2022年 2月 の投稿一覧

スキルよりも考え方

皆さん、こんにちは。
ブログ第229弾です。

先週、近くの公園まで子供たちと朝食を食べに行きがてらジョギングをしました。
往復4kmくらいの道のりで、娘は自転車で会話も弾みすごく楽しかったです。
息子二人とは池袋や中野まで行ったりとしていましたが、
娘は久しぶりでしたが期末試験を控えていることもあり、近場にしました。
帰りは四人で朝食をたべながら、私のお気に入りのアプリの話で盛り上がりました。
私の使用したアプリでもこんなに話が盛り上がるとは思っていませんでした。
(ほとんどいじられているようなものですが、汗)

何にせよ、やはりコミュニケーションは大事ですね。

さて、今回は考え方についてお話をしたいと思います。
前にもお話をしたかもしれませんが、
スキルもすごく大事なのですが、
考え方がしっかりしていて、初めてスキルが生きるような気がします。
かつてのヒトラーもそうかもしれません。
あれだけの統率能力がありながらも方向性(考え方)は見誤ったのだと思います。
私の知り合いのプロゴルファーも40歳前後の時に
『今の精神力というか考え方というか、それが20代の頃に備わっていれば
 もっと活躍できたと思う』と言っていました。
実は私も同感なのです。
前にも書いたかもしれませんが、私もゴルフは学生時代に比べて
明らかに今の方が上手いと思いますし、飛距離も伸びています。
当然、今の方が練習はしていませんから
考え方が変わってそれがゴルフに生きていると思います。
そうするとテクニックよりも考え方(方向性)が大事だと思います。

また、私の父親である会長を見てもいつもそう思います。
僭越ながら、いつも発想とか、その達成する方法に度肝を抜かれます。
また、会社のために、息子のために考慮してくれていろんな策を考えてくれたりもします。
そんな時に
『俺の発想はすごいだろう!!
 弁護士や税理士のような専門家でもこんな発想は浮かばない』と言われます。
確かにすごいと思いますが
やはり、会長のそうしてあげようと思う、その気持ちがそもそもすごいと思います。
普通ならそこまで考えてあげないと思います。
そうしてあげようと思う気持ちがスキルや発想を育んでいると思います。
そうした観点からも考え方(方向性)はやはり大事ですね。
私は徳川家康の長編小説(漫画)が好きでよく読みますが
やはり、人間エゴが邪魔してしまいます。
私も常日頃意識はしていますが、
以前お話ししたように、私がゴルフでスコアが悪いと会長から怒られます。
それも子を思う気持ちからの発言です。
そしてある方が言っていましたが
『博史さんは純粋なんだよ』
この言葉に集約されていて、ご本人にはあるべき崇高な目標なりビジョンがあるのだと思います。
それが考え方に宿り、スキルや発想に行きついているのだと思います。
学べることは本当にたくさんあると思います。
以前にも振れることなく、常に気持ちが中心であり続ける。
無心と言えるかもしれませんが、
考え方をしっかり持ち続け、そう常にありたいと思います。

先週はそんな一週間でした。

では、また来週お会いしましょう!!

久しぶりの再会

皆さん、こんにちは。
ブログ第228弾です。

先週、甥っ子と姪っ子と会って来ました。
姉が亡くなってから6年も経ちましたが
ずいぶんと成長をする姿に微笑ましく思い、
また、仲の良い姿に嬉しくも思いました。
二人はもう、自分自身の人生を切り開くために
目標がしっかり定まっていました。
逞しいものです。
全てが順風満帆とは行かないこともあるかと思うので
相談にのってあげられる環境を整えておきたいと思います。
本当に良い機会でした。

さて先週、以前弊社の担当だった銀行員の方が転職されて、
会長に挨拶に来てくださいました。
名前はもちろん覚えていましたが、懐かしく嬉しく感じました。
それもただの挨拶ではなく、
たまたま、弊社が大変お世話になっている取引先へ転職されたようでした。

転職された時は、その会社が弊社と取引があるとは知らなかったようです。
仕事を進めていく中で、取引関係があると知ってご挨拶に来てくれたようでした。
話を進めていると、前職で
2005年から弊社担当になって、
初めての大型物流センターの岩槻外食センター(当時)が建った翌年でした。
2005年と言えば、私が部長になった年でもあります。
また、久しぶりに会ったときに
その方から『17年前と社長は変わらないですね〜、お若い!!でも貫禄は出ましたね』
と言われました。
私は『成長していないのでしょう!!』なんて冗談を交わしながら会話をしていましたが、
17年前の私を知っていて、逆に今の私を知らない、
何か非常に嬉しさを感じました。
なぜなら、何もできなかったあの頃の自分を知っている人がいる。ということに
何か肩の力が降りたような感じがしました。
誤解を恐れずに言えば、昔と比べると、若くもっと雑な私を知っている人が減りました。
社内もそうですし、社外もです。
社長という私しか知らない方も増えてきました。
だからと言って、何も普段肩に力が入って業務を行なっているわけではありませんが
それでも当時の、それも当時しか知らない方と話すことは
言葉以上に懐かしく、そして何かホッとします。
手帳を見返して、当時を振り返る、
そうするとただ手帳を見返した以上に
当時のことが色々と思い出すことができました。
当時の私しか知らない方に会うと
自分でもそんな自分も居たなぁとという気持ちにさせてくれました。
環境が変わり、確実に自分も変わっているんだなぁとも感じさせてくれた
再会でした。
小さな歴史かもしれませんが
自分の中で、場面場面によってそれぞれの自分がいたということを
知ることができました。

先週は、そんな一週間でした。
その方にはご連絡頂いて本当にありがとうございました。
と、この場を借りて御礼を言わせてもらいます。
コロナ環境もあるのですが、
またお会いできることを楽しみにしたいと思います。

では、また来週お会いしましょう!!

息子からの質問

皆さん、こんにちは。
ブログ第227弾です。

蔓延防止がまた延期となりました。
ピークの時期から比べると若干下降気味のような気がしますが、
会社でも一部テレワークが始まっています。
業種で言うとなかなかテレワークが難しいですが
できる人がいるならなるべくできるように、
少しでも、感染予防に努めることが肝要かと思います。

先週、息子の学校で面談があったので付き添いで行ってきました。
街中も、蔓延防止が出る前よりは、人が少ないように感じました。
車も若干少ないですかね。
今月末から来月にかけて、感染者数が減ってくれれば良いですね。

さて、先日、下の息子と家まで歩いていると
『お父さん、大きいマンションとかって最初にすごくお金がかかるんでしょう?』
 家賃とかお金が入るのは後だから大変だよね!
 また、すぐに入るとも限らないのでやはり大変だよね。どうしているの?』
と聞かれました。
いろんなパターンはあるにせよ、会長の例で説明しました。

『おじいちゃんは若い頃から、お金を稼いでも
 決して贅沢せずに、来たるチャンスまでに
 お金を貯めていた。だから良い話が来たときでもすぐに決断できる。
 だから、持ってくる人もすぐに決めてくれると知ると
 また良い情報を持ってきてくれる』

少し話はそれてしまいましたが

『お金を貯めていて、それに見合った物件を買っているから
 ある程度、借り入れをしないでもできている。だから一生懸命働くことの大事さがあるんだよ』

とも話ました。
夜の夕食の時に
家族みんなに下の息子がいい話をしたと言いました。
そうすると娘が
『資金を入れるときに株が~』なんて言ってきました。
何かで勉強したらしく、会社を設立する場合と、ある案件に対する投資と
勘違いしていたようです。

入り口の段階でよくある勘違いのように感じましたが
しかし、息子が疑問に感じてくれていたこと
娘も今の生活に全く関係ないのに、頭の片隅に残ってくれていたことは
すごく嬉しく感じました。
教えていなくても、どこかで背中を見ていてくれているのかもしれません。
子供の成長とともにどんな課題を彼らに与えることができるか
少しずつ、彼らより先を進んだ課題を常に与えられるかが
私の今後の課題のようです。

以前、娘からは
『お父さんの会社は何をやっているかわかるけど、お父さんは何をやっているか、よくわからない』
と言われました。
今後はこういった題材を使って、
子供たちにしっかり私の仕事の内容や考えを伝えられたらと思います。

私の仕事も理解してもらえるし、彼らの勉強になるでしょうから
一石二鳥ですね。

先週はそんな一週間でした。

では、また来週お会いしましょう!!

気にしないこと

皆さん、こんにちは。
ブログ第226弾です。

左腿の調子もだいぶ良くなり、最近はまたランニングを再開しました。
休日は息子二人と一緒に池袋まで走りました。
三人で走った後、近くのお店で朝食を食べ、帰りは電車に乗って三人で帰り
楽しいひとときを過ごしました。
そんな中、上の息子との話のなかで、
学校のマラソン大会で5kmでしたが
17分で走ってきたそうです。
キロ3分20秒くらいでしょうか、
息子の早さにびっくりしました。
私はせいぜいキロ6分がやっとです。
息子の成長ぶりにまた驚いた瞬間でした。
今年、下の息子は中学に入るので、中学生活に慣れたら
新座まで走り電車で帰ってこられるようにしたいと思います。

さて、以前も書いたことがありますが、
私の父 会長もそうですが、あまり大安とか仏滅とか気にしません。
もちろん占いも気になりせん。
流石に会長のように『俺が決めた日が大安』とまでは言えませんが
やはり自分次第だと思っています。
仮にまだ、思った成果が出なかったり、
どうやっても成果が出ない時は、気分転換などをし、視野を広げるように
努めています。
それでも無理なら
仲間の力を借りるしかありません。
誰か助けてくれる人がいるでしょう!!
しかし、自分で前から責任を持って、助けてもらえる時を意識する必要はあるでしょう!!

私の嫁の実家のおじいちゃんは、風水など使った占いや相談所をやっていました。
当然、家を引っ越す時など、いろんなアドバイスをもらいました。
しかし、私はやはりそれありきで行くのはあまり好みません。
やはり、自分の色が出ないからです。
もちろんそう言ったアドバイスを蔑ろにするつもりはありません。
参考にしてより良い導きであったり、問題を防ぐこともあるでしょう!!
しかし、自分自身がそう言ったアドバイスを聞いてしまうと
どうしても弱い部分が出てしまいそうで怖さを感じる時があります。
自分で必要な限り、調べて、アドバイスをもらい、
自分がこれだというもので進みたいと思っています。

時代が変わった良い例と感じる四字熟語では
朝令暮改があると思います。
これは朝の指示が夕方には変わってしまうという
決して良い意味での四字熟語ではないようですが
今のご時世で言ったら夕方どころか
午前中に指示が情報によっては変わりかねませんね。
私の勝手な見解ですが、
そう言ったものは、統計の類のような気がします。
その時代の材料から統計的に可能性を手繰って
精度の高い答えを出したもののような気がします。
そうすると時代が変わるとその材料も変わってくるのですから
当然、統計的な答えも変わってくるのだと思います。
昔は科学的に示すことができなかったことも
どんどんと科学で証明できることが増えました。
そうすると時代時代に即した情報の中から
判断すべきではないかと感じてしまうのです。

これも私の狭き仮説の一つの答えですので
参考程度に聞いて頂けたら幸いですし、
なるほどそう言った考えもあると思ってもらえれば有り難いです。

先週はそんな一週間でした。
ではまた来週お会いしましょう!!