2021年 5月 の投稿一覧

新作発表会

皆さんこんにちは。
ブログ第190弾です。

おかげ様で約4年前にスタートしたこのブログも、もう少しで200回を迎えようとしています。
少しでも皆さんにお役に立つ情報や、
会社の動き、私の会社に対する思い、
考えを知って頂けたらと思い、スタートしました。
あっという間でしたが、
これからも書ける限り頑張りたいと思います。

さて、先週は取引先の紅茶の新作発表会に参加させて頂きました。
ゴージャスな会場で行われて、私はてっきり
立食形式のレセプションパーティーかと思いきや、
テーブル形式のパーティーで、ほとんどが女性でした。
その業界の専門家や第一人者、専門誌の方がいましたが、
女性社員を連れて行った自分の判断を心の中でものすごく褒めました。

席に座るや否や、今回のパーティーをイメージしたものすごくステキな食事が用意され、
元々食べ物はおなかが満たされればなんでも良い私は、
どこから手を付けてよいのか、焦った次第です。
ちゃんといただきましたが、食レポは無理でしょう!

その後、高級ブランドや高級車のようなかっこいいイメージムービーが流れ、
とても素晴らしかったです。
かっこいいだけではなく、
ストーリーやコンセプトがしっかりアピールされていました。
その会社の社長とも久しぶりに会って会話をした時に、
以前も言っていましたが、
やはりパッションやインスピレーションが大事と仰っていました。
その言葉だけでも私は非常に勉強になりました。
我々物流業界も、もっとパッションに訴えかける
ストーリーを今後どんどん作りあげたいと思いました。
なぜならこれだけ社会インフラの一役を担っているからと思うからです。
そこをもっとストーリー性を持たせることで、
面白いと感じたり、認知されたりすると思います。
パーティーの終盤にはフランスの皇帝の直筆の手紙が容器から
取り出され、目の前で見ることができました。
およそ200年前のモノです。
手が震えそうでした。

南日本も少しずつ、こう言った機会に触れるチャンスが増えてきました。
足元の物流とともにストーリー性を持たせて
その物流の価値がさらにアップできるように頑張りたいと思いました。
こう言った方達と触れ合うことで、また新たな物流の姿を描けたらと思いました。

先週はそんな1週間でした。

ではまた皆さんお会いしましょう‼️

新たな出会いによって学んだ事

皆さんこんにちは。
ブログ第189弾です。

先日、息子から質問がありました。
なになにと振り向いたら、
私のお気に入りマンガの一つスラムダンクを持っていました。

バスケの質問をされても分からないなぁと思いきや、
バスケの質問ではなく、その中で登場していた
魚住という背の高いプレイヤーが発言した言葉でした。それは
「父さんここに『はらたいらさんに3000点』って書いてあるけどどういう意味?」
私は思わず笑ってしまいました。

一応、昔テレビでクイズダービーというクイズ番組があって、
はらたいらさんという人がが正答率が良く・・・etc
などと説明しましたが、私の説明が悪かったのか
息子はピンときていない顔をして、去っていってしまいました。

世代の違いと、説明の難しさを感じてしまいましたが、この違いが世代以外でも
文化であったり、歴史であったりと
要因があると思われるので、
楽しめるようにして行きたいです。

さて、先週も業界で活躍されているある方にお会いする機会がありました。
その方は小売りで長年物流だけでなく
マーケティングなども携わり、活躍されてきました。
今、ITや飲料メーカーの顧問をされていて、
どれも業界でNo.1ないし、2の会社の
物流子会社の社長をやられたりと活躍されてきたそうです。
皆さんもご存知の日本一お金持ちの社長さんからも
日本で唯一物流を知っているのはこの人だと言わしめたそうです。

経歴もたしかにすごいのですが、
お話を聞くと、哲学や仕事のアプローチに驚かされました。
競争力を変えるには社内の文化を変える必要がある、
社内マーケティングが必要、
そしてそのボトルネックがほとんど
社内風習であったり、No1ないし大手だからこその
エゴでなかなか身動きが取れないというお話でした。
また、すべての現状を仕分けし、整理する事で、
社内を人々に理解しやすくし、動きやすくする、
これが社内マーケティングで
結果、社内が強くなり、商品も強くなり、
競争力も出てくるというお話でした。

この方は大手からの引き合いも多いですが、
どちらかというと、オーナー色の強い会社を
お手伝いされている傾向にあると感じました。
また、大手でも役所のような会社には行かない。
と自分の経験を生かした意思をしっかりお持ちの方でした。
恐らく社内改革が進み辛く、同じ行動を起こしても
響き辛いという事なのでしょう。

また、爽快だったのが、
物流コンペなど意味がない、
既定からいくらさげるなど、意味がないと仰っていました。

裸になってしまうかもしれないが
しっかりと構造を分析しながら継続できるような物流会社との関係が必要と言っていたのと
小売り時代にその小売りさんは世の中の認知度が98%あったので
広告宣伝費をかけても意味がないと思い、
百数十億円あった広告宣伝費をほぼカットしたそうです。

そんな改革をした為に、広告代理店さんから刺されるのでは!と思っていたと
冗談をいっていたので、ユーモアのセンスも抜群でした。
ですが、こう言ったところも日本的な馴れ合いだけではなく、
まずはしっかり目的、目標があって、そしてその今までも含めて行っている行動に
本当に意味があるのか?まさにROIの考えだと思います。
確かにこのような考え方は役所のような大手企業では通用しないかもしれません。
この話を伺えた時に、さらに身の引き締まる思いでしたし、
自分自身も意味のない行動、費用対効果の薄い行動を行っていないか?
再度考えたいと思いました。

そのときは、その方のお話だけを聞く形になってしまったので
次回はまたチャンスがあるときは、私の会社の考えややってきたことを
シェアさせてもらえればこの上ない喜びです。
また、次回お会いできる日が楽しみです。

もちろん日本的なことも十分承知な上で、
このようなパフォーマンスを発揮されることに本当にリスペクトしました。

先週はそんな出会いがありました。

ではまた来週お会いしましょう!!

元素記号

みなさんこんにちは。
ブログ第188弾です。

最近はだいぶ陽気が良くなり暖かい日々が増えてきました。
桜も終わり新緑の季節と言った感じですかね?
ゴルフに行く機会もあり、もみじの青々さが綺麗でした。
もうすぐ梅雨の季節に入ってしまうでしょうが、散歩などしてこの季節を噛み締めたいと思います。

話は変わりますが、みなさん、ご存じの通り、
普段私は五本指シューズを履いていますが、
ゴルフ場でもなるべく履けるゴルフ場は履くようにしています。
今までだと後半に入るとお尻が硬くなり、ティーグラウンドでストレッチをしていましたが
今はほとんどカートに乗る必要もなく、また腰に来る事無く快適にゴルフをしています。
五本指シューズにして本来の足の機能を活用できている証拠のような気がしています。
その代わり土踏まずその証拠としてなのか、土踏まずが痛いです。
その分、指を使ってしっかり大地を踏みしめているのでしょう!!
全体的な体への変化はありませんが、腰が楽でその分、歩数を稼げるのはラッキーです。

さて、今日は元素記号についてお話をしたいと思います。
私が良く聴く朝のラジオで、水にまつわる話で元素記号の話をしていました。
学生の時に習って、先生に言われるままに暗記して、今ではほとんど覚えていませんが
改めて考えてみました。
そうすると元素記号はすごいなと思いました。
数は118あるらしく、水素から始まっていました。
私が「すごい!」と思ったのは、
みなさんは例えば水がH2Oや二酸化炭素がCO2だとご存じだと思いますが、
気体や液体など目に見えるモノや目に見えないモノを、
「記号」というもので表した事でした。
すごい発明なんだと思いました。

昔は、迷信だったり都市伝説みたいなものも私が小さいときでもよくありました。
しかし、科学の進歩によっていろいろな出来事が定量的に証明されてきました。
今まで何かが見えたとか、何かを感じたみたいなモノは
元素記号のような要素が重なり合ったものが現象としておきたのかもしれません。
しかし、そう言ったものが徐々に解明される、
酸素や二酸化炭素、そもそもそれ以前にはその存在すら知らなかったものが、
そう言ったモノが存在しする、そしてそれを記号で表すことができたことは
ものすごい発展だったと思います。

そうするとやはり我々は今の常識だけで
モノを見たり考えたりしていけないという教訓になると思います。
我々の物流業でも、「我々の業界とはそう言ったものだ」とか
あるある的な常識がたくさんあります。
作業が細かいから、難しいとか、納品先の条件がこうだらか難しいとか、etc・・・。
確かにこれは相手があっての話なので、クリアするには相当な労力が必要です。
しかし、まずは自社や自分自身、何ができるかという観点を見直し、から行けば、
先ほどの元素記号のようにではありませんが、
なるべく自社で行っているオペレーションの見える化、言語化、数値化することが
大事だと思います。

今までよりもより深く、数値化、言語化することで、
お客様にご理解頂けるようになったり、社内でもノウハウとして溜めやすくなるので
差別化ができやすくなるかも知れません。
今回のこの元素記号、できたら産まれた歴史などを今度学べたらいいなぁ~と思いました。
それによってどうイノベーションが起きたか知る事ができるし、
自分自身の挑戦し続ける、心の糧にもなると思います。
元素記号に限らず、世の中は本当にたくさんの素晴らしい
イノベーションが起きているのんだなぁと感じる事ができます。
そう言いったものを感じる事ができると、他の素晴らしい事も感じる事ができると思います。
まだまだ自分自身にも、出来る事がたくさんあるような気にさせてくれるラジオでした。

みなさんはどう感じましたでしょうか?

ではまた来週お会いしましょう!!

失敗談を語る!!

みなさん、こんにちは。
ブログ第187弾です。
みなさん、如何お過ごしでしょうか?

緊急事態宣言も始まり、おとなしい日々が続いておりました。
私も事情があって、上の息子と2人で数日過ごしました。
いつもと違った雰囲気の中、また違った会話ができたような気がします。
朝は2人で近くの公園までジョギングを兼ねて、サッカーの練習のサポートをしました。
以前、試合を見に行ったときに、
チームメイトからのパスをトラップするのが苦手のように見えたので、
そのような練習を行いました。
その後の部活で、「今回の練習が役に立った」と息子に言われ、ものすごく嬉しかったです。
また、付き合えればと思います。

さて、先週も引き続き面談を行っています。

先週もすごく実りのある面談でした。

ある方からは安全に対する新しいモデルのヒントをもらいました。
せっかく各々の部署があるのですから、
その部署からのスタンスというか指針をはっきりと打ち上げることは良い事だと思いました。
また、新たな目標として、資格を取る事も宣言を頂いたので
これもまた秋の面談時での成果が楽しみで仕方がありません。 

そしてある方は、今が南日本運輸倉庫の基盤となる大切な時期なので、
しっかりと目の前の事に集中して、
1つ1つクリアして行きたいと非常に力強い言葉をもらいました。
そのような話を聞き身が引き締まる思いで、
社長として更にしっかりと足下を固めながらやっていこうと思いました。 

そのあとは最近増えてきた女性社員との面談でした。

1人は若いにもかかわらず、人についている仕事を
しっかり仕事に人がついているようにしていきたいと発言してくれ、
またその資料も作成しており近日中には経営会議に上申したいと
力強く発言してくれました。

今まで一社員の人が会社を思って、経営会議で協議できるようにしたい
と言ってくれたことは少なかったので、非常に嬉しく思いました。

また他の方は、自分のグループの中でNo1になりたいと掲げてくれて、非常に頼もしい限りです。
そして、上長に早く認められるようになり、秋までには資格も取りたい。
そしてこれからもずっと南日本で働いていきたい。とも言ってくれたので、
初の女性役員も夢ではないのでは、と思いました。
また、それまでのプロセスは公私の面でクリアしなければならない課題もあると思うので、
会社としてしっかり支援できたらと思いました。 

次の方は、4月から戸田に新しく入ってきて、まだ仕事にもなれず、
また公私の面での両立に苦労されていました。
気持ち的にはだいぶ慣れたようですが、まだ体は慣れていないのかもしれないと言っていました。
慣れないメール文書にビジネスパーソンとしての課題を自分で見つけ、
克服しようと頑張っている姿がとても頼もしく見えた次第です。
彼女も将来的に仕事も続けて行きたいですが、家庭もなんて言葉もありましたので
やはり会社としてしっかり支援できるようにして行きたいと改めて感じた時間でした。
最後の質問の中では、私の失敗談を聞かせてほしいと言われました。
話しているうち、あれもこれもとたくさん南日本運輸倉庫でのアルバイト時代の事や
前職での失敗談、そして入社してから今までの失敗談と・・・。
自分で言うのも何ですが、よくまぁ~出てくる出てくると言った感じで
面談時間を予定より大幅にオーバーしてしまいました。
できる事なら成功談でオーバーをしたかったですが、
私にとっても非常に有意義な時間でもありました。 
確かに失敗はたくさんしました。
ですが、少なからず行動を起こしたから成功か失敗かの境目を経験し、
結果残念ながら失敗談になってしまった。笑
しかしすべてとは言いませんが、その失敗が今の自分を形成していると思うと
思い返す機会を逆にもらったような気がしました。
今までの失敗に対して、思い出そうとすると何か心のバリアが掛かって
何も思い出そうともできない時期もありましたが、
ようやく純粋に思い出せる事が出来る時期に差し掛かった時のような気が
面談を終えた後に思いました。
だから自分もたくさんの失敗談を気兼ねなく話す事ができたし、
自分を形成しているんだなぁとも思えました。

以前、ブログにも書きましたが、
親が子に教えられる事が多々あるように、
いろんな人との真摯に向き合う会話はすばらしいなぁと思いました。
本当にたくさんの気づきを教えてくれます。

先週はそんな一週間でした。

まだまだ面談は続くのでこれからも非常に楽しみです。
またどんな気づきをもらえるのか?
また逆に良い質問をすることで良い気づきを与える事ができるのか?
このやりとりが非常に楽しみです。

では、また来週お会いしましょう!!

春の面談

みなさんこんにちは。
ブログ第186弾です。

緊急事態宣言に入って、数日が経ちました。
東京だけで無く、近隣の地域もアルコールの提供はされないと言う事と、
私が良く行く店の隣の店にも見回りが入ったりと本格的に撲滅に向けて執り行われているようです。
ようやくと言って良いのか?いよいよと言って良いのか?分かりませんが、
効果が表れることを期待していましたが、
28日には東京では900人を超えたということで、
まだまだこれと言った対策が打てておらず模索中かもしれません。
しかし、いつも言っているように自分でできることは手洗い、マスク、うがいなど徹底して、
自分で身を守っていくしかありませんね。
私自身も去年の今頃に比べたら、手すりなど絶対触らないようにしていましたが、
少しは気の緩みもあるかもしれないので再度改めて気をつけたいと思います。

先週は、初めて上の息子が中学に行ってから最寄り駅まで車で送る機会がありました。
雨の中でも部活があり、本人もよっぽど楽しいのか、迷わず行くと決めたそうです。
3年生の公式試合だそうで、見るのも勉強と楽しそうでした。
車から降り、改札へ向かう姿をみて、少しずつ大人へになって行く姿を思いました。
嬉しい限りです。

さて、4月から恒例の社内の面談がスタートしました。
今回は、各エリアから面談を希望者を選出してもらい、上長が吟味する形で
ある程度絞ってもらいました。今までは希望者はそのまま面談でしたが、
今回はこのような形にさせてもらいました。
質問の作成上、戸田の本部の方達からスタートさせてもらいました。

今回の私の目標は、今まで面談を数回にわたって執り行ってきたので、
今までの内容も活かしながら更にブラッシュアップできる形にしていく、
前回を無駄にしない、それとやはりもっと課題を引き出せるよう
本音に近い形で議論できるように心がけるようにしました。

そんな中で4月からの新しい体制や、去年の4月からの新しい体制なってからの一年など
非常に、良い話を聞けました。
もちろん会社に対する要望など、進捗も含めて質問もありましたが、
私自身もそれは全く会社批判でもなく、むしろ会社が良くなるための意見だと思って
取りこぼしなく、動いていきたいと思います。

今週の面談では特に、去年の4月から新組織になって、
その一年が経過した中での感想を聞いたときの事でした。
いろいろと壁にぶつかりながらも、諦めずに取り組んでいる姿に感動を覚えました。
ものすごくサポートしたいという気持ちになりましたし、
またこの面談とは別に機会を作りたいと思いました。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!