未分類

フィンランドの男女の平等

みなさん、こんにちは。
ブログ第170弾です。

新しい年を迎え、早くも10日が経ちましたが
そんな中でコロナの影響が増すばかりです。
東京だけでも2000人を超え、
全国でも7000人を超える有様です。
先週は一都三県に緊急事態宣言が発動され、
また、我々の環境も大きく変わろうとしています。
社内でも少しでも軽減するよう、
いろいろな処置を取らせてもらいました。
100年前のスペイン風邪も3年くらい続いたようです。
まだまだ油断ができない状況ですね。

さて、先週も週末には息子達と近くの公園に行き、
サッカーの練習をしましたが、
今回は珍しく、妻と娘も参加しました。
娘は中学1年生でバレーボール部に所属しているので、
バレーボール用のボールを持参して、こちらの練習にも付き合いました。
久しぶりにやると、けっこう腕に響きますね~
痛さが残ります。
久しぶりにやりましたが結構できるんだなぁと思いました。
最近はかなり冷え込んでいるので
朝は相当辛いですが、また付き合えたらと思います。

そんな、公園までの移動中にラジオを聞きながら走っているのですが、
面白いニュースがありました。
男女雇用機会均等法についてなのですが、
フランス政府がパリ市に対して、
パリのある管理職のポストで16人中、11人が女性だとして
約1100万円の罰金を命じたそうです。
パリ市全体の管理職は男性52%女性48%のようです。
日本では考えられないことですね。

その後の話では、フィンランドでは男女平等が進んでいるようです。
女性の大統領(2000年)が出たり、
また当時、女性首相(まだ歳は34歳だったそうです。)が出たりと
1970年には政治家の20%が女性だったそうです。
また2015年には42%で、日本は9.3%と歴然の差がついております。
さらに1990年にはフィンランド銀行のトップに女性がついたり、
大学のトップ、政治家の議長が女性だったりとかなり進んでいるようです。
その中身を聞くと、16歳の学生の時、夏休みが1ヶ月あり、
その時には大体アルバイトをするそうですが、
中身はアルバイトではなく、正社員の代理として働くそうです。
フィンランドは人口が550万人しかいないので、総活躍ではありませんが、
みんなが同じように働くことができるシステムが必要のようです。

同じ経歴、同じ実力があれば、
差をつけてはいけないという価値観もあるそうです。
女性というよりは一人の人として生きていくそうです。
そんな話を聞いて一瞬すばらしい話だな、
平等ですばらしいなと思いながら、
ではこれを行う事でどういった良い結果をもたらしているのか?
気になりました。

先ほども申し上げたように、人口は550万人、
シンガポールと同じくらいの人口で、小さな国ですが、
一人当たりのGDPは2019年時点で15位でした。
また最近聞くランキングでは世界幸福度ランキングにおいて、
フィンランドは3年連続一位だそうです。
世界幸福度ランキングは、それぞれの国での世論調査をもとに、
以下の6つの要素を加味して算出されます。

 ・人口あたりのGDP
 ・社会支援の充実度
 ・健康寿命
 ・人生における選択の自由度
 ・社会における寛容度
 ・腐敗に関する認識度

日本はと見ると62位だそうです。
GDPや健康寿命は高いと思いますが、それ以外では低いのかも知れません。
男女平等だけで、幸福度ランキングへの寄与がほとんどだとは言いませんが、
他の国と比べるとかなり寄与しているのかもしれません。
こう言った男女雇用機会均等法の話から、
それがどういった良い結果を生み出しているのか
仮説として結びつけようとすることは良い事だと思います。
そうでなければ、ただ良さそうだからこれをやってみよう。
他社がやっているからやってみようと、
必ずしも結果に結びつかないかもしれません。

今回はラジオで男女雇用機会均等法の進んでいる国を聞いて、
ではその国が結果として何が優れているのか、
その国民達は何を得ているのかを知る事ができました。

会社運営もそれに近いモノだと思います。
意識しながらまた頑張って行きたいと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

先週の出来事

みなさん、こんにちは。
ブログ158弾です。

先週は上のサッカー好きの息子が
クラブチームのセレクションを受けました。
最初は躊躇もあったようであまり受けたくないようなそぶりでした。
私はチャレンジすることの大切さを話し、受ける事になりました。
実際受けると、そのチームはこの界隈では強いチームらしく
1次選考では落ちたようでした。

しかし、嬉しかったのは、しっかりと2次選考も受けてくれました。
2次選考の時は、終わり時でしたが、見に行ってきました。
見て見ると、確かに小学生とは思えないくらい上手い子も多くて
私も驚きました。

二次選考の結果発表は郵送で送られるようでして、
それから数日が経っていますが、
本人は気になっているらしく、
珍しく、ポストに郵便物を取りに行ってくれるなと思ったら、
結果がまだか、まだかと気になるらしく
多い日は1日に3回見に行っているようです。
最初は受けたくないようでしたが、やはり人間気になるモノですね。

さて、先週はいろいろと楽しく、いつも以上に充実した週でした。
一つが以前からお話をしている面談です、
先週は新しく組織が4月からできて、そこで職場環境が変わった人が多く、
南日本としてもようやくそう言った組織で運営できるような体制になりました。

しかし、まだスタートしたばかり、非常に皆さんも苦労していることだと
思っていましたが、
やはり、ご本人たちも、非常にもどかしさを感じながら新しい環境に
対応している感じでした。

そんな悩みを聞いて私は非常に嬉しかったですし、感謝の念にたえません。
南日本としては新しい試みではありますので
どちらかというとご本人たちに依存する部分も多いと思います。
その分、私は耳を傾け、サポートする必要があると思っていますが
上長と相談しながら試行錯誤しながらやっている姿を見ていると
本当に先ほどのような気持ちで、財産だと思っています。

私は会社が変わる瞬間というのはこういうことなのかと思いましたし
これからの時代の変化に対しても、一緒に乗り越えられるのではないかと
感じました。
それ以外には会社の試みとして
KPIの導入と南日本運輸倉庫のブランド価値向上の会議をしました。

今までに無い試みですので、我々としても自分たちが新しい文化に耳を
傾け、アレルギーを起こすかもしれないですが、
慣れながら、乗り越え、会社の発展に寄与して行こうとする姿も
また会社が変わる瞬間かと思いました。

私自身も、知らない世界が多いので
更に素直な心でそう言った新しい流れや自分自身がしならいことに
対して、南日本とって価値があることであれば
社員のみなさんとシェアしながら
乗り越えていければこの上ない喜びだと思います。

先週はそんな盛りだくさんな週でした。
ではまた来週お会いしましょう!!

あ、実はだいたいこのブログは日曜日の午前中に書いていることが多いのですが
日曜日の夜に、息子のセレクションの合格通知が来ていました。
夕飯は食事になにも変化はできないですが、
家族みんなでお祝いをしました。

この場を借りて、改めて『おめでとう!!』
大変失礼いたしました。

では改めて来週お会いしましょう!!

またまた面談で

みなさん、こんにちは
ブログ第108弾です。

先週は下の息子と東京モーターショーに行ってきました。

以前の東京モーターショーと比べて、大分来場者数が減っているようです。

近年の推移を調べて見ると
1991年の200万人をピークに2005年150万人、2007年140万人でしたが、
そこから2009年60万人、2011年80万人、
2013年90万人、2015年80万人、2017年77万人と
最近はあまり人気がないようです。
若者の車離れも要因としてあるのでしょうか?

私も久しぶりにモーターショーに行ったのですが、
子供たちに車にも興味を持ってほしいという気持ちと
トラックメーカーも出店していたので
やはり物流業界にも意識してもらおうとつれて行きました。

上の息子はサッカーで連れていくことが出来ませんでしたが、
上の息子はまだ車に興味がありそうでしたので
結果的に良かったです。

行ってみると、思ったよりも人が少ないようには感じませんでしたし、
驚いたのが結構若い女性もいたので
まだまだ大丈夫ではないかと感じました。

ただ、私とすると展示している車やメーカーが
以前と比べて圧倒的に少なかったので、残念でした。

外車はメルセデスベンツやBMWやルノーぐらいしかありませんでしたし、
トヨタもあまり、目新しいものはありませんでした。
レクサスが目立っていたので、遠慮でもしたのでしょうか?

ただ、あとでネットをみると車に興味がわかない人たちでも喜ぶ施策をしたようです。
アニメーションのデザインの車も多かったですし、
空飛ぶ車やトミカなど(また健康をテーマにしたり)
子供が喜ぶようなものも多かったです。
その理由もあってかまた来場者数が100万人を超えたようです。

こう見るとこれも時代の変化に合わせて展示の仕方、
本来の車好きからするとだいぶ見劣りした感じではありましたが、
それ以上に車好き以外の人にも興味をもつような施策をされていたように感じました。
こういったところでも時代の変化を感じることができました。

さて、少々前置きが長くなってしまいましたが、
前々回もお話をした、面談について先週も嬉しいことが2つあったので
シェアさせてもらいたいと思います。

ある営業所では、まだそんなに面識のない管理者の方でしたが、
元々は他の物流会社さんで所長をしていました。
事情が重なって南日本運輸倉庫へドライバーとして入社してくれました。
そこでまた管理者まで上がってくれたようです。

お恥ずかしい話でしっかりした人事データがないもので、
質問力を駆使しないと我々までにこういった人材の発掘ができない現状ですが、
それでもなんとか知ることが出来て良かったです。
今後はしっかりとして人事データの仕組みを構築していきたいと思います。

もう一つの話題は、ある営業所で上昇志向のある社員が何人もいてくれた事です。

所長の次の責任者もいろんな仕事を覚えることに対して、意欲的ですし、
月一回やっている管理者研修ももっと頻度を増やしてほしいと
リクエストするくらいでした。
遠くない将来に所長になりたいと宣言してくれました。
(ゴルフもやって幹部研修会デビューしたいと言うほどでした。)

そして、またその下のダブルワークでやってくれていた2人の従業員も一人、
一本に絞りたいということで南日本を選んでくれ、管理職を目指してくれるようです。

もう一人の従業員は今の彼女と将来結婚したいので、
ここらで仕事を一本に絞って頑張っていきたいということで
南日本運輸倉庫を選んでくれたことです。

もちろん、この手の話は普段は私の耳に入ってこないので私自身も喜んでいますが、
それでも実際、そう言った理由でうちの会社を選んでくれた情報が入ってきたことは
社長としてこの上ない喜びです。

そう言った人たちがもっと増えるように、
また潜在的にいる人たちと分かち合えるように、
私も頑張ってもっともっと良い会社にしたいと改めて決意をしました。

ダイバーシティと多様性を受け入れる機会がますます増え、
先ほどのモーターショーのように時代の変化であり、
車好き以外の方を受け入れる多様性の機会が増えてきた世の中になってきたと
感じる今日この頃ですが、しっかりとこう言った体験したことを
大事にしながら益々頑張っていきたいと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

イチロー引退

皆さんこんにちはブログ第76弾です。

さて、先週からお伝えしております。My盆栽ですが
下の写真のように紅葉が大分育つようになりました。
あまりにもすぐに育ってしまったので
これからのレポートが少し自信がなくなりました。

さて、毎日の水やりのせいか、紅葉がだいぶ咲いてきました。
以前の写真と比べてみると一目瞭然です。

逆に松の方が心配になってきました。ただ今まで少し横着していまして、
盆栽のしたの受け皿に水を溜めて水やりをやっていました。
しかし特にコケは表面も大事だと言うことで、最近は霧吹きに戻して水をやっています。
松の方もまたコケが青々することを願いながら水やりをしています。

《3月17日撮影》

《3月24日撮影》

さて、今週はみなさんご存じの我らがイチロー選手が引退を発表され会見を行われました。

私はあまり野球は見ませんが、ニュースで言うと大リーグになるとすぐにテレビの前に行って
イチロー選手が出ないか見ていたことを覚えております。
歳も確か一つ上だということもあり、親近感もありましたが
それ以上に同世代でしかもスポーツでこれだけの活躍と
長きにわたってプレーされていたことに本当に自己管理、
セルフマネジメントがしっかりされていたのだなぁと本を読んだり、
記事を読んだりとその考え方や姿勢について随分と学ばさせて頂きました。
私はほとんどスポーツと言えばゴルフしかしませんが体に対する考え方も勉強になりました。

以前にもイチロー選手の考え方についてブログで記載させてもらいましたが、
本当にしっかりとその場その場を生きてきた証なんだろうと思いました。
だから深みが違うというコメントもありましたし、自分自身の目指すものに対して
一心不乱にできたことも事実ではないかと思いました。
また会見の中でやはり『悔いは全くない』というコメント、これもしっかり一歩一歩歩んできて、
さらに成果を出されたからのコメントだと思いますが、
恐らくイチロー選手は結果にはそれほど拘っておらず、
マラソンではないですが、一歩、そして一歩、気づいたら今の位置にいた。そんな感じだと思います。

私が一番印象に残っているイチロー選手の活躍は
やはりWBCの決勝の韓国戦で最後にヒットを打った場面です。
大リーグでも活躍した場面はたくさんあると思いますが、
例えば最多安打をうった瞬間などだと思います。
さすがのイチロー選手もそのときはあまり好調ではなく続いていた場面でしたので、
あのヒットは私も本当にうれしかったです。また勇気ももらいました。

今後はどんな場面で活躍されるか分かりませんが、第二ステージでまたイチロー節であったり、
その独特の思考で活躍をされることを期待しております。

そう考えると45歳でもまだまだ可能性は無限にあるのですね。

私ももっと頑張らねばという感じです。

ではまた来週お会いしましょう!!

 

サッカー

みなさん、こんにちは。
ブログ第39弾です。

今、ワールドカップで大変盛り上がっていますね。
日本は非常に残念でした。ベルギーとの試合で2点を後半に先取した時には
日本はベスト8に行くのではないかとサッカーの素人の私でも思いました。
まだ世界との差があるのかもしれませんが世界に近づいた試合のように感じました。

さて、今日はそのサッカーについていろいろと書いてみたいと思います。サッカーについての印象は三つあります。

  • サッカー人口が他のスポーツに比べて多いこと。
  • 本当のチームスポーツの一つだと思うこと。
  • 経営にも非常に勉強になること

さて、まずは一つ目ですがサッカーの人気について調べてみました。
ネットで調べてみますと世界のスポーツ人口ランキングで

1位 バスケットボール 4億5000万人

2位 サッカー     2億5000万人

3位 クリケット    1億数千万人

4位 テニス      1億人

5位 ゴルフ        6500万人

6位 野球         3000万人

 

と出ていました。
日本だとあまり巷でバスケットボールをしているイメージがないので
サッカーが世界一と思ったのですが、断然バスケットボールのほうが多いようです。

しかしサッカーも他のスポーツに比べると非常に多い人口ですね。
意外とクリケットが第3位でこんなに多いとは思ってもみませんでした。
上位二つのバスケットボールとサッカーはボール一つあれば比較的に気軽にできる
スポーツだと思うので人口が多いような気がします。

野球と比べると8倍の差がありますね。日本人としては驚きです。
これだけの多いのでワールドカップの熱気がすごい事が理解できました。

二つ目は本当のチームスポーツの一つでだと思うことです。
サッカーに対して素人なのであくまでも私のイメージですが、
他のスポーツ(野球やバスケットなど)に比べて比較的個人の能力が影響しづらいと思うのです。

なぜなら足を使うこと、フィールドが大きい事、人数が多い事などで中々点数が入らず、
その分だけどれだけチームの連携がとれているかで勝敗が決まるのではないかと思うからです。

ですのでどれだけチームの勝利のためにどれだけお互いに協力し合えるかが
重要になってくると思うのでサッカーは本当のチームスポーツの一つではないかと思います。
そう思うと自分の息子たちにサッカーをやってもらってチームスポーツの良さを知ってもらいたいと思います。

ただいろんな条件があって至っておりません。
またチャンスを伺いたいと思います。

そして3つ目ですが、非常に勉強になることが多々あります。
ちょっと話がそれますが戦国時代の戦いって改めてすごいなと思っておりまして、
今の時代のように携帯もなければレーダーもなく、情報をつかむのが非常に難しく、
また当然陣形があったり事前に訓練はつんでいるのでしょうが当然思った通りことが運ぶわけがありません。

その状況が変化したときにいかに統制をとるかがカギですが現代に比べると非常に困難で、
その連携力は凄まじいものがあると思います。

そういった意味で言うとサッカーも野球などに比べると監督の入る余地は少ないし、
先ほど書いたように簡単に点を取れる逆転がしやすいスポーツではない
のでいかに点を取るための統制力や連携力が重要になってくると思いますし、
そのミスが致命傷につながってくるのだと思います。

そのような観点でサッカーを見ると世界の有名な監督の本を読んで見たくなりました。
情報は目の前で行われているのでキャッチはできますが思った通りに流れることはほとんどないと思います。

それをどう点につなげるために持っていくのか、試合中はほとんど監督が口を出すことが
できませんから、事前の訓練が試合を想定しながらどれほど重要になってくるのか?
また選手たち自身がどう判断してメイクマッチして行くのかものすごく興味が湧いております。

我々企業も世の中の環境の変化をとらえて想定してその方向に導き、
事前にしっかりと準備しなければなりません。
その中でも準備通りいかない時でもどう勝ちに導き出すのか、
今回のワールドカップを見てそのような3つのことを感じました。

見方が変わると同じ試合でもまた違った見方ができて面白いですね。

ではまた来週お会いしましょう。

広告

みなさん、こんにちは!
ブログ第35弾です。

先週梅雨入りと発表がありましたが
思ったよりはそんなに雨も降っていないようですね。
今週から台風だの雨だのとくるようです。

先週はJFNの総会もあり、翌日はゴルフでしたが非常に良い天気でした。
また、週末は南日本の管理者研修会で研修会の日は天気が良かったですが、
翌日のゴルフは雨こそ降らなかったものの決して良い天気とは言えませんでした。

大事な恵みの雨ですが、やはり晴れてはほしいものです。

さて、今週は『広告』についてお話をしたいと思います。
私は麺類が好きなので皿うどんを食べれるお店によく昼に行くのですが、
その時に店に貼って広告を見た時にキクラゲはシイタケのビタミンが何倍入っているとか、
何々は食物繊維が何倍と書いてありました。

そこでふと思ったのが一見何倍と書いてあるので良いには間違いないと思いますが果たして、
どう良いのか?人間に必要な量はそもそもどれくらいなのか?
また飲んだとしたらどれくらいの頻度が良いのか?など見えないのです。

広告ですからそこまでではなく、なんとなくのイメージの方が良いかもしれませんが、
もちろんお金を払っているので私としてはモヤモヤ感が残ってしまいます。
またそれ知ることによってより自分自身に潤いが与えられる気がします。

なぜなら本当にその食品の良さが理解できれば自ずと回数を重ねて
食べる習慣をつけると私は思うからです。
広告の部類はこう言ったことが多いように感じます。

例えば、アンケートもそう言った部類だと思います。
簡単なアンケートであれば食事の食べ方で好きなものから食べるのか、
好きなものは最後に食べるのか?などがあり、良く巷に出るものであれば次の総理大臣は?
とか法律改正についての可否についてなどがあると思います。

こう言った類いのアンケートでまず気をつけなければいけないのが母数
(あとは当然期間や日付もありますね。)だと思います。

さっきの食べ方のアンケートであれば大体が母数が50人くらいの場合が多いですし、
新聞に載るようなアンケートであれば数千、数万の場合が多いです。
そこで気を付けたいのがアンケートの中身と比べて母数が妥当なのか、
これを常に意識しないとアンケートの結果に対して、ただ「ヘェ〜」で終わってしまうような気がします。

中身に比べてあまりにも母数が少ないとどうしても信ぴょう性が薄く、
隔たった感が否めません。また母数以外にも気を配りたいのがアンケートを取った対象者の
「男女の比率はどうなのか?」「どの年齢層の方が対象として多いのか?」
「どのエリアの方か?」「どう言った職業の方か?」などもあると思います。

対象の取り方によって結果が変わることは自ずと分かると思います。
あまりないことではあると思いますが最近はフェイクニュースがあるくらいですから
母数や比率の捉え方で操作しようと思えば操作できなくはないと思います。

このように何気ないことに疑問を持つ事は改めて大事だと
先程の広告で理解させられました。私の周りにも、
また皆さんの周りにもこれだけ情報化社会になり、ネット社会になり、
情報に担保できない比率の方が増えていると思います。

またグラフィックなどの技術も上がりいくらでも見せられるかと思います。

比較的に悪いことがばかり書いてしまいましたが、
そういった見方をすることによって逆に新たな発見もあるかもしれません。

よく見てあげることクライテリア(基準、尺度)をしっかり照らし
合わせて把握することによって、頑張っている原因や逆に改善点も見えてくると思います。

疑うだけでなくそれを活用することによって皆が幸せになれれば
これ以上の喜びはないと思える話題かと思います。

ではまた来週お会いしましょう。

新卒採用の面接

みなさん、こんにちは。
第三弾です。

先週、わが南日本に入社を希望する来年の新卒の子の面接を行いました。

短大生と大学生の男の子でした。
しっかりしていたことはもちろんですが
一通り自己紹介や志望動機などを終えた後、
二人からいくつかの質問を頂きました。

非常に良い質問で、内容は
・南日本の戦略について、今後の展開は?ターゲットは?
・社長になったときのプレッシャーは?
などでした。

私としても非常に力が入り、予定していた時間よりも
オーバーしてしまい、少々熱くなってしまったなぁー
と反省したくらいです。

しかし、私の心をくすぐってくれるような質問をしてくれて嬉しくもあり、そして彼らに大きな期待も感じました。

今後もこう言った子たちが面接に来てくれるように
私自身も更に成長して会社をより良くしていこうと
改めて思いました。
今週もまた頑張っていきます。