平成から令和

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。
ブログ第82弾です。

さて、盆栽です。

《4月28日撮影》

《5月5日撮影》

如何でしょうか?松はずーっと変わりませんが、
紅葉は大分枯れてしまいました。

休み中に妻の両親と食事に行った先では
紅葉が綺麗に青々と咲いていましたので、少々残念です。

しかし初心者ですし、こういったこともあるでしょうから
諦めない気持ちで頑張ろうと思います。
そういった意味でこのブログでのアップも諦めない
気持ちになる一つだと思いますので、頑張りますし、
このように公表することは大事だと改めて思いました。

さて、5月1日から元号が平成から令和に変わり、
まずは世間の盛り上がりように非常に驚きました。
確かに思えばそうですよね。

今までは元号が変わるときはその前の
天皇陛下が亡くなったことを意味します。

とても喜んでいる場合ではないですが、
今回は自ら明仁天皇が退位され、新天皇が誕生したのですから
喜ばしいことと私も思う一人ではあります。

特に天皇陛下とは関係ないですが平成が
『失われた30年』と言われ、なかなか景気も本当の意味で
良くなったと感じることが難しい状況でしたので、
新しい令和に向かって希望を抱くことは非常に喜ばしいことだと思います。

そんななか非常に平成や令和に対するテレビ番組が
多かったと感じたのは私だけではないと思います。
私も非常に興味がわく番組はいくつかありました。

平成で言えば、バブルが弾けたあたりのこととや失われた仕事、
例えば平成はまだ『切符切り』や株式市場でエージェントが
手話みたいなやり方で売買の取引をやっていて、
今ではそれが無くなったことなど、平成に入り、
『ユーチューバー』などが台頭してきたことなど
懐かしさも感じながら見ていました。

また当時メディアを沸かし、
良く取り上げられていた折口さんなども出ていました。

また、時代が変わるということで、
改めて皇后雅子様の経歴を調べてみたりしました。

親子で外務省ということとアメリカに留学中に
全米で5%しかもらえない、優秀学生賞をとったり、
ハーバード大学に席をおいていたりと、
さすが天皇家の嫁として選ばれるだけの方だと思いました。

日本人でそんなすごい人がいるだけで勇気がわいてきます。

また、違うテレビでは今回の明仁天皇がなぜ事前に
退位をしたのかなど興味深い番組がありました。
遡ること大正の時代まで戻り、大正天皇は生まれた時から
病気がちで側室の子だったようですが、正室の方には
お子がいなく、大正天皇には兄弟がいましたが、男兄弟が
早くから亡くなってしまって、男一人だったようです。

また先ほども申し上げ、みなさんもご存じの通り、
大正天皇は非常に体が弱く、番組の中でも毎年の署名の中で
最後の方は字がかなり乱れていました。

食事をとるのもままならなかったようです。
それで次第に公務をとることもできなくなってきたので、
次の天皇になる、裕仁天皇が皇太子時代に摂政になった
背景があったようです。

当時は戦争などもあった時代ですし、
天皇のあり方もまったく違ったので、
摂政という役職への任命もあったのかと思いますが、
現代は天皇陛下は『国民の象徴』ですし、平成は戦争のない
時代でしたので、退位したという側面もあったと報じていました。

平成から令和になったことで平成という時代が改めて
理解することができましたし、
今までそれほど勉強していなかったこと、
興味があまり沸かなかったことでも
このきっかけで雅子様を改めて調べて見たり、
天皇家について調べてみたりと非常に勉強になる、一週間でした。

みなさんも出会いというか、影響を受けた状況を、
良いきっかけと捉え、興味をもっていろいろと
調べてみるのは如何でしょうか?

ではまた来週お会いしましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*