別れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。
ブログ第197弾です。

緊急事態宣言が発令されてから
東京は感染者が1000人を超える日が続いております。
そんな中、神奈川県は独自の発令をやろうとしています。
なかなか、打開策が決定打にいたっておらず、
このままオリンピックを迎えようとしていますが、
開催後には1日の感染者数が、2000人を超える予想もされているようです。
会場など人数制限しているように、
お店も平米数あたり何人までなどの制限すれば営業しても良い
というようには出来ないのでしょうか?

言うほど簡単ではないことは重々承知していますが、
Withコロナとどう付き合っていくか、
共存できる方法をいろいろ模索できるようにしていきたいものです。
管総理は、11月頃までにワクチンが日本でも国民全員に行き渡ると発言しており、
「11月」というゴールが見えていれば、
今までとは違い、なんとか耐える事もできると思います。
一人一人もう少しの我慢ですね!

さて、先日は私が学生の時から
大変お世話になっている方がお亡くなりなりました。
62歳でした。学生の時にある方の紹介で知り合いました。

当時いわばカリスマ美容師の先駆けの方!
美容院を経営されていて、すごい方だったのですが、
当時からすごく可愛がってくれていて、週一回の定休日しかないのに、
奥様と三人で良く、ゴルフの練習に行ったり会食に誘ってもらったり、
私がご夫婦のせっかくの休みの日のデートを邪魔しているようでした。
奥様は全くゴルフをやらないのに、
いつも練習場の椅子に座って私たちが練習している間は、
ずっと小説を読んでおり私が申し訳なく思い、
いろいろ話しかけるといつも笑顔で「大丈夫よ」と言ってくれていました。
その後、女の子が産まれて、私も抱っこをさせてもらったことを今でも覚えています。
また、学生時代もその方主催のゴルフコンペも誘っていただき、
いろんな方を紹介してもらいました。
職種は多岐にわたっていましたが、飲食店の方が多かったように思います。
そこに私の大学のゴルフ部の後輩も参加させてもらったり、
楽しい時期を過ごす事ができました。
いよいよ就職、私は大阪に修行として行く事となり、
少し遠のいてしまいましたが、それでもたまに東京に戻ると
ゴルフコンペなどに参加させてもらったりしました。

月日がたち東京に戻っても、仕事で忙しく、
だんだん責任が増えてきたところから、
殆ど会わなくなってしまいました。

それからしばらく経った今、
このような訃報をこんなに早く聞くとは思いもしませんでした。
大変お世話になったにも関わらず、
このような形でのお別れは本当に申し訳ないと心から反省した次第です。

そんな中、彼を通じて知り合った方々と久しぶりにお会い、
昔話に花を咲かせる中、彼からのプレゼントなのか、
もっとがんばれと背中を押してくれたのか、
また新たなチャンスを頂いたりもしました。

また、いつでも会うことができるだろうと思った慢心で
再会できなかった後悔を心に刻んで、
これからもそのような事がないように
和を大切にして行きたいと改めて思いました。

先週はそんな週でした。

では、またお会いしましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。