました。
やる気がない人には何のアドバイスにもならないと気が付かされました。
もっと目線や目標を合わせて、耳を傾け、アドバイスをしなければならないと気づかされました。
どこかでそんな気持ちを薄々忘れてしまったのかな?と思いました。
まだ息子はこれから中学生ですが、
これから、南日本に対する思い、
奮闘なども多々あると思いますが、
彼を通して、気持ちを理解出来たらなと思いました。

先週はそんな一週間でした。

カリスマアーティストYoshiki

皆さん、こんにちは。
ブログ第230弾です。

皆さんご存じのとおり、私はゴルフを学生からずっとやっていますが、
長年やっている中で自分なりに、色々と試行錯誤してきていました。
その中で、最近息子に私のスイングをスマホでスロー録画してもらいました。
撮影してもらった動画を見て唖然としました。
目的(気持ち)はあっていたのですが、やり方?やりたい方向が自分の意図と
全く違っていて、ものすごく恥ずかしい思いをしました。

以前、英語で自分の声を聞いてようやく自分を見つめ直す機会を得たと
このブログで書きましたが
本当に自分のスイングを見たときは、見つめなおす機会とかではなく、
むしろ逆のことをやっていたぐらいのように感じがしました。
理想を理解していて、理想を追い求めていながらも
自分で見えているスコープが全く違っていました。
それは、うまく行くわけがないと思いました。

以前、ある女子プロゴルファーの方と一緒にプレーさせてもらった時
私がショットするたびに『やばい』とか不安な声を並べていました。
その割にはいい結果が出ていました。
そのプロからは修正能力が高いのですね。と言われましたが
その感というか、回数という経験で「なんとかやってこれた」という結果だったようです。
理想や目標も大切ですが、やはり目標から今の自分とのギャップを常に検証することが
今の自分をしっかり見つめることが大事だなと思いました。
その結果、まだまだできてはいないと思いますが、
自分を理解できたことで少しショットが安定してきました。
今の自分を理解することは大事ですね。
でもやはり良くない自分は見たくないものです。
自分はできているはずだと信じたいですから!
しかし、正しい努力が大事だとも改めて教えてもらいました。笑

さて、話は変わって先週テレビで見たことを話したいと思います。
テレビにX JapanのYoshikiさんが出ていており、
他には、ボイスパーカッションで活躍している人達と共演していました。

その方達が世界のYoshikiさんに何か質問があればと
司会者が聞いていました。
そうすると、そのメンバーの方達の一人が
『どうやったら世界で活躍することができますか?』と聞いていました。
そうするとYoshikiさんは
『躊躇しないこと』と言っていました。
まさに真理のように発言されていたように感じました。
いろんなチャンスがある中でまさにこれだと思いました。
しかし、言葉では簡単で、やはり躊躇するリスクを軽減するためにも
事前の準備が必要ではないかと思いました。
来たるチャンスを思って準備をしていれば
同じタイミングでチャンスが来ても
躊躇することなく『Yes』と言える可能性は高いと思います。
リスクを考えたときに、そもそも別で補えるリスク回避を考える場合と
事前に準備をしてリスクを回避する為に、精度をあげてチャンスに臨むことはあると思いますが、
事業家である以上、事前に準備して精度を上げていきたいものです。

しかし、会社の運営は生き物なので、やはりリスク回避を考える施策も十分必要でしょう。
ユニクロの柳井さんも『1勝9敗』という本を出されていますが、
その1勝をゲットできるための準備をしっかり行いと躊躇しないようできること
そして、躊躇しないように良い意味でリスク回避できていることが大事なような気がします。
いつどんなチャンスが来るか分からない。
だからこそ今の自分をしっかり見直していきたいと思いました。
だから、今の自分を見つめる=自分を受け入れることが
大事のような気がしました。(最初の話と繋がりました。笑)
チャンスなんてそうないですから
そう言ったことに対して自分を見つめることと
それを理解してしっかり準備していきたいと思います。

先週はそんな一週間でした。
また来週お会いしましょう!!