南日本運輸倉庫のこと

今年最後のブログ

みなさん、こんにちは
ブログ 第十一弾です。

今回のブログで今年最後のブログとなります。読んで頂いた方には感謝申し上げます。

 

本当は今回のブログが今年最後となるので今年の振り返りとなるはずですが、

前回、前々回で今年の振り返りをしてしまった感もあるのですが、(まだブログ慣れしていないのでお許しください。)

前々回と前回は比較的自分の事でしたので会社のことについて振り返りをしたいと思います。

改めて今年を振り返りますと一番自分として良かった事は会社の使命を発見できたことだと思っています。

きっかけはある研修でユニクロの社長の柳井正さんの「経営者になるためのノート」を読んでからです。

 

柳井さんの本を読んだ方ならわかると思いますが、経営学の巨匠ドラッカーのように
書いてあることは非常にシンプルですが読者への響きが違います。

 

またこの本は余白が他の本に比べてたくさんあり、感じたことや考えついたことをたくさん書けるようになっています。
ですので読むことによってInputしながらすぐにたくさんのことを書いてOutputもできるようになっています。

また複数回にわたって読んで、また書き込むことでより書いてある内容が深堀できるようになっています。

 

その中で会社の使命のことが書いてありました。

 

私自身も常日頃から働いている従業員の努力がもっとクリアになるべきだと思っていました。物流の地位向上にも繋がる話ですが残念ながらまだこれといったものが浮かんでおりません。

でしたら自己満足かもしれませんが、
せめて働いている人たちが充実感をもって仕事してもらえたら、
誇りをもって仕事をしてもらえたら、どんなに良いことかと思いました。

 

柳井さんはこの本の中で使命については凄く強調されていました。

使命のない会社は羅針盤のない船のように仰っていました。
(例えは違うかもしれませんが、)そこで、私も自分の会社の使命を考えてみようと思って浮かんだのが「一番おいしい状態でお届けすること」でした。

浮かんだ時には非常に清々しい気分だったことを今でも覚えています。
前回も書きましたがこれで心の充実につながりその先のモノの充実につながると確信したからです。

やはり何事もソフトとハードの両輪が成り立って初めて徐々に良い方向へ動き出すと普段から考えていましたので非常に良い機会でした。

今まで、ビジョンや会社の方向性など考えても中々「これだぁー」と天から舞い降りてくる経験は無かったのですが、自分自身の中にもあると発見できたことは非常にうれしい体験でした。

いろいろと質問を変えたりしながら自分に問うて見ることで普段、自分が考えていることが一つの線になって繋がっていくのだなぁ~と感じました。

 

この体験を活かしさらにより具体的に会社の方向性(皆が腹落ちして行動してくれる)発見していきたいと思います。

 

10月から開始しまして11回目迎えることができました。また自分自身が少しでも今よりも成長できるように読んでくれている方をイメージしながら感じたことを書いていきたいと思います。

来年は恒例の営業所周りから始まります。私はこれが大好きです。皆さんと会えるのもそうですが、またいつも違った雰囲気で会えているような気がしてうれしい気分になります。

今年一年ありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

 

大園 圭一郎

南日本慰労会

みなさん こんにちは
第8弾です。

まだまだ暖かい日もあったりしますが
みなさんはいかがお過ごしでしょうか。
私はまだ今年は一度しかコートを着ておらず、もしかしたら去年よりも
少しパワーアップしたのかと思うくらいスーツだけで過ごしております。
(たまにマフラーは使用しますが、)

さて、話は変わりますが南日本運輸倉庫は8月決算でして、10月末に無事決算申告を
終えました。

無事に申告できたこと改めてこの場を借りて社員の皆さんには感謝申し上げます。

 

そこで所長課長以上の方たちとささやかながら慰労会を開催しました。

食事だけの会ですが、今回はかなり席も考慮されていたようでかなりコミュニケーションが図れるような座席配置でした。

特に催し物も無いのですが、積極的に他の営業所の方とコミュニケーションを図りポツンと一人で座って黙々と食事している人は殆どいませんでした。いたとしてもちょっと休憩という感じでした。

私は常々「時間と場所の共有」が大事で、それも回数が大切だと思っています。回数を重ねて行く中で、その方をもっと知ろうとすると思いますし、だんだんと興味がわくようになればその方の変化にも気づくようになります。

 

いろいろなモノに興味を持つこと、そう言った感度を養う事でコミュニケーションもさることながら世の中に対する感度も必ず磨かれて、仕事にもプライベートにも役立つことと思っています。

 

まだまだ南日本はそういった場の提供が少ないですが、今の時代のように差別化が難しい時代にはこういったコミュニケーションを図り少しでも社員一人一人の皆さんのキャラクターに磨きをかけ、主体性を更に育んでもらい頑張ってもらえたらと思います。

そもそも一人では何もできないわけですからこういったコミュニケーションを通して一緒に成長できればこの上ない喜びだと思います。今回の慰労会を通してそのようなことを思いました。

ではまた来週会いましょう!!

研修会

みなさん、こんにちは。

ブログ第6弾です。

先週、南日本も加盟しておりますJFNと、普段トラックの冷凍機や箱でお世話になっておりますトプレック株式会社様と共同開催で「二世経営者および若手幹部育成研修会」が行われました。

参加者120名とJFNの仲間やトプレックさんの取引先の物流会社さんが参加されました。今回で14回目を迎え始まった年からは12年目を迎えました。

 

議題は

第一部はJFNメンバーによる「若手経営幹部のパネルディスカッション」

第二部は南日本のお客様でもある荷主様の物流管掌役員様による
「食品業界におけるSCM」

第三部は南日本の顧問でもあります税理士の先生による「事業承継税制の改正点」

総括はJFNの会長でもあります南日本の大園会長から
「二世社長および経営幹部へのアドバイス」でした。

 

中身は非常濃い内容で気づきや学びが多くありました。

特に印象に残っている言葉は

●例えば従業員の方の力が100あるとして50~60しか出せていないとしたらそれをどう引き出せるかが経営者にとって非常に大事なパフォーマンスであること、しかもスキルではなく経営者がビジョンや戦略(方向性)を語り、従業員みんなに示せているか!?

●2世経営者がどれだけの夢をもっているか?語っているか?その中に人材教育・育成も含まれてくる。

●入社した年から今の地位に至るまで、振り返ると出世意欲よりも責任感の強さでここまで来たと思う。誰よりも責任感が強かったから自分事のように考えて来たからではないかと思う。

 

この言葉を聞いて改めて身の引き締まる思いでした。さすがとしか言いようがありませんでした。

その上、今までの経験からくる「生の声」はやはり伝わり方が違いますね。

言葉が全身からみなぎっているようでした。

 

私もその「生の声」を大事にして、従業員の方にあらゆる方法を駆使しながら語っていきたいですし、

従業員の方の「生の声」もキャッチできるように前回ブログで書きました「質問力」を駆使して行きたいと思います。

またその先に従業員の方のポテンシャル(潜在能力)を引き出せればこの上ない喜びです。と感じました。

 

今週も頑張っていきたいと思います。

では、また来週。

南日本協力会

みなさん、こんにちは

第五弾です。
先週の金曜日、土曜日と南日本運輸倉庫グループの協力会が開催されました。

普段、大変お世話になっております、協力会社の物流会社さんやトラックのディーラーさんや冷凍機のディーラーさんなど我々の業務にご協力頂いている関係各社さんにご参加頂きました。

最初は協力会の会長をして頂いております園田陸運株式会社、代表取締役会長の園田純俊様にご挨拶を頂きました。

園田陸運株式会社さんのホームページはこちら

次は私から1年間の振り返り、向こう3年間の売上目標、今後の施策などを話をさせて頂きました。
特に今回の協力会のみなさんにお伝えしたかったのは
南日本運輸倉庫の存在意義、使命です。

我々、南日本運輸倉庫の使命は

「一番美味しい状態でお届けすること」です。

これを我々の存在意義、なぜ南日本運輸倉庫はこの世の中に
存在しなければならないのか?という問いに対する
明確な答えとして掲げて行くことにしました。

 

今後は社内外にどんどん南日本の使命・存在意義を発信することによって

働いている社員の方たちにももっと誇りをもってもらいたいですし、

充実感をもって働いてもらいたいと考えております。そうすれば心の充実になり、やがてはモノの充実につながると信じているからです。

またそうした南日本の社員と共に協力会社の皆さんに少しでもより良い影響を与えることができたらと思い発表させて頂きました。

 

今週も頑張ります。

 

 

所長面談

みなさん、こんにちは

第四弾です。
早いものでもう4回目です。

自分の実感としては思ったよりは話題がでるものだと
(まだ4回だから当たり前ですよね、)
思っています。自分自身に対しても深堀ができるので
非常に良い習慣だと感じております。

さて、先月から恒例の所長面談を行っています。
年に二回、営業所の所長と準ずる方と行っています。

もちろん最初に無理のない程度にスケジュールを組むのですが
どうしても他の予定が入ってしまい、スケジュール調整を行わざる得ない
場合が多々あり、従業員の方には迷惑をかけています。

ただほぼ皆さんからの調整はほぼなく、スムーズに運んでいること
この場を借りて改めて感謝を申し上げる次第です。

いつも面談で意識していることは普段話す機会も少ないですし、
私もせっかくの機会ですので所長の方たちの考え聞きたいですし
私も会社に対する考えを少しでも感じてもらえたらといつも質問に苦慮します。

しかし、いつも実感するのは「良い質問をすると良い答えが返ってくる」ということです。

例えば「あなたの強みは?」と聞いても中々答えが出てきません。

でもそうですよね。私も逆に立場でしたら絶対に答えられない自信があります。

でもちょっと質問を変えてみて

「例えば物流のいろんな分野のコンテストがあるとします。

品質・部下の教育・業務改善・安全運転など、例えばあなたでしたらどれに出ますか?」

 

そうすると自信なさげでもどれかをあげてくれます。

私は「おそらく、それが今の時点で一番自信があるものではありませんか?」というと

「あっ!!」と気づいてくれたりすることがあります。

 

私はいつも従業員のみなさんのポテンシャルを引き上げるためにどうしたらいいかを考えております。

それが心の充実になり、結果として物の充実にもつながると思うからです。
少々長くなってしまいましたがいつもこんな事を考えております。

まだ今月いっぱいまで面談がありますが
頑張っていきたいと思います。

新卒採用の面接

みなさん、こんにちは。
第三弾です。

先週、わが南日本に入社を希望する来年の新卒の子の面接を行いました。

短大生と大学生の男の子でした。
しっかりしていたことはもちろんですが
一通り自己紹介や志望動機などを終えた後、
二人からいくつかの質問を頂きました。

非常に良い質問で、内容は
・南日本の戦略について、今後の展開は?ターゲットは?
・社長になったときのプレッシャーは?
などでした。

私としても非常に力が入り、予定していた時間よりも
オーバーしてしまい、少々熱くなってしまったなぁー
と反省したくらいです。

しかし、私の心をくすぐってくれるような質問をしてくれて嬉しくもあり、そして彼らに大きな期待も感じました。

今後もこう言った子たちが面接に来てくれるように
私自身も更に成長して会社をより良くしていこうと
改めて思いました。
今週もまた頑張っていきます。