任せるとは

皆さん、こんにちは。
ブログ第233弾です。

この時期は、『卒業』をテーマとしたイベントが目白押しですね。
先週は下の息子の卒業式の話を書きましたが、
その卒業式もコロナの時代にあったやり方で
舞台で卒業の意を表明するのではなく、事前に録画したものの発表でした。
感慨深いものでした。
また、地元のサッカークラブも卒団式でした。
コーチからのコメントを読みましたが
4年生から入って、当時と比べて成長したことをたくさんコーチが書いてくれました。
親として、これほど嬉しいコメントはありません。
お世辞にもうまいとは言えない感じではありましたが
相手と接触するサッカーで
明るく楽しく最後までやり遂げてくれたことは
本当に嬉しかったです。
この冊子は彼にとって一生の宝物だと思います。
これからも挫折したりする時期もあると思いますが
自分で乗り越えたことを思い出してもらって
頑張ってもらいたいと思います。

さて、先週はある番組で外食チェーンの話をしていました。
色々と試食しながら新しいメニューを開発しているシーンで、
なぜか社長さんがゲストで出ているにも関わらず
試食のシーンではいませんでした。
聞いてみると、
以前、試食の時に開発担当者にコメントをしたら
『私は社長を満足させるために開発しているのではありません。
お客様を満足させるために開発しているのです。』
それ以来、その社長さんは新商品の試食会には出席せずに
任せているそうです。
私はそれを聞いた時に、確かに一理ある、
その通りだと思いましたが、
どれだけ本当のお客様の希望を想定し、できるかだと思いますし、
新商品は当然、当たり外れがありますから
誰が責任を取るかということになります。
もちろん、その会社さんはその担当の方に責任を取らせている
わけではないでしょう。
要はしっかり皆がお客様に向いている表れだと思いました。
責任の問題だけで言うと、
担当の方は責任を取りたくないから
社長決済の方が良いに決まっています。
しかし、現場に近い我々が一番お客様を見えているという
自負があるのでしょうし、
お客様に寄り添っているのだと感じ、素晴らしい文化だなぁと思いました。
私もかくありたいと思いました。
当然、最後の責任は社長でないと取れないですが、
そこを変に意識せずに前向きに
開発している姿に良い会社なんだろうなぁ~
一緒に仕事ができる機会があったらサイコーだろうなぁと
思いました。
先週はそんなことを思う週でした。
それではみなさん、また来週お会いしましょう!!

新たな発見

皆さん、こんにちは。
ブログ第232弾です。

先週は一番下の息子の卒業式でした。
早いものですね。
背丈も、妻を超えるくらいに大きくなってきました。
普段やっているサッカーの追い出し試合も見学してきましたが
やはり背が伸びているのを感じました。
中学に入ってもまた大変でしょうが、
持ち前の明るさで頑張ってもらいたいと思います。

さて、先週会社の女性が植栽をしてくれました。
会社の雰囲気を少しでも明るくしようとしてくれたのでしょう。
私の部屋にも隆々とした植木を置いてくれました。
緑が多くなると、少し気持ちが落ち着くような気がします。
やはり職場環境は大事ですね。
あまり花は得意ではありませんが、玄関のあたりにも花を植えてくれ、
見ているだけで和ませてくれます。
自ら職場の環境を良くしていこうという気持ちに感謝します。
ありがとうございます。

次は、新たに部長職として4月から頑張ってくれる人の話です。
急遽、その部署のトップになることになり、
本人は非常に戸惑ったことだと思います。
しかし、私から話をさせてもらった時には
静かに腹を決めてくれて、了承してくれました。
若い組織になり、また近しいリーダーの誕生で
良い意味でまた違った組織になると思いました。
私はこの時に嬉しかったのが、
その方の、顔が変わったこと、
歴史が変わった瞬間と言えば大袈裟かもしれませんが、
その方の変わっていく姿の一部始終を見ることができた事は
非常に社長冥利に尽きると思いました。
その後から色々とコミュニケーションを取らさせてもらっていますが、
他の管理者から祝福や応援メールが届いていたそうです。
それぞれが会社を思って動いていてくれて本当に涙が出そうな出来事でした。
社長なので、どうしても自分だけが会社のことを思っていると自負してしまいがちですが、
自分だけじゃない、そう言った思いにさせてくれるエピソードでした。
私もさらに『頑張らねば!!』です。
引き受けてくれた方、応援してくれた方、植栽をしてくれた方、
本当に感謝です。
4月から、またさらに皆さんと共に気合を入れてがんばります。
先週はそんな一週間でした。
では、また来週お会いしましょう!!

見方の難しさ

皆さん、こんにちは。
ブログ第231弾です。

うちの下の息子が今年、中学に上がるので、先週、スマホを買ってもらいました。
3人兄弟で最後にスマホが手に入ったので嬉しさも相当なものでしょう!!
息子がお気に入りのスマホをどんな感じでアレンジしているのか
気になったのでちょっと見せてもらいました。
そうしたら透明なカバーを使用していて、
そこに、何とパソコン上でトラックの絵を見つけてきて、
その絵に南日本のロゴ「MTLS」をホームページから見つけてきて
貼ったやつを印刷して切り取って、入れていました。
息子の会社愛にびっくりしました。
何かを感じてくれて、それをスマホに入れてくれていることに
嬉しさを感じました。
以前、息子二人と3人で中野本社までランニングしたときに
本社に着いたら、「お父さん、このビルは南日本のなの?」
「何フロア使っているの?」と質問されました。
これも何かを感じてくれての質問なのでしょう。
少しずつ、息子の成長を感じる瞬間でした。

さて、今週はいつも受けているオンライン英会話での出来事をお話ししたいと思います。
英会話の先生は2年ほど英語の指導をしてくれていて、娘も受けており
非常に仲良くさせてもらっています。
会社のこともある程度知っていてくれていて、今回のレッスンは討論のセッションでした。
質問は、
「あなたの知り合いが仕事に対してやる気がない場合、どうアドバイスをしますか?」
と聞かれました。
私は
「仕事を通しての達成感」や
「自己実現による幸福感、自分の居場所を見つけることができる」など説明しました。
レッスンの時は、それでセッションは終了しました。
そのあと、いつものシャドーイングをやった時にふと思いました。
シャドーイングというのは英語のリスニング強化のトレーニングで音声が流れた後に、
2、3語遅れて、その発音なり言い回しをマネすることで、
リスニング強化され、またスピーキングの発音も強化される勉強法です。
そのシャドーイングをやっている時に、
最初に音源の文字を見ながら、音と文字を突き合わせて確認をします。
その時は当然、文字を見ているのでそのように聞こえるのです。
しかし、いざ、音源だけになった途端、
小学生でも知っているような単語でも何を言っているのか分からなくなる時があります。
立場や視点が変わると本当に違うものが見えます。
それでふと気が付きました。
先ほどのアドバイスの質問も、自分の眼鏡というか文字が見えているかそのように聴こえているように、
自分がそう思っていたり、ある程度できているから、
「達成感」だとか「自己実現による幸福感」と言えるのだと思いました。
やる気がない人には何のアドバイスにもならないと気が付かされました。
もっと目線や目標を合わせて、耳を傾け、アドバイスをしなければならないと気づかされました。
どこかでそんな気持ちを薄々忘れてしまったのかな?と思いました。
まだ息子はこれから中学生ですが、
これから、南日本に対する思い、
奮闘なども多々あると思いますが、
彼を通して、気持ちを理解出来たらなと思いました。

先週はそんな一週間でした。

カリスマアーティストYoshiki

皆さん、こんにちは。
ブログ第230弾です。

皆さんご存じのとおり、私はゴルフを学生からずっとやっていますが、
長年やっている中で自分なりに、色々と試行錯誤してきていました。
その中で、最近息子に私のスイングをスマホでスロー録画してもらいました。
撮影してもらった動画を見て唖然としました。
目的(気持ち)はあっていたのですが、やり方?やりたい方向が自分の意図と
全く違っていて、ものすごく恥ずかしい思いをしました。

以前、英語で自分の声を聞いてようやく自分を見つめ直す機会を得たと
このブログで書きましたが
本当に自分のスイングを見たときは、見つめなおす機会とかではなく、
むしろ逆のことをやっていたぐらいのように感じがしました。
理想を理解していて、理想を追い求めていながらも
自分で見えているスコープが全く違っていました。
それは、うまく行くわけがないと思いました。

以前、ある女子プロゴルファーの方と一緒にプレーさせてもらった時
私がショットするたびに『やばい』とか不安な声を並べていました。
その割にはいい結果が出ていました。
そのプロからは修正能力が高いのですね。と言われましたが
その感というか、回数という経験で「なんとかやってこれた」という結果だったようです。
理想や目標も大切ですが、やはり目標から今の自分とのギャップを常に検証することが
今の自分をしっかり見つめることが大事だなと思いました。
その結果、まだまだできてはいないと思いますが、
自分を理解できたことで少しショットが安定してきました。
今の自分を理解することは大事ですね。
でもやはり良くない自分は見たくないものです。
自分はできているはずだと信じたいですから!
しかし、正しい努力が大事だとも改めて教えてもらいました。笑

さて、話は変わって先週テレビで見たことを話したいと思います。
テレビにX JapanのYoshikiさんが出ていており、
他には、ボイスパーカッションで活躍している人達と共演していました。

その方達が世界のYoshikiさんに何か質問があればと
司会者が聞いていました。
そうすると、そのメンバーの方達の一人が
『どうやったら世界で活躍することができますか?』と聞いていました。
そうするとYoshikiさんは
『躊躇しないこと』と言っていました。
まさに真理のように発言されていたように感じました。
いろんなチャンスがある中でまさにこれだと思いました。
しかし、言葉では簡単で、やはり躊躇するリスクを軽減するためにも
事前の準備が必要ではないかと思いました。
来たるチャンスを思って準備をしていれば
同じタイミングでチャンスが来ても
躊躇することなく『Yes』と言える可能性は高いと思います。
リスクを考えたときに、そもそも別で補えるリスク回避を考える場合と
事前に準備をしてリスクを回避する為に、精度をあげてチャンスに臨むことはあると思いますが、
事業家である以上、事前に準備して精度を上げていきたいものです。

しかし、会社の運営は生き物なので、やはりリスク回避を考える施策も十分必要でしょう。
ユニクロの柳井さんも『1勝9敗』という本を出されていますが、
その1勝をゲットできるための準備をしっかり行いと躊躇しないようできること
そして、躊躇しないように良い意味でリスク回避できていることが大事なような気がします。
いつどんなチャンスが来るか分からない。
だからこそ今の自分をしっかり見直していきたいと思いました。
だから、今の自分を見つめる=自分を受け入れることが
大事のような気がしました。(最初の話と繋がりました。笑)
チャンスなんてそうないですから
そう言ったことに対して自分を見つめることと
それを理解してしっかり準備していきたいと思います。

先週はそんな一週間でした。
また来週お会いしましょう!!

スキルよりも考え方

皆さん、こんにちは。
ブログ第229弾です。

先週、近くの公園まで子供たちと朝食を食べに行きがてらジョギングをしました。
往復4kmくらいの道のりで、娘は自転車で会話も弾みすごく楽しかったです。
息子二人とは池袋や中野まで行ったりとしていましたが、
娘は久しぶりでしたが期末試験を控えていることもあり、近場にしました。
帰りは四人で朝食をたべながら、私のお気に入りのアプリの話で盛り上がりました。
私の使用したアプリでもこんなに話が盛り上がるとは思っていませんでした。
(ほとんどいじられているようなものですが、汗)

何にせよ、やはりコミュニケーションは大事ですね。

さて、今回は考え方についてお話をしたいと思います。
前にもお話をしたかもしれませんが、
スキルもすごく大事なのですが、
考え方がしっかりしていて、初めてスキルが生きるような気がします。
かつてのヒトラーもそうかもしれません。
あれだけの統率能力がありながらも方向性(考え方)は見誤ったのだと思います。
私の知り合いのプロゴルファーも40歳前後の時に
『今の精神力というか考え方というか、それが20代の頃に備わっていれば
 もっと活躍できたと思う』と言っていました。
実は私も同感なのです。
前にも書いたかもしれませんが、私もゴルフは学生時代に比べて
明らかに今の方が上手いと思いますし、飛距離も伸びています。
当然、今の方が練習はしていませんから
考え方が変わってそれがゴルフに生きていると思います。
そうするとテクニックよりも考え方(方向性)が大事だと思います。

また、私の父親である会長を見てもいつもそう思います。
僭越ながら、いつも発想とか、その達成する方法に度肝を抜かれます。
また、会社のために、息子のために考慮してくれていろんな策を考えてくれたりもします。
そんな時に
『俺の発想はすごいだろう!!
 弁護士や税理士のような専門家でもこんな発想は浮かばない』と言われます。
確かにすごいと思いますが
やはり、会長のそうしてあげようと思う、その気持ちがそもそもすごいと思います。
普通ならそこまで考えてあげないと思います。
そうしてあげようと思う気持ちがスキルや発想を育んでいると思います。
そうした観点からも考え方(方向性)はやはり大事ですね。
私は徳川家康の長編小説(漫画)が好きでよく読みますが
やはり、人間エゴが邪魔してしまいます。
私も常日頃意識はしていますが、
以前お話ししたように、私がゴルフでスコアが悪いと会長から怒られます。
それも子を思う気持ちからの発言です。
そしてある方が言っていましたが
『博史さんは純粋なんだよ』
この言葉に集約されていて、ご本人にはあるべき崇高な目標なりビジョンがあるのだと思います。
それが考え方に宿り、スキルや発想に行きついているのだと思います。
学べることは本当にたくさんあると思います。
以前にも振れることなく、常に気持ちが中心であり続ける。
無心と言えるかもしれませんが、
考え方をしっかり持ち続け、そう常にありたいと思います。

先週はそんな一週間でした。

では、また来週お会いしましょう!!

久しぶりの再会

皆さん、こんにちは。
ブログ第228弾です。

先週、甥っ子と姪っ子と会って来ました。
姉が亡くなってから6年も経ちましたが
ずいぶんと成長をする姿に微笑ましく思い、
また、仲の良い姿に嬉しくも思いました。
二人はもう、自分自身の人生を切り開くために
目標がしっかり定まっていました。
逞しいものです。
全てが順風満帆とは行かないこともあるかと思うので
相談にのってあげられる環境を整えておきたいと思います。
本当に良い機会でした。

さて先週、以前弊社の担当だった銀行員の方が転職されて、
会長に挨拶に来てくださいました。
名前はもちろん覚えていましたが、懐かしく嬉しく感じました。
それもただの挨拶ではなく、
たまたま、弊社が大変お世話になっている取引先へ転職されたようでした。

転職された時は、その会社が弊社と取引があるとは知らなかったようです。
仕事を進めていく中で、取引関係があると知ってご挨拶に来てくれたようでした。
話を進めていると、前職で
2005年から弊社担当になって、
初めての大型物流センターの岩槻外食センター(当時)が建った翌年でした。
2005年と言えば、私が部長になった年でもあります。
また、久しぶりに会ったときに
その方から『17年前と社長は変わらないですね〜、お若い!!でも貫禄は出ましたね』
と言われました。
私は『成長していないのでしょう!!』なんて冗談を交わしながら会話をしていましたが、
17年前の私を知っていて、逆に今の私を知らない、
何か非常に嬉しさを感じました。
なぜなら、何もできなかったあの頃の自分を知っている人がいる。ということに
何か肩の力が降りたような感じがしました。
誤解を恐れずに言えば、昔と比べると、若くもっと雑な私を知っている人が減りました。
社内もそうですし、社外もです。
社長という私しか知らない方も増えてきました。
だからと言って、何も普段肩に力が入って業務を行なっているわけではありませんが
それでも当時の、それも当時しか知らない方と話すことは
言葉以上に懐かしく、そして何かホッとします。
手帳を見返して、当時を振り返る、
そうするとただ手帳を見返した以上に
当時のことが色々と思い出すことができました。
当時の私しか知らない方に会うと
自分でもそんな自分も居たなぁとという気持ちにさせてくれました。
環境が変わり、確実に自分も変わっているんだなぁとも感じさせてくれた
再会でした。
小さな歴史かもしれませんが
自分の中で、場面場面によってそれぞれの自分がいたということを
知ることができました。

先週は、そんな一週間でした。
その方にはご連絡頂いて本当にありがとうございました。
と、この場を借りて御礼を言わせてもらいます。
コロナ環境もあるのですが、
またお会いできることを楽しみにしたいと思います。

では、また来週お会いしましょう!!

息子からの質問

皆さん、こんにちは。
ブログ第227弾です。

蔓延防止がまた延期となりました。
ピークの時期から比べると若干下降気味のような気がしますが、
会社でも一部テレワークが始まっています。
業種で言うとなかなかテレワークが難しいですが
できる人がいるならなるべくできるように、
少しでも、感染予防に努めることが肝要かと思います。

先週、息子の学校で面談があったので付き添いで行ってきました。
街中も、蔓延防止が出る前よりは、人が少ないように感じました。
車も若干少ないですかね。
今月末から来月にかけて、感染者数が減ってくれれば良いですね。

さて、先日、下の息子と家まで歩いていると
『お父さん、大きいマンションとかって最初にすごくお金がかかるんでしょう?』
 家賃とかお金が入るのは後だから大変だよね!
 また、すぐに入るとも限らないのでやはり大変だよね。どうしているの?』
と聞かれました。
いろんなパターンはあるにせよ、会長の例で説明しました。

『おじいちゃんは若い頃から、お金を稼いでも
 決して贅沢せずに、来たるチャンスまでに
 お金を貯めていた。だから良い話が来たときでもすぐに決断できる。
 だから、持ってくる人もすぐに決めてくれると知ると
 また良い情報を持ってきてくれる』

少し話はそれてしまいましたが

『お金を貯めていて、それに見合った物件を買っているから
 ある程度、借り入れをしないでもできている。だから一生懸命働くことの大事さがあるんだよ』

とも話ました。
夜の夕食の時に
家族みんなに下の息子がいい話をしたと言いました。
そうすると娘が
『資金を入れるときに株が~』なんて言ってきました。
何かで勉強したらしく、会社を設立する場合と、ある案件に対する投資と
勘違いしていたようです。

入り口の段階でよくある勘違いのように感じましたが
しかし、息子が疑問に感じてくれていたこと
娘も今の生活に全く関係ないのに、頭の片隅に残ってくれていたことは
すごく嬉しく感じました。
教えていなくても、どこかで背中を見ていてくれているのかもしれません。
子供の成長とともにどんな課題を彼らに与えることができるか
少しずつ、彼らより先を進んだ課題を常に与えられるかが
私の今後の課題のようです。

以前、娘からは
『お父さんの会社は何をやっているかわかるけど、お父さんは何をやっているか、よくわからない』
と言われました。
今後はこういった題材を使って、
子供たちにしっかり私の仕事の内容や考えを伝えられたらと思います。

私の仕事も理解してもらえるし、彼らの勉強になるでしょうから
一石二鳥ですね。

先週はそんな一週間でした。

では、また来週お会いしましょう!!

気にしないこと

皆さん、こんにちは。
ブログ第226弾です。

左腿の調子もだいぶ良くなり、最近はまたランニングを再開しました。
休日は息子二人と一緒に池袋まで走りました。
三人で走った後、近くのお店で朝食を食べ、帰りは電車に乗って三人で帰り
楽しいひとときを過ごしました。
そんな中、上の息子との話のなかで、
学校のマラソン大会で5kmでしたが
17分で走ってきたそうです。
キロ3分20秒くらいでしょうか、
息子の早さにびっくりしました。
私はせいぜいキロ6分がやっとです。
息子の成長ぶりにまた驚いた瞬間でした。
今年、下の息子は中学に入るので、中学生活に慣れたら
新座まで走り電車で帰ってこられるようにしたいと思います。

さて、以前も書いたことがありますが、
私の父 会長もそうですが、あまり大安とか仏滅とか気にしません。
もちろん占いも気になりせん。
流石に会長のように『俺が決めた日が大安』とまでは言えませんが
やはり自分次第だと思っています。
仮にまだ、思った成果が出なかったり、
どうやっても成果が出ない時は、気分転換などをし、視野を広げるように
努めています。
それでも無理なら
仲間の力を借りるしかありません。
誰か助けてくれる人がいるでしょう!!
しかし、自分で前から責任を持って、助けてもらえる時を意識する必要はあるでしょう!!

私の嫁の実家のおじいちゃんは、風水など使った占いや相談所をやっていました。
当然、家を引っ越す時など、いろんなアドバイスをもらいました。
しかし、私はやはりそれありきで行くのはあまり好みません。
やはり、自分の色が出ないからです。
もちろんそう言ったアドバイスを蔑ろにするつもりはありません。
参考にしてより良い導きであったり、問題を防ぐこともあるでしょう!!
しかし、自分自身がそう言ったアドバイスを聞いてしまうと
どうしても弱い部分が出てしまいそうで怖さを感じる時があります。
自分で必要な限り、調べて、アドバイスをもらい、
自分がこれだというもので進みたいと思っています。

時代が変わった良い例と感じる四字熟語では
朝令暮改があると思います。
これは朝の指示が夕方には変わってしまうという
決して良い意味での四字熟語ではないようですが
今のご時世で言ったら夕方どころか
午前中に指示が情報によっては変わりかねませんね。
私の勝手な見解ですが、
そう言ったものは、統計の類のような気がします。
その時代の材料から統計的に可能性を手繰って
精度の高い答えを出したもののような気がします。
そうすると時代が変わるとその材料も変わってくるのですから
当然、統計的な答えも変わってくるのだと思います。
昔は科学的に示すことができなかったことも
どんどんと科学で証明できることが増えました。
そうすると時代時代に即した情報の中から
判断すべきではないかと感じてしまうのです。

これも私の狭き仮説の一つの答えですので
参考程度に聞いて頂けたら幸いですし、
なるほどそう言った考えもあると思ってもらえれば有り難いです。

先週はそんな一週間でした。
ではまた来週お会いしましょう!!

なりきる

皆さん、こんにちは。
ブログ第225弾です。

コロナが第6波に入り、爆発的な感染拡大を更新し一日の新規感染数が8万人を超えました。
何がなんだかわからなく、なぜここにきて
発生しているのかわかりませんが、
引き続き気をつけることと、抗体がある程度作用をすると
また違った環境になると聞いています。
良い方向へ向かっているのでしょうか?
引き続きしっかりと予防したいと思います。

さて、先週は娘が友達から
『お父さん何やっているの?』
と聞かれて、
『運送会社の社長をしている』と言ったらしいです。
その友達は『物流』、『大園』で調べて『南日本運輸倉庫』のホームページを探したようです。
そして、その友達が私のブログを見つけて、結構娘のことも書いているので
娘と同じ共通の話題もあったらしく、
LINE上で私のブログを貼り付けて、
会話をしていました。
私は『勝手に載せるんじゃない』と冗談で言いましたが
共通の話題とは言え、女子中学生のLINE上の話題にあげてもらえるのは嬉しいことです。

そういえば最近は物価の値上がりが多いですね。
我々の業界もガソリンの値上げや半導体の絡みで新車の入荷待ちなど
厳しい環境が続いています。
皆さんもテレビで見たかと思いますが
『うまい棒』が10円から12円に値上がりするという話題です。
それを見ていた娘が
『10円のままで少し量を減らしてくれたら良いのに〜』
と言っていました。
その話を聞きながら親バカながらしっかりしているなぁと
思いました。
私なんかは値上がりの大変さすら感じていなかったかも知れません。
やはり、子から学ぶべきものも多いですね。

さて、皆さん、ご存知かと思いますが、
KENJA GLOBALという番組というか経営者を紹介するサイトに、
僭越ながら登場させてもらいました。
私は昔からこういうことが苦手です。(偏見ですみません。)
自分の声を聞くのもあまり好きではありませんし、聞いたとき幻滅しました。
しかし、ここ何年かは英語の勉強でやはり
自分の発音や発話数など確認しなければならないので
聞く機会は多いですが、やはり照れます。
だからよくでている方が素晴らしいと思っています。
カラオケなどでも、なりきって周りを惹きつけるように
歌う方はすごいと思っています。
だからなんですかね?
私は俳優さんは、二枚目俳優よりも
味のある役者が好きですね。
ムロツヨシさんや佐藤二郎さん
國村隼さん、田辺誠一さん、など
あと亡くなってしまいましたけど大杉漣さんも

先日、ある方から
『大園さんは、あまり2代目というプレッシャーを感じていないように見えるし、
 いつも軸がぶれていないように思う』と言われました。
私は『プレッシャーを感じていないなんて、、、』と言いましたが
やはり、不器用なのだと思います。
器用に演じたり、習得したりするのが苦手なんだと思います。
それがもしかしたら軸がブレていなように見えるだけかも知れません。

皆さんは『なりきる』のは得意ですか?
それとも不器用ですか?

難しい話題ですね。またいろんな方とお会いして
また何かヒントを頂きましたら、
またこのブログに話題としてあげたいと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

出来ることへの集中

みなさん、こんにちは。
ブログ第224弾です。

オミクロン株が猛威を振るって
東京の感染者数が1万人を超え
全国でも5万人に達するという過去最大の数をたたき出しました。
ただ第5波の時と比べると
重症者は第5波の297人比べて12人と低いようです。
ただ、まだ鵜呑みにせずにしっかりと感染対策を行いながら
生活していくことが大事だと思います。

そんな中、最近は左の腿を痛めてしまい
好きなジョギングも今月に入ってから一度もできていません。
そのかわり、最近はウォーキングにハマっています。
ウォーキングのメリットは
・毎日行ってもあまり体に負担がない
・ランニングウェアに着替えなくても気軽に出来る
・朝で人も少ないのでながらウォーキングができる
という理由で習慣化しやすいです。

それとあいまってか、ヨガにもハマっています。
YouTubeを見ながら15分くらい手軽にやっています。
こちらも15分という短時間なので、習慣化しやすいです。
先ほどのコロナではないですが、やはり健康が第一です。
もちろんジョギングに戻れるといいのですが
習慣のパターンを見ながら最適な習慣を考えていきたいと思います。

さて、今週は『出来ることに集中する』をお話ししたいと思います。
みなさんご存知の通りに、仕事前や仕事後に英語の勉強をしています。
おかげさまでだいぶレベルアップもできて来て、難しい表現や単語に
出会う機会も増えてきました。
今までの経験でなんとなく、この単語はこういう意味だよなぁって
イメージが付いたのですが、最近出会う単語やフレーズはイメージがつかない場合があります。
いつも課題として、200くらいの単語を回しながら、暗記しようとしています。
しかし先ほども言ったように難しくイメージがつきづらいので、中々覚えることができませんでした。
そこで、もっと数を絞って集中しようとやり方を改善したら
、思った通り、回答の精度が上がってきました。
手ごたえを感じたのも束の間、
確かに解答率は上がったのですが、その単語を使って活用となるとまた別の次元に
なると気づきました。
やはりある程度、数を増やした中で、忘れながらも覚えているくらいの頻度も大切な事を
気付かされました。
いろいろなやり方がありますが、1つ1つ定着しないうちに次の課題をするのではなく、
しっかり定着させ、その経過をしっかり確認することが必要だと確信しました。

単に単語やフレーズの正答率ではなく、本当の目的は使える事ですので
しっかり目標をブレずに、目標から必要なやり方を考えることが大切だと
教えてもらいました。

先週はそんな一週間でした。
ではまた来週お会いしましょう!!