先週の報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。
ブログ第124弾です。

以前書きましたように今年から正月の営業所周りをやめました。

働き方改革のひとつで、
さみしい気持ちもありましたが、
正月の営業所周りはやめ、その変わり、
もう少し営業所での滞在時間を増やし
内容を濃くしていくように考えました。

その営業所周りが先週からスタートしました。

先週は千葉方面の営業所を回りました。

私の中ではもう少し、
ビジネスライクな会話かと思っていましたが
みなさん、気軽にいろいろと会話をしてくれて、
私も和やかな雰囲気の中で会話をしました。

中には、もちろん仕事での相談もありましたが、
「営業所の入り口に花を育てているので
見てください。」と言われました。

私は妻からも花などに無頓着で、
家の庭で育てていても気づかないので
「私に言っても無理ですよ~」と話をしました。

でもその所長は「以前、盆栽育てていたじゃないですか?」と言われたので
「今度提供するから育ててください」とそんな会話をしました。

その日の夜、妻にそんな話をしたら
「やめときなさいよ~」と言われました。笑

さて、昨今で言うとコロナウィルスが猛威を振るっていますが、
まずは亡くなった方にはお悔やみ申し上げますし、
感染した方には早く元気になって頂けるよう願っております。

確かに重要な問題で感染することを考えると感染しないように、
自粛は大事な選択肢だと思います。

私の会社関連でも、先週、南日本運輸倉庫の協力会で
集まる予定でしたが、中止を選択させてもらいました。

先ほども書いたように、
このタイミングで必要でない事であれば、
自粛は大事な事だと思いますが、
先週、お客様の新年会に出席する場面がありました。

私も中止でないのかなと思いましたが、
予定通りと言うことで行ってみると、
受付の入り口からマスクを配ってくれたり、
立食でしたが各テーブルに大量の割り箸と
ウエットティッシュやアルコール除菌液が置いてあり、

バイキング形式でしたが、
レストランの方が手袋をして食事を取ってくれ、
感染しないようにという徹底さを感じることができました。

また、パーティ中は名刺交換も禁止でした。

交流という意味では交流してないのかもしれませんので、
ここまでして開催する意味はあったのかと思う方もいました。

採算までは分かりませんが、
あまりにも自粛自粛だと経済も停滞してしまいますし、
やることによって今回は経費倒れしたかもしれません。

ですが改善項目も見えてくるでしょうし、他の模範になって、
このようなコロナウィルスの環境でもしっかりと
開催できる明るい材料になるでしょう!!

否定から入ることは大事だと思います。
その中でもどうやったら出来るのか?
ただ使命感だけでなく、きちんと継続出来る内容での開催だったのかを
きちんと考える、良い機会だったと思います。

確かにこれだけの方が亡くなっていますし、
不謹慎な話かもしれませんが、自粛、禁止ということで
生活に支障をきたしている方がいるのも事実です。

難しい問題ではありますが、みんなで安全を考慮しながら
知恵を絞って開催できるようにしたいものです。

テレビを見ているとある感染症の先生は
「あとで笑い話させるのが我々の使命」と仰っていました。

まさにそうだと思います。

みなさんは如何でしょうか?

ではまた来週お会いしましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*