当事者意識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。
ブログ199弾です。

先週2回目のワクチンを接種しました。
副反応がどうでるか正直ドキドキでしていましたが、
特に問題なく次の日も終えることができました。
懸念材料として受けない方も多いと聞きますが、
少しでも受ける方の参考になればと思います。

また先週はいろいろ盛りだくさんで、花を頂きました。
私は、ひまわりが大好きなのでとっても嬉しかったです。

そんな中、家で面白いことが起きました。
家のテーブルの上にリコーダーを洗浄する棒が置いてありました。
置きっぱなしだったので、誰が置いたのか?みんなに聞きました。
誰も覚えていないらしく、誰も返事をしませんでした。
そうしたら、息子の一人が(名誉のために特定しません)
『棒に大園って書いてあるよ』と言いました。
『何言っているんだ!ここに居るのは全員大園だよ』
と私は言いました。学校にいたと勘違いしたのか、びっくりしました。
私は『みんな毎週名探偵コナンを見ている割にはだめだなぁ〜』と言いました。
そんな出来事がありました。

さて、今回は当事者意識についてお話をしたいと思います。
これは以前も書いたと思いますが、改めて考えたいと思います。
私は7年前に社長になりました。
それまでは、今でも優秀な幹部の人たちに隠れて日々の仕事をしていたような気がします。
社長になって、もう後ろがないと思ったのか、

そこから自分で考え、
自分で徐々に行動におこし、

そこから出来てきたかのように感じています。
そんな自分の経験を踏まえると、
例えば、会社のことが何よりも大切で、
今すぐ行動しなければ会社が駄目になると思えば、
気がついたら行動しているというのが実感でした。

だって、そうですよね。
自分の大切な人が目の前で倒れていたりしたら、一目散に助けに行きますよね?

以前、まだ私が課長ぐらいの時に、会長と一緒に車に乗っていました。
私が運転していたのですが、国道を走っていると会長が
『おい、車停めろ!!』と言われました。
私は驚きながらすぐに車を停めました。
そしたら、私は全く気づいていなかったのですが
歩道で自転車に乗っていた女性が転んでいました。
すぐに会長は助けに行き、無事になにごともなく終わりました。
その時はあまり思わなかったですが、
後になって、会長は何時でも何でも自分事のように考えてくれる
すごく優しい人だと改めて感じました。

しかし、逆を言えば何でも自分ごとのように考え、
常に当事者意識があるので、知識も豊富ですし、
対応力がめちゃめちゃあるので
ここまでの会社に引っ張って来れたのだと思いました。

そう言ったことを隣で経験させてくれたこと、
社長として追い込まれてことで、会長ほどではないですが
徐々に行動出来ているのではと思っています。
ですので、私は誰でもそう言った意識、目線になれば
出来ると思っていますし、経験を積めば才能が開花してくると思っています。

これは誰がどうのこうのではなく、
意識の問題だと思っています。
しかし、所詮、私の一人の経験でしかないのか
なかなか、この経験を伝える事が出来ていません。
私は先程の経験から、誰しも持っている、持ち合わせている才能だと思っています。
大切な人が倒れていれば、助けるし、
大切な人がいれば常にその人を考えているし、
どうしたらもっと良くなるか考えるし、
話も集中して聞くはずです。

しかしこれはきれい事なのでしょうか?
視えているものが違うのでしょうか?
意識が変われば、それぞれの経験の中であったものの点と点がつながり、
面になって、網のようにつながって
抜け漏れのない、しっかりとした脇の甘くない
考え方が構築されていくのだと思います。

最初は人から教わったものかも知れませんが
知らず知らずのうちに取捨選択して
オリジナルなものに変わっていくのではないでしょうか?
まさに守破離の世界だと思います。
そのためにも今日は自分が出来ているかのようにあえて書かせて貰いましたが
これはあくまでもご理解頂くために書いたとご理解ください。
自分自身、いまこの時も、相変わらず試行錯誤の連続です。
しかし、試行錯誤でも自分事のように考えて行くことで
試行錯誤も生きて行くのだと思います。
頑張っている自分に対する言い訳かも知れません。笑
でも少しでも出来ると何倍も楽しいですよ!!

では、また来週お会いしましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。