平成から令和

みなさん、こんにちは。
ブログ第82弾です。

さて、盆栽です。

《4月28日撮影》

《5月5日撮影》

如何でしょうか?松はずーっと変わりませんが、
紅葉は大分枯れてしまいました。

休み中に妻の両親と食事に行った先では
紅葉が綺麗に青々と咲いていましたので、少々残念です。

しかし初心者ですし、こういったこともあるでしょうから
諦めない気持ちで頑張ろうと思います。
そういった意味でこのブログでのアップも諦めない
気持ちになる一つだと思いますので、頑張りますし、
このように公表することは大事だと改めて思いました。

さて、5月1日から元号が平成から令和に変わり、
まずは世間の盛り上がりように非常に驚きました。
確かに思えばそうですよね。

今までは元号が変わるときはその前の
天皇陛下が亡くなったことを意味します。

とても喜んでいる場合ではないですが、
今回は自ら明仁天皇が退位され、新天皇が誕生したのですから
喜ばしいことと私も思う一人ではあります。

特に天皇陛下とは関係ないですが平成が
『失われた30年』と言われ、なかなか景気も本当の意味で
良くなったと感じることが難しい状況でしたので、
新しい令和に向かって希望を抱くことは非常に喜ばしいことだと思います。

そんななか非常に平成や令和に対するテレビ番組が
多かったと感じたのは私だけではないと思います。
私も非常に興味がわく番組はいくつかありました。

平成で言えば、バブルが弾けたあたりのこととや失われた仕事、
例えば平成はまだ『切符切り』や株式市場でエージェントが
手話みたいなやり方で売買の取引をやっていて、
今ではそれが無くなったことなど、平成に入り、
『ユーチューバー』などが台頭してきたことなど
懐かしさも感じながら見ていました。

また当時メディアを沸かし、
良く取り上げられていた折口さんなども出ていました。

また、時代が変わるということで、
改めて皇后雅子様の経歴を調べてみたりしました。

親子で外務省ということとアメリカに留学中に
全米で5%しかもらえない、優秀学生賞をとったり、
ハーバード大学に席をおいていたりと、
さすが天皇家の嫁として選ばれるだけの方だと思いました。

日本人でそんなすごい人がいるだけで勇気がわいてきます。

また、違うテレビでは今回の明仁天皇がなぜ事前に
退位をしたのかなど興味深い番組がありました。
遡ること大正の時代まで戻り、大正天皇は生まれた時から
病気がちで側室の子だったようですが、正室の方には
お子がいなく、大正天皇には兄弟がいましたが、男兄弟が
早くから亡くなってしまって、男一人だったようです。

また先ほども申し上げ、みなさんもご存じの通り、
大正天皇は非常に体が弱く、番組の中でも毎年の署名の中で
最後の方は字がかなり乱れていました。

食事をとるのもままならなかったようです。
それで次第に公務をとることもできなくなってきたので、
次の天皇になる、裕仁天皇が皇太子時代に摂政になった
背景があったようです。

当時は戦争などもあった時代ですし、
天皇のあり方もまったく違ったので、
摂政という役職への任命もあったのかと思いますが、
現代は天皇陛下は『国民の象徴』ですし、平成は戦争のない
時代でしたので、退位したという側面もあったと報じていました。

平成から令和になったことで平成という時代が改めて
理解することができましたし、
今までそれほど勉強していなかったこと、
興味があまり沸かなかったことでも
このきっかけで雅子様を改めて調べて見たり、
天皇家について調べてみたりと非常に勉強になる、一週間でした。

みなさんも出会いというか、影響を受けた状況を、
良いきっかけと捉え、興味をもっていろいろと
調べてみるのは如何でしょうか?

ではまた来週お会いしましょう!!

サッカー親子大会

みなさん、こんちには。
ブログ第81弾です。

さてまずは盆栽です。

4月21日撮影

 

4月28日撮影

如何でしょうか。先週は枯れてしまったこともあって、
外に1日中だしてみたりもしてみました。

嫁曰くは風で盆栽が倒れており、
部屋に入れておいてくれたようですが、せっかく先々週まで順調でしたので
いろいろと試行錯誤しながら取り組んでいきたいと思います。

子供もそうかもしれませんが、
やはり毎日気にしてあげることが大事だと思います。

さて、最近いろいろとイベントがありましたので
なかなか書けませんでしたが、何週間か前に息子が通っている
サッカー教室で親子サッカーのイベントがありました。

私はほとんどサッカーをやったことがないので、
気は進まなかったのですが、『出る』と発言したと
同時に子供が満面の笑顔で『ありがとう!!』と言われ、
やる気が出てきた同時にやはり実力はないので不安にもなりました。

でも子供の笑顔には勝てません。

さて、最初は下の息子の4年生チームとの対戦でしたが、
コートも私が知っているコートよりもかなり小さく、
また出場している子供も多かったですが、その親御さんも
多かったので比較的楽でした。

でも10分を二試合行いましたが、結構息も荒れ、
足もつらくなってきました。
4年生でもうまいのなんのと確か4対1で負けたと思います。
さすが普段からやっている子たちはうまいですね。

そして今度は上の息子達との試合でしたがコートも倍になり、
5年性の人数も少なかったのですが、それに比例して
親も5,6人ですごく大変でした。

それでも自分なり頑張りましたが、
また他のお父さんや、ましてやお母さんも経験者や
月1回くらい女性サッカーをやっているという事で驚きでした。

何回か自分なりうまいパスを出せたかと思っていたら
5年生からオフサイドがあるらしく、つい空いているスペースが
見えるとパスを出してしまい、何度かオフサイドにしてしまったので、
息子が『お父さん、オフサイドって知っている?』と言われたので
『バカって言ってんじゃない、三杉君(漫画キャプテン翼の選手)以来知っているわ!!』
と言ったら息子はキョトンとした顔をしていました。

そうですよね。
私が小学生時代の話ですから知る由もありません。

今までほとんどサッカーをやったことがないですが、
いいスポーツですね。あれだけハードに動きながら、
どこにパスを出すかなど瞬時に考えながらやらなければならないので、
頭にも体にも刺激的でした。

特に上の息子とのサッカーはコートが倍になり、
時間も10分が3試合だったので、すごく汗もかいて、
楽しい一日でした。

また機会があれば参加したいと思いましたが、
もう少しマラソン以外にも、瞬発系の運動もやっておいた方が
良いかなと思いました。

みなさんはいかがでしょうか?

ではまた来週お会いしましょう!!

南日本協力会2019春

みなさん、こんにちは。
ブログ第80弾です。

まずは盆栽です。

《4月14日撮影》

《4月21日撮影》

如何でしょうか?少し葉が枯れてきた感じですね。
日々水をあげていますが、こうやって写真を撮ると改めて
結構葉が枯れていることに気づかされました。

かといって手立てをしっているわけではないので
焦らずに日々水をあげながら育てられたらと思います。

何でも一緒ですね。少し悪くなるとすぐに焦ってしまい、
余計に何かしようとしてしまうときがあります。

すべては経験かもしれませんがやったことを記録にとどめながら
仮に違った結果に言った場合は行ったことの記録を見ながら
何がいけなかったのか検証する必要がありますね。

たいしたことはしていませんが、
このような盆栽でも得ることはありますね。
自然は学ぶことが多いですね。

さて、先週は南日本Gの協力会社さんとの会がありました。
日頃大変お世話になっている52社の会社さんに集まってもらいました。
今回は総会でしたので一年の振り返り、来期の予定を議案として提案し、
承認を頂いたり、私から南日本運輸倉庫のトレンドを発表させてもらったりしました。

今年の秋には先週のブログにも載せさせて頂きました
佐野藤岡の物流センターが立ち上がる予定がありますので、
その辺のお話もさせて頂きました。

そのあとは基調講演で、失敗についての第一人者の方に
講演を頂きました。なかなか面白い講演で失敗の改善策として、
注意を奮起する改善と仕組みとしての改善に大きな差がある
という内容でした。

また注意力というのは非常に視野が狭く、
また持続性がないと言うことで注意力に頼る改善は、
人間がやることなのでまた同じ失敗を繰り返す可能性が
高いということでした。

私も改めて勉強になった次第です。
その後は、懇親会ではみなさんと懇親を深めさせて頂き、
終了後、翌日のゴルフ会場の近くのホテルへ行き、
二次会となりました。

《協力会総会の様子》

翌日は、今回の協力会の参加メンバーとそれ以外に普段、
うちの会長を始め、南日本運輸倉庫が大変お世話になっております
方々も参加頂いて、ゴルフコンペが行われました。

総勢130名弱の参加で、遠く群馬までの地に参加してもらい、
感謝するばかりです。南日本運輸倉庫というよりは
太田双葉のために集まって頂いたようなものなので、
また今回は会長が所用で不在でしたのでオーナー(会長)
に成り代わり、お礼の挨拶を述べさせてもらいました。

相変わらず景品も豪華でたくさん出して頂いて、
非常に盛り上がりました。

最後は余った商品などを
ジャンケン大会の商品にさせて頂きました。
私自身が主催者側としてジャンケンに参加し、私に勝った人が
その商品をゲットできるのですが、今回は良い商品も
あったのでジャンケンする前に
『今回は私は本気で勝ちにいきますよ!!』
と宣言させてもらいましたが、
もちろん勝てるわけがありません。(笑)

今回も非常に協力会と懇親ゴルフで盛り上げて頂きました。
その分しっかりと協力会社さんたちと良い関係を
保てるように頑張っていきたいと改めて思いました。

《懇親ゴルフ》

また、帰りはうちの会社の者に送ってもらいましたが、
普段とはまた違った雰囲気の中で会話ができたので帰りも
有意義に過ごすことができました。

では、また来週お会いしましょう!!

開所式

みなさん、こんにちはブログ第79弾です。

まずは盆栽です。
«4月8日撮影»

《4月14日撮影》

如何でしょうか?

やはり大分青いところが増えてきました。

まだまだ水やりの加減とかは分かりませんが、今のところ上手くいっている感じです。庭のチューリップも咲き始めて楽しさが増してきます。

人間以外は大の苦手で、さらに育てるなんてと思っていましたが少しずつ楽しみが増して来ています。

また来週もお楽しみにしてください。

さて、先週は今建築中の南日本運輸倉庫の佐野物流センターの棟上げ式とJFNの仲間の園田陸運福岡新センターの開所式にお邪魔してきました。

まずは南日本運輸倉庫のセンターからですと

先週に棟上げ式がありました。私も何回か物流センターの建築に携わりましたが、棟上げ式は初めてでした。1月以来でしたので久々に見ると大分できてきたなぁ~という感想です。

少々概略を申し上げますと、敷地4000坪の建物の延べ床面積が3800坪と南日本運輸倉庫としては2番目に大きいセンターです。場所は東北道の佐野藤岡サービスエリアから下りて2分くらいの場所で高速沿いにあります。ちょうど佐野藤岡のサービスエリアの残り500mという看板の真横です。ちょうど壁もないのでまさに走行中でもよく見えます。通った時は是非ご確認頂ければと思います。

さて、もう一つの話題は我がJFNの九州のメンバーであります園田陸運さんの福岡新センターの開所式に行ってきました。

元々は福岡空港の前にセンターを構えられていたのですが、福岡空港の拡張工事の影響で移転を余儀なくされ、それを期に園田さんも拡張した新センターを建てられました。約3400坪のセンターで敷地は伺っておりませんが、表と裏にトラックバースが設置できるので非常に使い勝手の良いセンターに見えました。

また今回は人手不足を考慮していろんな思いが入った倉庫のようです。なるべく仕分けも機械を導入したり、下の写真を見て頂ければ分かりますが、休憩室を働いている人に考慮したり、もう一つの写真は休憩室という会議室というか、クリエイティブな部屋でした。
ちょうど写真の右側の黒い壁は黒板だそうです。形式にとらわれず自由な発想ができるような環境を見事に作り上げています。今回は非常に勉強になりました。我々も既存のセンターも含め、そういった視点をもったセンターを作り上げて行きたいと思います。

 

園田陸運福岡新センター⑧ また何が良いって、このセンターに携わる幹部の方たちのモチベーションの上がり具合半端なく、開所式で挨拶をされていましたが、非常に良い面構えでまさに魂を注入してくれるでしょう!!

もう倉庫の6割くらいはお客様が決まっているようで、先ほどご紹介した南日本の佐野センターはまだお客様が決まっていないので頑張らねばなりません。

先週はそんな物流センターの話題が豊富な一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

元号

みなさん、こんにちは。
ブログ第78弾です。

まずは今週の盆栽です。

《3月31日撮影》

《4月7日撮影》

紅葉の方ですが、少し葉が青々してきたように感じます。
来週はもっと青々していることを期待しながら
ぱっと見はあまり変化がないと思っていたのですが
改めて比較して見ると色が違いますね。定点観測は大事ですね。

さて先週は二つの出来事がありました。
一つが我が社の入社式、そして二つ目がみなさんのご存じの通り、
新しい元号が生まれました。

まずは入社式です。
今年は2名の高校生の子たちが入社してくれました。
初々しい姿に私も20数年前の自分の入社式を思い出し、
晴れ晴れしい気持ちになりました。

私もお祝いの挨拶をさせてもらい、
また新入社員の子たちが大人以上の年の差がある人たちと
時間を過ごすのに大変だろうと思い、今年から先輩社員にも
入ってもらい、また先輩社員として挨拶もしてもらいました。

3年前に入社してくれた社員ですが、
挨拶を聞いて成長したことを感じ取れて
いろんな意味で良い入社式でした。

さて次のお話が新元号の『令和』です。

私も非常に注目していた一人ですが発表を聞いて
意外も意外という感じでした。
(だからといって何か浮かんでいた訳ではありませんが、)

ただ『令和』と聞いてもピントイメージが
わきませんでした。

政府の発表では『人々が美しく心を寄せ合う中で、
文化が生まれ育つという意味が込められています』
という意味だそうです。

平成が『失われた30年』と言われていますが
新しい元号になったことで、この『美し心を寄せ合う』
を私も意識しながら生きて行きたいと思います。

そこでふと思ったのが元号にまつわる話で
元号のつく社名を調べてみました。
すぐに思いつくのは南日本運輸倉庫の
グループにもあります『昭和』のつく社名ですが、
明治以降で調べてみますと

明治の名のつく企業数  764社

大正の名のつく企業数  435社

昭和の名のつく企業数 2640社

平成の名のつく企業数 1270社

計5109社 2018年3月 東京商工リサーチの調べ

これを見て私自身驚いたのが明治よりも
平成の数が倍近くあるということでした。
明治という社名の定着が長くあるせいか、
明治の方が多いと思っていました。

平成が最新の元号で社名を変えたりすることも
多かったのでしょうか?元号の長さと必ずしも比例しないのですね。

これから『令和』という社名もどんどん増えてくるのでしょうね。

みなさんはこの結果でどんな感想だったでしょうか?

ではまた来週お会いしましょう!!

どちらが有効ですか?

みなさん、こんにちは。
ブログ第77弾です。

今週もまた盆栽のレポートをします。

こちらが先週もお伝えした3月24日撮影の盆栽です。

《3月24日撮影》

そして次が今週撮った盆栽です。

《3月31日撮影》

どうでしょうか?一瞬枯れてしまったように感じてしまいましたが、
これから青くなるそうです(ほんとかなぁ~)。

確かに買って家に届いてから青々したもの咲くのかと思ったら
赤い紅葉が咲いたので『あれっ?』と思っていました。
初めての経験ですのでなんとも言えませんがこれからもドキドキしながら
毎日育てて行きたいと思います。

どうであれ、常に関心を持ってあげること大事だと思います。
こちらも次週もお楽しみに、

さて今週はよく社内監査のようなチェックする時に「抜き打ち」と
「しっかり監査(チェック)する日を伝えた」場合のどちらが
良いかについて最近感じる事をお話ししたいと思います。

以前は良く「抜き打ち」が良い声を聞いてたように思います。
実際私も「抜き打ち」の方が見られる方は来た時、緊張感が走るでしょうし、
言われなくてもやらなくてはならないという観点から言うと、
「抜き打ち」は良い方法だと思いますし、
事前に告知してその場所に行くようでは、見られる側が
良く見せようとするので、あまり効果が薄いように感じられます。

しかし、最近思うのがむしろ事前に告知して、
見られる側が常日頃から良くしていく癖をつけて行く方が
大事のように感じてきました。

例えば環境などの監査だとすると、
しっかり綺麗な状態に保たれていることが一番の目的だと思います。

そうすると見ていなくてもやっているのは理想かもしれませんが、
人間はやはり怠惰な生き物ですので常チェックされている事の方が
良いかもしれません。

私も英語の学校で毎日勉強したことを報告するので、
知らずのうちに習慣がつき、いつの間にか、いろんな環境の変化が
ありながらも続けることができました。

また、抜き打ちですと『やらせる人』『やらされる人』と
相対する感じがありますが、チェックする日を伝えるやり方のほうが
一緒に改善する感が出ると思います。

私の見立てで言うとある程度、
定着するまでは頻度も含めて定期的に決めて、
もっと言うといつまでにこの目的を達成するか話し合い、
その上でどれくらいの頻度でお互いチェックする環境を作り、
定着した後か、徐々に慣れたきたレベルに来たときに、
変化をつける上でも『抜き打ち』が生きてくるような気がします。

どちらが良いということではなくどちらも大事で後は使い方のような気がします。
これだけの内容ですとまだ議論が足らずいろんな意見が出ると思います。

それが一番良いことだと思います。
どれも優劣つけがたいことで必ずメリットデメリットはあるはずです。
時代の環境や流行によっても変わるはずです。

牛丼チェーンの吉野家さんはあの有名な『はやいの、うまいの、安いの』
この三つの言葉は時代の環境に合わせて順番を変えているようです。
皆さんご存じでしたか?
また皆さんは今回のテーマは如何でしたでしょうか?

4月1日の昼頃、新しい元号が発表されます。
どんな名前になるのでしょうか?
またどんな時代になっていくのでしょうか?
(また元号については別途お話をしたいと思います)

いつも言っていますように常に時代の変化にアンテナをはって、
時代の変化において行かれないようにしたいと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

イチロー引退

皆さんこんにちはブログ第76弾です。

さて、先週からお伝えしております。My盆栽ですが
下の写真のように紅葉が大分育つようになりました。
あまりにもすぐに育ってしまったので
これからのレポートが少し自信がなくなりました。

さて、毎日の水やりのせいか、紅葉がだいぶ咲いてきました。
以前の写真と比べてみると一目瞭然です。

逆に松の方が心配になってきました。ただ今まで少し横着していまして、
盆栽のしたの受け皿に水を溜めて水やりをやっていました。
しかし特にコケは表面も大事だと言うことで、最近は霧吹きに戻して水をやっています。
松の方もまたコケが青々することを願いながら水やりをしています。

《3月17日撮影》

《3月24日撮影》

さて、今週はみなさんご存じの我らがイチロー選手が引退を発表され会見を行われました。

私はあまり野球は見ませんが、ニュースで言うと大リーグになるとすぐにテレビの前に行って
イチロー選手が出ないか見ていたことを覚えております。
歳も確か一つ上だということもあり、親近感もありましたが
それ以上に同世代でしかもスポーツでこれだけの活躍と
長きにわたってプレーされていたことに本当に自己管理、
セルフマネジメントがしっかりされていたのだなぁと本を読んだり、
記事を読んだりとその考え方や姿勢について随分と学ばさせて頂きました。
私はほとんどスポーツと言えばゴルフしかしませんが体に対する考え方も勉強になりました。

以前にもイチロー選手の考え方についてブログで記載させてもらいましたが、
本当にしっかりとその場その場を生きてきた証なんだろうと思いました。
だから深みが違うというコメントもありましたし、自分自身の目指すものに対して
一心不乱にできたことも事実ではないかと思いました。
また会見の中でやはり『悔いは全くない』というコメント、これもしっかり一歩一歩歩んできて、
さらに成果を出されたからのコメントだと思いますが、
恐らくイチロー選手は結果にはそれほど拘っておらず、
マラソンではないですが、一歩、そして一歩、気づいたら今の位置にいた。そんな感じだと思います。

私が一番印象に残っているイチロー選手の活躍は
やはりWBCの決勝の韓国戦で最後にヒットを打った場面です。
大リーグでも活躍した場面はたくさんあると思いますが、
例えば最多安打をうった瞬間などだと思います。
さすがのイチロー選手もそのときはあまり好調ではなく続いていた場面でしたので、
あのヒットは私も本当にうれしかったです。また勇気ももらいました。

今後はどんな場面で活躍されるか分かりませんが、第二ステージでまたイチロー節であったり、
その独特の思考で活躍をされることを期待しております。

そう考えると45歳でもまだまだ可能性は無限にあるのですね。

私ももっと頑張らねばという感じです。

ではまた来週お会いしましょう!!

 

友達

みなさん、こんにちは。
ブログ第75弾です。

実は先週からちょっとした盆栽を買いまして、
一つが『松』(これは実は2ヶ月前くらいに買いました)
そしてもう一つが『紅葉』です。

これからこのブログで成長ぶりもアップしようとしましたが、
妻から『植物とか育てるの得意じゃないんだから、
ブログにあげない方が良いよ!!』と
言われましたがあえて挑戦してみたいと思います。

最初の写真が先週の3月10日撮ったもので、
次の写真が3月17日に撮った写真です。

だいぶ紅葉の方が花というか芽が出て咲いているように感じませんか?

こういった比較で毎回みなさんにご紹介したいと思います。

さて、今回はプライベートの
話にさせてもらいたいと思います。

それも二つありまして、

一つが先週の週末は子供たちがスキー合宿に言っていたので静かな週末でした。
それを利用して初めて自転車で遠出をしようと思い、
荒川の土手に繰り出しました。

私の自転車はクロスバイクですが、
ロードバイクの方たちが颯爽とこいでいて、
緊張感の場面もありましたが、それよりも初めて
遠くに出ていることにすごくうれしさを感じながら漕いでいました。

走っていたときも走ってこんな遠くまできましたと
自己満足の世界でしたが、自転車はその何倍も遠くに
しかも自分の力でというところに魅力があるのだと思います。

また車で通ったところでも自転車だと景色が全く違うので
同じ道でも新鮮がありました。

自宅からですと赤羽付近から
荒川の土手に入ったのですが、午前中、妻の送迎をやる関係で、
それほど遠くには行けませんでしたが、今度は機会を見つけて
荒川の土手を利用して、葛西近くまでいけたらと思いました。

天気が良い日でこの時期は肌寒いくらいでしたので
すごく気持ち良く走ることができました。
当然事故には気をつけなければなりませんが、皆さんも如何でしょうか?

さて、二つ目は小学校や中学時代の友達が
先週家に遊びに来てくれました。

それぞれ皆さんは家庭を持っていますが一人で来てくれました。
スタートからすごく盛り上がり、私も笑いっぱなしでした。

小学校や中学の友達だと普段から考えると
非常に些細な内容ですが、すごく腹を抱えて笑ってしまったり、
また友達同士でもすごく些細な内容でお互い言い合ったりと
恐らく普段とは関係なく、そういった些細な内容かもしれませんが、
昔に戻ってそういったやりとりができる場所があるという事が
雰囲気を盛り上げると言いますか、
良い飲み会にさせてくれるだろうなと思いました。

例えば音楽でも昔の好きだった懐かしい曲を聴けば胸が弾んだり、
もしかすると涙を見せる場面があると思いますが、
古い友人とはそういったものであるかと改めて感じました。

私も5年前に社長を継がせてもらって少しでも会社のためにと
思いながら突き進んできましたが、こういった場も大事だなと
改めて実感しました。

昔の事を知ってくれる人がいる、
ましてやお互いに人には言いづらい事を話し合える友がいると
いうのは有り難いことなのかもしれません。

戻れる場所がある、非常に大事だと思います。
ましてや中学の頃は良く将来どうするんだと議論をしていました。
またそこにうちの会長も入ってくれて良くみんなで熱く語っていました。

だからこそ、楽しく恥ずかしい思い出もありますが、
やはり悩んだときも含めて戻れる場所があることは
私は幸せだと感じることができました。

皆さんはどうですか?
悩んだときや不安に思ったときに帰れる場所がありますか?

ではまた来週お会いしましょう!!

振り返り

みなさん、こんにちは。
ブログ第74弾です。

先週はお客様の物流パートナー会が二つほどあり、
参加させてもらいました。

一つはうちの会長が会の会長を仰せつかっていて、
もう一つの会はなぜか私が副会長を仰せつかっています。

まだ社長になって4年半なのでとてもそんな大役を仰せつかる
レベルではないのですが、なりたくてもなれない大役ですので、
去年から仰せつかっていますが感謝するばかりです。

さて、今回は「振り返り」というテーマでお話をしたいと思います。
みなさんもこの「振り返り」という言葉はご存じだと思いますし、私ももちろん知っています。

改めてネットで調べてみると中には『仕事の振り返りとは
「終えた仕事(または途中まで進めた仕事)の出来映え・
やり方の良し悪しを明らかにすること」です。』と書いてありました。
だいたい私の認識もそんな感じでした。

今回なんで『振り返り』という言葉が出てきたかと言いますと
自分で結構努力したりしているが空回りになることがあった時、
もともと欲張りな性格もあり、あれもやってこれもやってみたいな
感じで堂々巡りみたいなこともありました。

ただ諦めたりすることはないので周りからは『努力家』ですね~
なんて言われることもあったのですが、あるセッションでそんな話を
している時にふと思ったのが『自分自身はもっとこの今を真剣に生きていないな』と感じてしまいました。

『まだ自分ならこれができる』『まだやれる』聞こえは
良いかもしれませんが、そのとき気づいたことが
『ただ可能性に生きているだけで足下をしっかりとこなしていない』
また『それをしっかり振り返っていない』と感じた訳です。

自分をよく言えば『照れ』があり、なかなか自分を振り返ることを
しっかりとやっていませんでしたが、それをしていないから
『可能性に生きよう』としていたんだと思います。

ある意味その方がしっかり生きるよりも楽ですよね。
自分を卑下するつもりはありませんが、自分自身を『更新』せずに
『交換』しようとしていたのではないかと感じました。

『更新』であれば自分をしっかりと見つめ直し良い点は更に伸ばし、
悪い点は反省する、しかし『交換』、自分の事もろくに知らずに
『こうありたい』『あーありたい』と願望のようになっていたのではないかと感じました。

だから同じ時間でももっと深掘りできることがあるのではないか、
例えば英語の勉強もやっていますが、もっと集中できる場面、
最善の道に対して簡単ではないけどきちんと向き合う場面があったと反省した次第です。

そうすれば忙しい時間の中、タイムマネジメントも
もっとしっかりできるのではないかと感じました。

いままでも自分の声を録音し、聞くのが非常に苦手でした。
単に照れがあって自分の声を聞くのが嫌だったのですが、
どうであれ一度は聞いて見ること、自分がどんな位置にいるのか?
確認するだけでも非常に良い機会だったのだろうと感じました。

目の前の事に自分が感じた感想ではありますが、
目の前の事をやっていないから、自分自身の感性にも信じていない
部分があったのかなと思ってしまいました。

これからは正しいことも大事ですが、自分の肌感覚も大事にし、
特に今後はITやAIなどでますます機械化され、
デジタルな部分が多々出てくると思います。

画一的なことがますます増えることが多いと思いますが、
だからこそ差別化するという意味では個性をもっと大事にし、
常に感性を大事にし、感性を追求しながら、更新を行えればと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

業務立ち上げ

みなさん、こんにちは。
ブログ第73弾です。

最近、だいぶ陽気が暖かくなり、
以前のブログでも庭の梅が咲いたとお話をしましたが、
今回のこれから書くブログの中で立ち上げに顔を出したらうちの社員に
「梅のことを書くならちゃんと写真もアップしてくださいよ」と
クレームが入り遅くなりましたが、前回そのときにとった写真と
先週の日曜日にとった写真を載せたいと思います。

先週の梅は大分散ってきてしまったので、
桜へ移行する時期に来ているのかもしれません。

梅もきれいですが桜も綺麗ですね。

また、最近息子に付き合ってドラゴンボールのカードを売っている店に
一緒に行ってきました。

お店は池袋で、池袋は小さいときからの最寄りのターミナル駅だったので
よく来ましたが、こういったカードなどを売っている店に入るのは
生まれて初めてでした。

金額も多様ですごく高いものからと所狭しとおいてあって、
息子が選んでいる間や会計している間は待っている場所がありませんでした。

まさに居場所がないという感じでいた。
奥では何やら対戦をやっているようで
プロレスのようにアナウンスされていたりと、
独特雰囲気でしたが、あまり得意なほうではないのが私の感想でした。

さて、先週は我々の長くお取引をさせて頂いているある小売業様の移管業務と
またある小売業様の商品のカテゴリーが増えての業務量に対する
新規業務に値する業務が始まりました。

2日しか間が空いていなかったので同時に立ち上げのようなものでしたが、
社員たちがこの採用状況の環境が悪いなか、
良くそろえてくれたと感謝するばかりです。

実際現場のへ行きましたが、通常の営業所へ訪問する時とは別の雰囲気があり、
緊張感もあり、また社員のみなさんの違った顔が見れるのも楽しみに一つです。

現場には申し訳ないですがこのような緊張感のあることもたまには
必要なものかなと感じました。
今回の立ち上げに際して、人事異動などもあったので違う場所で
また社員のみなさんに会えるのも良いことですね。

新規業務や新天地ということでやはり顔が違いました。

私自身も社員のみなさんのあーいった顔が見れるように、
一緒に面白いことにチャレンジしていきたいなと感じました。

利益も大事ですが、会社の存在意義として、
せっかく会社があり、その会社に集まってくれる人たちがいるので、
その集まってくれた人たちと充実感を味わいながら、
存在価値を味わいながらやっていきたいと思いました。

そうでなくては、会社の必要性に疑問を感じてしまいますよね?
南日本運輸倉庫でなくてもよいのでは、と感じさせてしまいますよね?
決意新たにです。

ではまた来週お会いしましょう!!