mtlsblog

営業所周りや慰労

皆さん、こんにちは。
ブログ第137弾です。

コロナウィルスもだいぶ落ち着きを見せてきたようですが、
そんな中、日本は海外から見て異様に見えているそうです。
ロックダウンしたわけではないですし、
医療が充分整っているわけでもなく、
そうするとやはり日本人の習慣に理由があるような気がします。
手洗いをしっかりするでしょうし、
比較的各自が予防に対する意識が高いような気がします。
また公衆衛生のレベルが非常に高いようです。
その辺が他の国に比べて感染者が少ない理由なのではないかと思います。

さて、先週は2つイベントがありました。

コロナの影響の中、従業員の方が本当に頑張ってくれています。
その労に報いようと、対象従業員に慰労金を配らせていただきました。
総勢1957人でした。
子会社の昭和冷凍は独自でやったようなので、
合わせると2000人を超えます。
またその慰労金には、手前味噌ですが
手紙をパソコンで作成し、印刷した後に
下の方に全員分のメッセージと署名をしました。
流石に1957名分は大変でしたが、
そこで気づいた事が、もちろん汚い字では失礼なので気をつけましたが
量が多いだけに変に綺麗に書こうとせずに
自分では気楽にそれなりの字で書けたということでした。
この量の多さが変な意識をかき消してくれて、
結果スムーズに書く事ができました。
こう言ったことは何事にも大事ですね。

私がやるゴルフでもそうですし、
変にスイングばかり意識しすぎては
力が入りすぎて良い結果になりませんし、
だからと言って綺麗なスイングを心がけなければ
良い球が出るわけがありません。

こう言った良い意味で気楽にスムーズに物事を進められる境地
と言ったら良いのかわかりませんが
何事でもその境地に行き着く事が大事だと思いました。
そうするとやはりある程度量をこなさないと、
その境地のスタートラインに立てないのかも知れません。

また4月に、自社の組織を変えて各営業所がエリア制になりました。
そのエリアを統括するメンバーは戸田在籍ではなく、
各エリアの拠点に移動したので、状況などを見に行きました。
初めての試みなのでいろいろと課題はあるものの、
みなさんはいろいろと自分の戦略を私に語ってくれました。
アピールもあるのでしょうが、
やはり自ら自分の考えを話してくれることは非常に嬉しいことであります。
私よりも当然、現場に近い人たちなので、
私もサポートをして具現化できるようにしていければ
もっと会社も良くなっていくのではないかと感じました。

まだまだスタートしたばかりです。
常にアンテナを張りつつ、頑張って行きたいと思いました。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

有難い

皆さんこんにちは。
ブログ第136弾です。

最近如何お過ごしでしょうか?

妻からは、こんなに毎日家にいるのは
「結婚してから初めて」と言われましたが
うちの家庭以外でも同じことが起きていると話をしました。
「なるほど」と言っていましたが、
家庭だけでなく、会社でも
お客様のところへ行くこともよほどでない限り無くなり、
また電車での移動も全く無くなってしまったので
殆ど歩くことがなくなりました。
そのおかげでだいぶ太ってしまいました。

戸田の事務所に行き、
上着を脱ぐと社員が私の体を見ているのがよく分かります。
それだけ太ったという事でしょう。

そこで最近は自転車で会社へ行くことにしました。
交通事故など心配してくれる方もいますが、
殆ど車の通らない広い道を選んだり
(かえってその方が通勤時間も短縮していました。)
元々そんなにスピードを出せるわけでもなく、
またものすごくビビりなので気をつけながら運転しています。
多いと1日20km以上乗りますが、しんどい割には思ったほど効果がありません。
ですのでまたこの週末からジョギングに戻しました。

さて、先週は緊急事態宣言が一部の地域で緩和されました。
少しずつでも進捗がある事は良いことですが、
こうなると感じるのがやはり「有り難い」という言葉です。

私の好きな言葉の一つで、
私の解釈としては、
常に同じ状態であることは難しい。
世の中もすぐに変化してしてしまう。
だから「有ることが難しい」

だからそんな時は「有り難い」と思ってしまいます。

TVでも営業再開されたお店さんも
本当にうれしそうでした。
まさに「有り難い」だと思います。
感謝もしたくなるし、謙虚にもなれるし
素直にもなれると思います。

私はまだその域には行っていませんが、
ある方は朝起きると「有り難い」と思うそうです。
今日もまた朝が迎えられて「有り難い」と思うそうです。

私は日々日記をつけていますが、
今日この「有り難い」という内容を書いたことによって
また日記もブラッシュアップしていきたいです。

みなさん、いかがでしょうか。

ではまた来週お会いしましょう!!

コロナによって

みなさん、こんにちは。
ブログ第135弾です。

最近少しずつコロナの感染者も減ってきているようですが、
ゼロまでには至っていません。
我々国民もこのさきどうなるのか、
もどかしさが出てしまうと思います。

そんな中で、レムデシビルが厚生労働省に認可されました。
このような明るいニュースが続けば、
気持ち的にももう少し我慢してみようかという気持ちになると思います。

私も自宅待機ということで最近娘が学校から送られてきた
ユーチューブの「痩せるダンス」を始めました。
なかなかの運動量で良いエクササイズになっていますが、
最近は自分でお気に入りのダンスを朝や家に帰ってきてから
10分から20分くらい行っています。
ダンスはあまりやったことがなく、
自分のリズム感のなさに驚きですが
これも繰り返していくうちに、
徐々にできるようになってきました。

自分の中でダンスなんか全く畑違いでしたし、
リズム感も全くないと思っていました。
ダンスという華やかな世界は全く場違いと思っていました。
しかしやってみると以外と楽しく、
自分でもできるダンスもあるんだと思いました。

正に災い転じて福と成すではありませんが、
良い驚きでした。
皆さんもこのコロナの機会に
新たな事をやってみては如何でしょうか?

今週は短いですが、
また来週お会いしましょう!!

60%と腹八分目【後半】

みなさんん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?
ブログ第134弾です。

最近コロナの影響もあり、休みの日は私は毎週、車の洗車をしています。
ちょうど平日のどこかで雨が降るので、定期的に洗車をするようになりました。
子供たちにも手伝いをしてくれています。
結構、子供たちも楽しんでいる様子で、楽しく共同作業を行っています。
お恥ずかしい話ですが、完ぺきに100%終わったと思っても、
ミラーの下やドアの下、あとはフェンダーや後ろの下あたりなど
拭き残しがあり、詰めの甘さや全体を通してどういう手順でやれば良いかなど
頭の体操にもなり、私も知ったかぶって子供たちに教えています。

またコロナの影響でみなさんもご存知の通り、
経済活動がかなり自粛となっています。
そんな中で皮肉なのが、空気がきれいになっているようです。
ロサンゼルスではPM2.5が40%減、
インドでは汚染レベルが13分の1以下と、
かなり空気がきれいなっているようです。 
今まで見えなかったヒマラヤ山脈も見えているそうです。

前のブログにも書きましたが、
経済活動と自然環境を同時に考えていかなければならないなと改めて思います。

さて、今週は先週の続きで、
先週は60%の話をさせてもらいましたが、
今週は腹八分目の話をさせて頂きたいと思います。

腹八分目と聞くと、食事の際に
本当はもっと食べたいのに8分目で抑えることを意味していると思います。
健康に良いことですし、食料も軽減できますし、
ましてや自分に対して、律することで、良い習慣を生むことにもなると思います。
そうすると食事だけでなく、
それにまつわるものも徐々に良い方向へ向かっていくでしょう!!

そんな八分目ですが、
仕事ではどういったことが言えるでしょうか?

先ほど洗車ではないですが、徹底力に例えられると思います。
車は当然、洗車したからには100%綺麗にするべきですが、
こと事業に関したらどうでしょうか?
もちろん100%は大事で、8割が良いかはわかりませんが、
100%見せておきながら8割ないし9割まで下げることが検討できる
余力が必要のような気がします。

なぜそんなことを言うかと言うと、
例えが決して比較にならないかもしれませんが、
私の好きな歴史の本では、100%若しくは100%以上のことをしてしまうと
必ずと言っていいほど
しっぺ返しをもらっています。

かの豊臣秀吉も、小田原攻めのときは圧倒的な軍事力を見せながらも、
最後は戦争らしい戦争もせずに、
最後まで主戦論者だった主犯だけを切腹させて終わっていました。
さんざん上洛の催促をしたにもかかわらず、
断ってきたのですから豊臣秀吉としては
気持ちが収まらないでしょう!!
しかしそのようなことはしていません。
おそらく準備やそこにかけるものは100%行うのでしょうが、
(話の中でも大軍で北条氏を囲んでおきながら、
それでもさらに寝返り工作もしていたようです。)
いざ降参するとなると決して100%まで行っていません。

戦争と事業は違うという声も聞こえてきそうですが、、
私は程度と気持ちの問題だと思っています。

戦争は確かに一回きりではありますが、
終わった後の継続や経済の発展を考えれば当然、
100%完膚なきまでにやることは必要であるか考えるべきだと思います。

味方のモチベーションもありますので、
もちろん100%最善を尽くすことは大事ですが、
やはり、最後は余力を検討できるだけの気持ちのゆとりが大事だと思います。
相手や周りには100%もしくは100%以上の熱意をもって行動をしながらも
最後はある程度な妥協点を持っておくことも大事でしょう!!

腹八分目も健康を維持し、
生活を続けていく上で大事ですが、
事業の運営でも腹八分目くらいの精神で運営を行えば、
逆に今回のコロナではないですが、
何かあったときにより柔軟に対応できると思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

60%と腹八分目

みなさん、こんにちは。
ブログ第133弾です。

如何お過ごしでしょうか?

以前、コロナ対策として手を洗いすぎている話をしました。
相変わらず気をつけながら洗っていますが、
最近は手が荒れたり、アカギレすることが無くなってきました。

ドラゴンボールの戦士たちが負傷したあとに更に強くなって回復している
シーンがありますが、それに似た現象で肌が強くなった気がします。
改めて人間は良く出来ているなぁ~と感じました。

話は少し変わりますが、コロナの影響で最近は車通勤をしており、
またお客様へ行く用事も自粛となり、体重が増えてきました。
ただ外食もしないし、最近週三回ランニングしたりしているので
なぜ増えたかと思いましたが、やはりランニングしていても
電車通勤時と全く運動量が違いました。

歩くときは週で140,000歩歩くこともありますが、
ここ最近では週に60,000歩しか歩いていません。
これが原因かと思い、最近は歩くようにしています。

また少し、運動量に合わせて食事も制限するように心がけています。
俗に言う、腹八分目です。
食べるのが大好きなので、出来たら沢山運動をして、
その分好きなものを好きな量だけ食べたいのですが、
歳も重ねていますのでやはり気をつけなければなりません。
若いときとは違いますね。

その腹八分目ですが、仕事についての腹八分目の話をしたいと思います。

仕事ではチャンスをつかむ事が非常に大事だと
どの本でも言われていますし、私も非常に同感です。
まずはチャンスを掴むための準備が出来ていないと意味がありません。

ではどのタイミングで行動を起こすかと言えば、
タイミングを逃すと準備が目的になってしまい、
準備ばかりしていて、何のための準備が分からなくなってしまいます。

私も尊敬する経営者の一人である、孫さんは
60%の成功確率であれば即実行と仰っています。
せっかちな私でも60%は少々早いような気がしますが、
そこはやはり流石孫さんと言わざるを得ないと思います。
私も常にこの孫さんの言葉を意識して、実行したいと思います。

恐らく世界標準で言えばそれくらいのスピード感が必要なのかもしれません。
私は競馬をしませんが、よく決断の中身というかスキームを競馬に例えます。

あくまでも私の主観ですが、孫さんや私の会社の会長はレースが始まると
第1コーナーで誰が勝つか(イコールどの事業の投資したら良いか?または決断したら良いか?)
分かってしまうのでしょう!!(パドックで既に分かってしまうのかもしれませんが)

ところが私みたいな凡人は、
第4コーナーのゴール間際にならないと誰が勝つか判断が着かないのです。
これは歴然とした差であります。
だからは私はその差を埋めるために、仕組みを導入したり、基幹システムを導入したりすることで
私でも第一コーナーもしくはパドックでも理解できるようにしていくことが大事だと思っています。

そうすれば周りからは私も60%くらいで決断できる経営者に見えるかもしれません。笑

これから益々スピードが大事になってきています。
時間資本主義なんて言葉も出ているくらいです。
新しい技術や手法が生まれてもすぐにコモディティ化して陳腐化してしまいます。
中々差別化が難しいです。すぐにまねされてしまう状態です。
そうすると、他社に真似されづらい、組織力が大事だと思います。
組織力があがり、スピードが上がれば中々真似されづらいのだと思います。
今週は前半部分として実行するまでのスピードについてお話をさせて頂きました。

次週は実行した後の、結果を残すまでの中で私が考える腹八分目について
お話をしたいと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

コロナの影響Part3

みなさん、こんにちは。
ブログ第132弾です。

みなさん、その後如何お過ごしでしょうか?
相変わらずコロナが猛威をふるっています。
先週は全国に緊急宣言がでましたし、
東京は感染者が200人を超えました。
収まる様子がありません。
もっと早く緊急宣言が出されたほうがよかったと思います。

混乱を避けるためであったことや、
世界と比べると感染者が少ないということもあったと思いますが
世界の数が比較に値する数とは私は思えませんし、
日本人は昔からゆでガエル的な所がありますので
早いうちに強制したほうがよかったと思います。
そのかわり日本人はそのあたりの順応性はピカ一だと思います。
ここの諸条件はあると思いますが、早く決定を下してもらって
早く収束すれば、結果的に費用や被害も少なくなると思います。
あとはどれだけ責任をとれるかの決断だけのような気がします。

ちょっと話がそれますが、
先週薬局に別の用事で買い物に行くと、
アルコール除菌液が売っていました。
それもアルコール濃度が75%でした。

先週のブログでは、65%以上でないとコロナが死滅しないそうです。
とお伝えしましたが、
アルコール濃度が高いと火気の危険性もあるので気をつけたいと思います。
まだ、65%のものが残っているのでまたその報告は後にしたいと思います。
65%でもけっこう咽るのでちょっと心配です。

さて、先週の新聞記事にWHOの話題が載っていました。
コロナ発生の初段階でWHOが中国の対応を賞賛したこと、
アメリカが入国制限をしようとしたことに対して
WHOが反対をしたことなどが載っていました。

なぜ載ったかと言いますと、記事によると
WHOの事務総長のテドロス氏の母国エチオピアは中国から多大な資金提供を受けていて
そこに便宜を図ったという内容で
トランプ大統領はそこを指摘し、
WHOには資金提供しないと表明したからです。

前回のブログでニューヨークのコーネル病院の
デビット博士の映像を共有させてもらいましたが
この映像を提供してくれた番組でも約1ヶ月前の番組で、
テドロス氏の事をあげていて
恣意的な部分があると指摘していました。

本当の事は私では知る由もないですが、
この内容が事実だとすると恐ろしいことでありますし、
やはりその方の発言の背景を知ることは非常に大事だと改めて感じました。

ただその方の言っている事が良いとか悪いではなく、
その発言に至ったプロセスや背景を
しっかり認識しておく事が大事だと思いますし、
重要な方の発言であれば尚更だと思います。

政治の方であればだれが支援者であるか、
番組であればスポンサーは誰か、
会社であれば、お客様は、株主は、影響力のある方は誰かと、知っておいた方が
理解しやすいし、信憑性もよりはっきりすると思います。

本当かどうかは知りませんが、WHOという世界の感染などに関して
公平な立場で発言をしなければならない立場でも
そのような事があるとなると、そう言ったモノを理解しながら(性善説、性悪説関係なく)
冷静な目で見なければならないと思います。

私からすれば大人の世界に感じてしまうこともありますが、
それが我々の生活に大きく影響をするわけですから、
しっかり見極めて行かなければならないですね。

ではまた来週お会いしましょう!!

コロナの影響 part2

みなさん、こんにちは。
ブログ第131弾です。

まだまだ油断できないコロナですが、
先週は緊急宣言が発令されました。

特に変わったように感じませんでしたが、
して良い事と行けない事が
より明確になったことは非常に良い事だと思います。

また、コロナの終息が第一の目的であるはずですし、
目的であれば皆さんが自粛しようと本当に思ってもらえる事が大事です。

実際の生活もあるわけですから、
気持ちでは思っていても、生活をしなければいけないですから
自然と活動は起きてしまうものと思います。
しっかりとした補償があれば、
国民もより自粛しやすいのではないかと思います。

そんななかで、ニュースを見ていたときに
「お父さん、これだけ店が閉まったりしていると
お父さんの会社の売上は減ってしまうの?」と息子から質問がありました。

質問の中身は少々短絡的な所もありますが、
非常に良い質問だと思ったので、なぜそう思うのか聞くと
「お店が閉まればモノを運べなくなるから、売上が減ると思った」と言いました。

そこで、私はまず「お父さんの会社は何を運んでいる会社?」
と聞くと、息子は「食品」と答えました。

「食品が売っていたり、食べる事ができる店で思いつくのは何?」
と聞きました。

「外食できるところやスーパーやコンビニ!!」
と言っていました。

そこで「仰るとおりで、その中でお父さんの会社は
比較的スーパーやコンビニへの納品が多いんだよ」と、

「テレビで言っているように、国は家にいなさい。
外出しないでくださいと言っているよね?
そうすると外食はあまりしなくなり、
スーパーで買い物して、家で食べるようになるよね?
それで外食にいかない分、スーパーで買う人が増えているので、
お父さんの会社の現場は忙しいところが多いんだよ」
と話をしました。

顔を見ていると納得はしてくれたようでした。

何が嬉しいかと言うと、
毎回、これだけコロナのニュースが流れていますが、
このニュースを小さな息子が自分の関係した人とどう影響があるのか
関心をもつことは手前味噌ながら良いと思いました。

私もそうですが、つい、テレビで流れているニュースが
あたかも自分と関係のないところで起きていると
勘違いしてしまうことがあります。
ましてやこんな小さな子供がどう影響しているのか考えていたことに
私自身は改めて、世の中のニュースをもっと自分ならこう解決できるとか
このようにすると思うだけでも非常に良い訓練になると思いますし、
力になれるかもしれません。

自分なりに息子に説明した事は良かったと思っています。
私自身ももっとこのような質問をくれるようにしたり、
逆に質問を常に投げかけることができるようにしたいと思いました。

さて、本当にとどまる事がないコロナですが
そんな中、アメリカニューヨークのコーネル病院のデビット博士が
コロナについてYouTubeで断言しているのは、

「我々の敵は自分の手であって、あちこちに触ったときに
その手が粘膜のある目や鼻や口を触り感染する」と、
「しっかり手洗いをしていれば99%は感染を防げる」と、
「マスクもいろんな効果があるが飛沫以外にも、
顔を触らないという意識付けになる」ということでした。

中々ここまで断言した内容はあまり見た事がありませんが、
非常に大事な事だと思いました。
この博士の言っている事は専門ではないので分かりませんが
自分が出来る事であり、想像レベルで言えばやはり正しいのではと思います。
とくに頻繁な手洗いが大事です。

私も朝から会社行くときまでに4、5回はよくハンドソープで洗っています。
携帯用としては除菌ジェルも大事でしょうが、
やはり手洗いでしょうね。

一人一人が出来る事から徹底する事で早く、
この難局を乗り越えましょう!!
(最近洗いすぎなのか、少し手がカサカサしてきました。笑)

ではまた来週お会いしましょう!!

 

ご参考までに、、(28分くらいの動画ですが、6分30秒くらいから対策について述べられています)

 

コロナの影響

みなさんこんにちは。ブログ第130弾です。
ここのところ毎日良い天気が続いておりますが
如何お過ごしでしょうか?

新型コロナウイルスの影響で
先週はコメディアンの志村けんさんが亡くなりました。
70歳だったそうです。
私も小さいころはよく、「8時だよ!全員集合!!」をよく見た一人です。
すごくテレビに釘付けだったことを良く覚えています。
コロナによって亡くなったと報道でありましたが、
本当にコロナが許せないですね。
我々はその教訓をしっかりと胸に刻み、
やはりしっかりと手洗いやマスクや除菌など
しっかりと徹底していくことが大事だと思います。
以前に比べてうがいをあまり言われなくなりましたが
やらないよりは絶対やったほうが良いと思いますので、
合わせてやったほうが良いでしょう!

さて、なぜこういったことが起きるのでしょうか?
地球の温暖化によるものなのでしょうか?
何か問われているのでしょうか?
なんて事が大惨事が起きるとよく問われる話ですが、
ある本に、「何か起きても決して問われているものでなく、
我々がこの起きた事に対してどう意味づけするかが大事」とありました。

どちらかというと私も何か世の中から問われていて、
それに向かって、乗り越えて行く方が、向かう先も明確で
乗り越えやすいし、どちらかというと日本人に馴染んでいるような気もします。

しかし、「何も問われてもいないし、
そのような事を考える事が自体があまり意味を成していない」とありました。

ショックでもあり、しかしよくよく考えてみるとそうかもしれません。

見えないモノの理由を考えるよりも、
今起こった事を、自分なりにどう意味づけをし、どう対処するかですね。

そうするとしっかりとコロナの影響を真摯に受けてとめて、
自粛するところ自粛し、
やはり手洗いなど衛生面にしっかりと対応することが大事ですね。

また、免疫力アップも大事ですね。
免疫力アップに大事な要素として4つがあるとテレビで以前見ました。

1)質の良い睡眠をとる
2)腸内環境を整える
3)笑う
4)体温を高める

https://mc-nurse.net/pages/article/detail/46/

言われてみると私もそうだなと思いました。
どれも普段からできることです。
明るく元気よく、そしてしっかりとやるべき事を整えて乗り越えたい思います。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

洗う洗わない?

みなさん、こんにちは。
ブログ第129弾です。

連日、コロナウィルスが猛威を振るい
先週も多くの感染者が報告されています。
感染者の8割はほとんど問題無く
2割の方が重病と聞いておりますが、
明確な違いがでれば国民も安心するでしょうし、
医療も重病な方に集中できると思います。
早く安心できるような状態になって欲しいです。
それまではやはり慎重な行動が大事だと思います。

また、テレビではオリンピックの延期に伴う
影響が報道されています。
本当に残念であるとコメントをされている人もいれば
前向きに捉えている方もいますが、
やはり命あってのことですから是非頑張ってもらいたいと思います。
テレビを見ていると、以前と比べて選手のコメントの中で
よく出てくるキーワードが『準備』でした。
どんなに変化しようともしっかり準備をして
大会に臨むとの事でした。
イチロー選手をはじめ、準備の大切さを訴えていますが
私もそう思います。準備は本当に大事ですね。

さて、先週感じたのが車の洗車です。
最近はなるべく自分でするようにして
あまり機械洗車は行なっていません。
そんな中で、私は雨の日の前日にはなるべく洗車するようにしています。
『天気が悪くなるのになぜ洗車するの?』という
声が聞こえてきそうで、また実際たまに言われたこともあります。
確かにせっかく洗車するのであれば
天気が良い方が良いに決まっていますが、
私は雨の日の前にやっておかないと
さらに汚れてしまうと思ってしまいます。
部屋の掃除なども同じで、またどうせ汚れるから掃除するのやめようとは
思わないですよね。

みなさんは如何でしょうか?
ではまた来週お会いしましょう!!

営業所周り3

みなさん、こんにちは。
ブログ第128弾です。

さて、だいぶ気温も暖かくなり、桜も咲き始めた様子です。
今年はコロナの影響もあり、お花見自粛という事で
非常に残念です。

私自身は最近マスクをするのをやめました。
もちろん手洗いはこまめにしています。
まずはしっかりとした手洗いが大事だと思っています。
またここまで深刻ですと、暗いムードが影響しますので
私自身少しでも経済に役立てるようにと思っています。
会食も先方さえイヤでなければ開くようにはしています。
十把一絡げではなく、気をつける事と、
してもいい事をしっかり見極めながら
社会に貢献できればと思います。

さて、先週も営業所周りをしていました。
先週で概ね終了となります。
先週は長く貢献してくれている所長がいる営業所が多かったので
昔話や思い出話もありました。
私自身も体を動かして働いていた頃を思い出したりと、
話をすることで癒やされた時もありました。

また他の所長は3台車両を増加する予定で、
人員もきちんと用意されているという話もありました。
なかには会社をもっと大きくしていく策をアピールしてくれた営業所もありました。
また新たな転任先で頑張っている子にも会いました。
すごく清々しい顔をしていて、大して会話はできませんでしたが
彼の顔を見て、頑張っているんだなと身の引き締まる思いでした。

今回の営業所周りで少しずつですが
いろいろと皆さんが会社を思って動いているところが
見えてきて非常に良かったです。
やはり現場が大事ですね!!
また、今回の営業所周りでコロナの影響を受けた従業員の方が
ほぼいなかったのが良かったです。
コロナの影響により、外食関係はだいぶ苦戦はしていますが、
その分、スーパー関係は日配品も含めて良かったので
またどのような影響があるか3月の数字は非常に気になるところです。

世界でこれだけの影響を及んでいるコロナですが、
ある国のトップは第二次大戦以来の出来事と言っている程の社会問題となっています。
一人一人がしっかりと予防に気をつけ、
少しでも減らすよう努力していくしかないと思います。
本当にこんな時だからこそ心を一つに頑張って行く事が大事だと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!