南日本運輸倉庫のこと

秋の面談スタート

みなさんこんにちは。
ブログ第207弾です。

先週、弊社会長とみんなで話をしていて、
私が南日本入り奮起している当時の話をしてくれました。
当時私は、現場の管理職になりたいと当時社長である会長に直談判していましたが
会長からは『現場を知ることではなく、現場を理解することが大事』と教えを受けました。
当時はあまり理解できませんでした。

前回の『居場所』の話ではありませんが、
恐らく当時の自分は自信がないので、現場にいたという実績をつくり、
「現場に『居場所』を置いていた」
という実績が、自分の自信のなさを払拭してくれると
勘違いしていたのかもしれません。
その話をされた時、私も思わず苦笑いしました。
その時、自分の心情としては
素直に笑えた時に、自分自身、少しは成長できたのかなと思いました。

そんな思いの中、秋の恒例の面談がスタートしました。
3人ほど、面談をしましたが
驚いたのが3人とも新たに資格を取りたいと言ってくれ、
どれだけ意欲的かと感心しました。
その中のひとりは、資格2個取得の目標を私に言ってくれ、
素晴らしい取り組みだと思います。
会社として是非、応援したいと思いました。
そんな面談の中、
『自分には知識や経験がないから』という発言をされていました。

正直言うと、私はその言葉があまり好きではありません。
もちろんその社員が、知識や経験の足りなさを
逃げの場にしているわけではないことは、良く分かっています。
しかし、ある目標や理想像とのギャップに知識を経験の足りないと聞いてしまうと、
やはり違和感を感じてしまいます。
言葉尻だけ捉えてしまうと、知識や経験は飛び込めば
すぐに習得できると思ってしまうし、思いたいからです。

ですので、その社員には、
「確かに知識や経験が足りていない部分があるかもしれませんが
その理想像に向かっている途中ですよね。」
という言葉を送り、まさに行動を起こしている途中であるということを
一緒に再認識させてもらいました。

なぜ、そこにこだわるかと言うともうお気づきだと思いますが、
私自身がいつも知識や経験に逃げていたからです。
結果や行動ではなく、可能性に生きていたから
『行動を起こせば自分でもできるんだ』
だから当時の私のように、現場経験をしたいと言うのも
自分に箔をつけたいだけだったかもしれません。
あれだけすごい父親がいますので能力も経験も勝てるわけがありません。
ですから、当時の私は自分の居場所を見つけることに必死でした。
父は創業者ですから、最初から社長です。
現場経験をすれば、少しは自分の居場所を見つけられると思ったのかもしれません。

もう一つ面談で話をしたのが、
会長は百戦錬磨ですから、独特の感性をお持ちです。
そうすると色々とディスカッションしている中で自分は常に一般常識でしか
太刀打ちできる術がありませんでした。
自分に何もないと感じていたからです。
しかし、今は当時よりは当然、自分にもそれなりに自信が芽生えてきましたし、
それなり自負も出てきています。
有難い話です。
面談でみなさんの話を引き出し、会社を良くすることが面談の目的ですが、
今回は(今回も?)みなさんとの会話のやり取りで教えてもらい、
また、懐かしいことも思い出させてくれました。

先週はそんな1週間でした。

所長会議

みなさん、こんにちは。
ブログ第193弾です。

先週でようやく、緊急事態宣言が解除となりました。
しかし、蔓延防止の法令はまだ残り、
東京都独自でも、90分以内で2人までなら酒提供はOKという法令のもと、
まだまだ自粛近い環境で過ごさなければならず、
本当に大変な時期だと思っています。
緊急事態宣言が発令されて2ヶ月近くですが、
思ったほどの効果が上がっていない感じもします。
他の国でもワクチンを接種しても感染者数が増えている国もあるくらいです。
やはり、一人一人の意識付けが大事だと改めて考えさせられました。
しっかりとマスクや手洗い、手の消毒などしっかり行って行きたいと思います。

話はガラッとかわりますが、
南日本運輸倉庫では毎月行っている所長会議という会社全体の会議があり、
先週、感染対策を徹底した中、開催しました。
研修をしたり、報告事項や会社の重要な取り組み、進捗報告など、
共有の場の一つとして活用しており、冒頭は必ず私の挨拶からはじめさせてもらいます。

今回のテーマは
「チャレンジすることの大切さとどう実行に移すか」
を話させてもらいました。

ご存じの通り、これだけの世の中が変わっているので、
チャレンジすることが大事ですよね。
成果を上げることも大事ですが、やはり、その先行きの見えない方向に対して
手探りをしながら準備をすることも大事です。
そこにはチャレンジに向けて準備する人や、いろいろな人達が関わっているでしょう。
その精神にしっかり会社は応援し、評価をしたい。
また、チャレンジする訳ですから、失敗もあるかもしれません。
たとえ失敗しても、そのプロセスや考え方がしっかりしていれば、
反省を生かし新たなチャレンジにつながるかもしれません。
ここも会社としてしっかりサポートしていきたいと話をさせてもらいました。

ではどうチャレンジしたら良いのか?
私の英語の勉強の事例でお話をさせてもらいました。
私は今まである大学院に受かるべく、英語を一生懸命勉強して来たつもりでした。
恥ずかしながら、2回落ちています。
そこで2回目の失敗を経験したときに、
受かるレベルや自信を持って面接を受ける事ができるレベルを設定させてもらいました。
また同時に、その大学院に受かって何がしたいのかも再度設定し直しました。
まず最初の目的は、これからも激しく環境が変化する中で海外との仕事の拡大を視野にいれて、
インターナショナルな環境は増えてくると思いました。
世界中の人達、それも意識や志が高い方達とネットワークを作りたい。
その上で南日本の更なる発展に寄与したいと思いました。
それもトップとして自分で英語を使いながら交渉なり、会談することが大事だと思っています。
それで選んだのが今、挑戦し続けている大学院です。

改めて英語の先生と相談し、自分自身超えなければならないレベルを設定させてもらいました。
一つの例として、日本に一番馴染んでいるTOEICテストで850点レベル
では850点レベルとはどういったレベルか?
まず、単語で言うと850点レベルだと大体8000語から9000語の単語を取得していると
ネットで分かりました。しかし、9000語だとネイティブの6歳くらいということなので、
12000語に設定しました。またその単語一つ一つが3秒以内に出る事。
次にTOEIC900点レベルの英語をスムーズに読めるようになっていること
リスニングで言うと190WPM(1分あたりの文字数)を聞きながら私が発話できること。
これはCNNなどのMCの方達が発話しているスピードだそうです。
あとはそれに近いレベルの日本語文を3秒以内に英語で発話できること、
このように、大学院を受けるに値するレベルを設定しました。
そこから、日々の何を来年1月まで行うかを設定しました。
例えば、英単語は12000語と書きました。恐らく10倍の約120000語
こなさないと3秒以内は難しいと思うので120000語で日々500語を設定しました。
こんな感じでTOEIC850点までに向けて他のスキルも到達できるように
スケジュールを組みました。

そんな経験を交えて、自分のありたい姿から、その為に何が必要で
どういった状態ならクリア出来、何を日々行えば自分の理想になれるのか?
を話してみました。
現時点、そこまで会社の目標からしっかり周知し、各部署への影響や
何を行ってもらう必要があるのか示すことができていないので
次回はそのお話をさせて頂きたいとお話をしました。
私自身だけでなく、手前味噌で恐縮ですがここまで落とし込めば
目標が高くても、実現の可能性がかなりイメージしてやすいのではないかと思っています。
私自身はイメージが持ちながら、また量的には大変ですが、
モチベーションを高く持ち努力しつづけたいと思っています。

さて、チャレンジするというお話でしたが、そんな所長会議の中で、
嬉しい話がありました。

あるコーナーで弊社の課長が話をしていました。
その課長は会社の事を思ってくれたのでしょう!!
自分の立場を乗り越えて、
「日々の業務は大変忙しいのは理解していますが
会社として日々の安定稼働が最も重要です。
ですから徹底をよろしくお願いします。」と・・・。
相当勇気のいることだったと推察しました。
なぜなら社長の私を初め、役員も全員いましたし、各エリアのエリア統括や
現場を運営している人たちが殆どだったからです。
私がその人の立場でしたら、雰囲気に飲まれて言えなかったかもしれません。
チャレンジの話をさせてもらった後に、早速、勇気を持って発言してくれたことに
私はものすごく嬉しさを感じました。
私の言葉だけで無く、みなさん一人一人の言葉や行動が会社を変えていくのだなぁと
思いました。

先週はそんな一週間でした。

また来週お会いしましょう!!

失敗談を語る!!

みなさん、こんにちは。
ブログ第187弾です。
みなさん、如何お過ごしでしょうか?

緊急事態宣言も始まり、おとなしい日々が続いておりました。
私も事情があって、上の息子と2人で数日過ごしました。
いつもと違った雰囲気の中、また違った会話ができたような気がします。
朝は2人で近くの公園までジョギングを兼ねて、サッカーの練習のサポートをしました。
以前、試合を見に行ったときに、
チームメイトからのパスをトラップするのが苦手のように見えたので、
そのような練習を行いました。
その後の部活で、「今回の練習が役に立った」と息子に言われ、ものすごく嬉しかったです。
また、付き合えればと思います。

さて、先週も引き続き面談を行っています。

先週もすごく実りのある面談でした。

ある方からは安全に対する新しいモデルのヒントをもらいました。
せっかく各々の部署があるのですから、
その部署からのスタンスというか指針をはっきりと打ち上げることは良い事だと思いました。
また、新たな目標として、資格を取る事も宣言を頂いたので
これもまた秋の面談時での成果が楽しみで仕方がありません。 

そしてある方は、今が南日本運輸倉庫の基盤となる大切な時期なので、
しっかりと目の前の事に集中して、
1つ1つクリアして行きたいと非常に力強い言葉をもらいました。
そのような話を聞き身が引き締まる思いで、
社長として更にしっかりと足下を固めながらやっていこうと思いました。 

そのあとは最近増えてきた女性社員との面談でした。

1人は若いにもかかわらず、人についている仕事を
しっかり仕事に人がついているようにしていきたいと発言してくれ、
またその資料も作成しており近日中には経営会議に上申したいと
力強く発言してくれました。

今まで一社員の人が会社を思って、経営会議で協議できるようにしたい
と言ってくれたことは少なかったので、非常に嬉しく思いました。

また他の方は、自分のグループの中でNo1になりたいと掲げてくれて、非常に頼もしい限りです。
そして、上長に早く認められるようになり、秋までには資格も取りたい。
そしてこれからもずっと南日本で働いていきたい。とも言ってくれたので、
初の女性役員も夢ではないのでは、と思いました。
また、それまでのプロセスは公私の面でクリアしなければならない課題もあると思うので、
会社としてしっかり支援できたらと思いました。 

次の方は、4月から戸田に新しく入ってきて、まだ仕事にもなれず、
また公私の面での両立に苦労されていました。
気持ち的にはだいぶ慣れたようですが、まだ体は慣れていないのかもしれないと言っていました。
慣れないメール文書にビジネスパーソンとしての課題を自分で見つけ、
克服しようと頑張っている姿がとても頼もしく見えた次第です。
彼女も将来的に仕事も続けて行きたいですが、家庭もなんて言葉もありましたので
やはり会社としてしっかり支援できるようにして行きたいと改めて感じた時間でした。
最後の質問の中では、私の失敗談を聞かせてほしいと言われました。
話しているうち、あれもこれもとたくさん南日本運輸倉庫でのアルバイト時代の事や
前職での失敗談、そして入社してから今までの失敗談と・・・。
自分で言うのも何ですが、よくまぁ~出てくる出てくると言った感じで
面談時間を予定より大幅にオーバーしてしまいました。
できる事なら成功談でオーバーをしたかったですが、
私にとっても非常に有意義な時間でもありました。 
確かに失敗はたくさんしました。
ですが、少なからず行動を起こしたから成功か失敗かの境目を経験し、
結果残念ながら失敗談になってしまった。笑
しかしすべてとは言いませんが、その失敗が今の自分を形成していると思うと
思い返す機会を逆にもらったような気がしました。
今までの失敗に対して、思い出そうとすると何か心のバリアが掛かって
何も思い出そうともできない時期もありましたが、
ようやく純粋に思い出せる事が出来る時期に差し掛かった時のような気が
面談を終えた後に思いました。
だから自分もたくさんの失敗談を気兼ねなく話す事ができたし、
自分を形成しているんだなぁとも思えました。

以前、ブログにも書きましたが、
親が子に教えられる事が多々あるように、
いろんな人との真摯に向き合う会話はすばらしいなぁと思いました。
本当にたくさんの気づきを教えてくれます。

先週はそんな一週間でした。

まだまだ面談は続くのでこれからも非常に楽しみです。
またどんな気づきをもらえるのか?
また逆に良い質問をすることで良い気づきを与える事ができるのか?
このやりとりが非常に楽しみです。

では、また来週お会いしましょう!!

営業所周りや慰労

皆さん、こんにちは。
ブログ第137弾です。

コロナウィルスもだいぶ落ち着きを見せてきたようですが、
そんな中、日本は海外から見て異様に見えているそうです。
ロックダウンしたわけではないですし、
医療が充分整っているわけでもなく、
そうするとやはり日本人の習慣に理由があるような気がします。
手洗いをしっかりするでしょうし、
比較的各自が予防に対する意識が高いような気がします。
また公衆衛生のレベルが非常に高いようです。
その辺が他の国に比べて感染者が少ない理由なのではないかと思います。

さて、先週は2つイベントがありました。

コロナの影響の中、従業員の方が本当に頑張ってくれています。
その労に報いようと、対象従業員に慰労金を配らせていただきました。
総勢1957人でした。
子会社の昭和冷凍は独自でやったようなので、
合わせると2000人を超えます。
またその慰労金には、手前味噌ですが
手紙をパソコンで作成し、印刷した後に
下の方に全員分のメッセージと署名をしました。
流石に1957名分は大変でしたが、
そこで気づいた事が、もちろん汚い字では失礼なので気をつけましたが
量が多いだけに変に綺麗に書こうとせずに
自分では気楽にそれなりの字で書けたということでした。
この量の多さが変な意識をかき消してくれて、
結果スムーズに書く事ができました。
こう言ったことは何事にも大事ですね。

私がやるゴルフでもそうですし、
変にスイングばかり意識しすぎては
力が入りすぎて良い結果になりませんし、
だからと言って綺麗なスイングを心がけなければ
良い球が出るわけがありません。

こう言った良い意味で気楽にスムーズに物事を進められる境地
と言ったら良いのかわかりませんが
何事でもその境地に行き着く事が大事だと思いました。
そうするとやはりある程度量をこなさないと、
その境地のスタートラインに立てないのかも知れません。

また4月に、自社の組織を変えて各営業所がエリア制になりました。
そのエリアを統括するメンバーは戸田在籍ではなく、
各エリアの拠点に移動したので、状況などを見に行きました。
初めての試みなのでいろいろと課題はあるものの、
みなさんはいろいろと自分の戦略を私に語ってくれました。
アピールもあるのでしょうが、
やはり自ら自分の考えを話してくれることは非常に嬉しいことであります。
私よりも当然、現場に近い人たちなので、
私もサポートをして具現化できるようにしていければ
もっと会社も良くなっていくのではないかと感じました。

まだまだスタートしたばかりです。
常にアンテナを張りつつ、頑張って行きたいと思いました。

先週はそんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

営業所周り3

みなさん、こんにちは。
ブログ第128弾です。

さて、だいぶ気温も暖かくなり、桜も咲き始めた様子です。
今年はコロナの影響もあり、お花見自粛という事で
非常に残念です。

私自身は最近マスクをするのをやめました。
もちろん手洗いはこまめにしています。
まずはしっかりとした手洗いが大事だと思っています。
またここまで深刻ですと、暗いムードが影響しますので
私自身少しでも経済に役立てるようにと思っています。
会食も先方さえイヤでなければ開くようにはしています。
十把一絡げではなく、気をつける事と、
してもいい事をしっかり見極めながら
社会に貢献できればと思います。

さて、先週も営業所周りをしていました。
先週で概ね終了となります。
先週は長く貢献してくれている所長がいる営業所が多かったので
昔話や思い出話もありました。
私自身も体を動かして働いていた頃を思い出したりと、
話をすることで癒やされた時もありました。

また他の所長は3台車両を増加する予定で、
人員もきちんと用意されているという話もありました。
なかには会社をもっと大きくしていく策をアピールしてくれた営業所もありました。
また新たな転任先で頑張っている子にも会いました。
すごく清々しい顔をしていて、大して会話はできませんでしたが
彼の顔を見て、頑張っているんだなと身の引き締まる思いでした。

今回の営業所周りで少しずつですが
いろいろと皆さんが会社を思って動いているところが
見えてきて非常に良かったです。
やはり現場が大事ですね!!
また、今回の営業所周りでコロナの影響を受けた従業員の方が
ほぼいなかったのが良かったです。
コロナの影響により、外食関係はだいぶ苦戦はしていますが、
その分、スーパー関係は日配品も含めて良かったので
またどのような影響があるか3月の数字は非常に気になるところです。

世界でこれだけの影響を及んでいるコロナですが、
ある国のトップは第二次大戦以来の出来事と言っている程の社会問題となっています。
一人一人がしっかりと予防に気をつけ、
少しでも減らすよう努力していくしかないと思います。
本当にこんな時だからこそ心を一つに頑張って行く事が大事だと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

営業所周り2

みなさん、こんにちは。
ブログ第127弾です。

先週は久しぶりに雪が降りました。
その前日は19度くらいの気温が
翌日には雪が降るくらいの気温にまで下がってしまう
恐ろしい気候の変化です。

やはり環境汚染が原因なのでしょうか?

経済成長も大事ですが、環境も非常に大事だと思います。
このような状況を見るとどうしても経済を優先しているような気がします。

我々の企業に例えると、
設備が職場で働く環境として適していない場合、
そこに目を向けずに成長ばかりに投資していると、
いずれは業務品質の維持が出来ずに大きなしっぺ返しが来てしまいます。

国で言えば足下の改善ですべきことにフォーカスしなくても存続できるかもしれません。
環境を優先順位から後回しでも維持できるかもしれません。
経済成長を優先できるかもしれません。

しかし企業で言えば、
やはり足下をしっかりしなければ、存続すら難しくなるので
とても会社の成長は望めません。
儲ける事も大事ですが、しっかりとバランスを考えながら
企業の目的は企業の存続、継続的な成長ですから、
しっかりと足下を見ながら成長して行きたいものです。

さて、先週も営業所周りをしていました。

南日本が大型センターをやり始めてから20年近く経ち、
いろいろと課題が浮き彫りになってきています。

もっと言うと浮き彫りになってはいても、
会社としては浮き彫りになっていない状況もありました。

よく言えば現場が苦労を省みず一生懸命頑張ってくれていました。
行くといろいろと説明もしてくれるし、課題の話をしてくれるので
まだまだ会社としてはコミュニケーションが足りていないと感じました。
またそれに向けての私の決心も足りないと感じた次第です。

来週もまだまだ営業所が残っていますが、来週で全部回れる予定です。
同じようにきちんと現場の課題を抽出できるように、また、
事前にしっかり想定をしながら判断できるようにしたいと思います。

今週は簡単ですが、そんな一週間でした。

ではまた来週お会いしましょう!!

営業所周り

みなさん、こんにちは。
ブログ第126弾です。

相変わらずコロナの影響で
環境が大変な状況となっています。

働いている方はコロナの影響は聞いておりませんが、
現場では物量が大幅に増えて、年末より多い状況が続いています。

日持ちのする商品は分かるのですが、
日配品も年末大幅に超えるような日もあったようです。

日配品はやはり乳製品だったり、
納豆だったり免疫力系の商品が多く出ているようです。

ニュースではトイレットペーパーであったり
マスクであったり不足が続いていますが
きちんと数を数えれば必要な数は分かると思いますが、
やはり不安をあおるようなことが
心理としては買い増ししたくなるモノです。

そういった所はしっかりと政府が対応をして頂き、
きちんと必要な数が必要な人に回るように
お願いしたいと思います。

さて、先週も営業所周りをしていました。

先週は神奈川方面や西東京方面、
そして栃木、岩槻方面を二日間かけて回りました。

ある営業所では先ほどの話のように
物量がたくさん出て、大変だった話やお子さんが
やりたいことを見つけて、そこにまっしぐらに
突き進んでいる話を聞いて、
また、そこに対してお父さんである所長が親として
一生懸命サポートしている話を聞いて
とても幸せな気分にさせてもらいました。

またある営業所の所長との会話では、
これからの新しいステージに対して、
質問がありました。

一所懸命自分自身の中で課題を見つけて
クリアしていこうとするようでした。

少しプライベートなことも聞かれ照れはありましたが、
こういった質問をしてくれる環境をもっと
定着していきたいと思いました。

自分で言うのも何ですが、照れがすぐに出てしまう
性分なので、皆さんから質問しづらいように
見えるかもしれませんが質問されると言うことは
興味を持ってくれていることですので
どんどん聞いてくれればと思います。

また、別の営業所では私が先週売上目標を掲げたことに
対しての青写真への質問だったり
会社の仕組みについての質問もありました。

また他の営業所では2時間30分くらい時間を
要した営業所もありましたが、
最近、あまり顔を出せていなかったこともあり、
また少し話をということで
面談形式になる場面もありました。

その時も一生懸命今の現状や、
やっていることに対して説明してくれたり、
また、不安な状況も話をしてくれました。

その姿には真摯な態度で、
一生懸命取り組んでいる姿勢を感じることができましたし、
少しでも彼の行っていることに作用することができればと、
方法を提案し、一緒に課題をクリアしていくことになりました。

残りの営業所を回ることができずに申し訳無かったですが、
こう言った会話が出来た、営業所周りをして良かったと思いました。

今までの新年営業所挨拶回りでしたら
新年の挨拶が目的のようなものでしたから
形式的な挨拶で終わっていたかもしれません。

今年からの新たな回り方でこう言った
現場の課題が多く見えてきて良かったです。

毎年2回やっている面談とはまた別で良かったと思います。

まだ半分以上営業回りが残っていますが
そう言った会話がまた出来ればと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!

先週の報告

みなさん、こんにちは。
ブログ第124弾です。

以前書きましたように今年から正月の営業所周りをやめました。

働き方改革のひとつで、
さみしい気持ちもありましたが、
正月の営業所周りはやめ、その変わり、
もう少し営業所での滞在時間を増やし
内容を濃くしていくように考えました。

その営業所周りが先週からスタートしました。

先週は千葉方面の営業所を回りました。

私の中ではもう少し、
ビジネスライクな会話かと思っていましたが
みなさん、気軽にいろいろと会話をしてくれて、
私も和やかな雰囲気の中で会話をしました。

中には、もちろん仕事での相談もありましたが、
「営業所の入り口に花を育てているので
見てください。」と言われました。

私は妻からも花などに無頓着で、
家の庭で育てていても気づかないので
「私に言っても無理ですよ~」と話をしました。

でもその所長は「以前、盆栽育てていたじゃないですか?」と言われたので
「今度提供するから育ててください」とそんな会話をしました。

その日の夜、妻にそんな話をしたら
「やめときなさいよ~」と言われました。笑

さて、昨今で言うとコロナウィルスが猛威を振るっていますが、
まずは亡くなった方にはお悔やみ申し上げますし、
感染した方には早く元気になって頂けるよう願っております。

確かに重要な問題で感染することを考えると感染しないように、
自粛は大事な選択肢だと思います。

私の会社関連でも、先週、南日本運輸倉庫の協力会で
集まる予定でしたが、中止を選択させてもらいました。

先ほども書いたように、
このタイミングで必要でない事であれば、
自粛は大事な事だと思いますが、
先週、お客様の新年会に出席する場面がありました。

私も中止でないのかなと思いましたが、
予定通りと言うことで行ってみると、
受付の入り口からマスクを配ってくれたり、
立食でしたが各テーブルに大量の割り箸と
ウエットティッシュやアルコール除菌液が置いてあり、

バイキング形式でしたが、
レストランの方が手袋をして食事を取ってくれ、
感染しないようにという徹底さを感じることができました。

また、パーティ中は名刺交換も禁止でした。

交流という意味では交流してないのかもしれませんので、
ここまでして開催する意味はあったのかと思う方もいました。

採算までは分かりませんが、
あまりにも自粛自粛だと経済も停滞してしまいますし、
やることによって今回は経費倒れしたかもしれません。

ですが改善項目も見えてくるでしょうし、他の模範になって、
このようなコロナウィルスの環境でもしっかりと
開催できる明るい材料になるでしょう!!

否定から入ることは大事だと思います。
その中でもどうやったら出来るのか?
ただ使命感だけでなく、きちんと継続出来る内容での開催だったのかを
きちんと考える、良い機会だったと思います。

確かにこれだけの方が亡くなっていますし、
不謹慎な話かもしれませんが、自粛、禁止ということで
生活に支障をきたしている方がいるのも事実です。

難しい問題ではありますが、みんなで安全を考慮しながら
知恵を絞って開催できるようにしたいものです。

テレビを見ているとある感染症の先生は
「あとで笑い話させるのが我々の使命」と仰っていました。

まさにそうだと思います。

みなさんは如何でしょうか?

ではまた来週お会いしましょう!!

新センター開所式とJFN新年会2020

みなさんこんにちは。
ブログ第122弾です。

先週娘の受験のピークと書きましたが

おかげさまで第一志望に合格できました。

フェイスブックにも書きましたが、
合格発表の日もテストを受けていて、
昼休憩のランチを一緒にとっていましたが、
本人は第一志望の学校は落ちたと発言し、落ち着きがないようでした。

その日の午後2時30分に合格発表だったのですが
娘のテストを待っている間に妻から合格の連絡をもらい
また妻も長年の苦労から声につまり、涙を出していたようでした。

受験勉強を始めたころは先生たちには
相当頑張らないと受からないと言われていたようで
そういったところからも喜びは一入ですね。

娘がテストから帰ってきて、私のタブレットで合格発表を確認しましたが
(自分で見るから見ないようにと言われていました)

受からないと決めてつけていたせいか娘には自分の受験番号が見えていないようで、
「やっぱり落ちたー」と言っていました。

私はよっぽど言ってあげたかったですが、
ようやく自分で見つけた時は、娘は涙が溢れていました。

本当に良かったです。

なんだかんだ言って、うちの妻は子供の受験に関して、全勝でしたので
私の来週の面接も指導してもらおうかと思ったぐらいです。

さて、先週はJFNの新年会がありました。
今年は新潟の新潟食品運輸さんが新センターをオープンさせたこともあって
新潟で開催されました。

行ってみても、雪は全くなく聞くと、昨日までゴルフ日和だったそうです。
見学すると立派なセンターで省人化もかなり図ったセンターでした。
その中でさすがと思ったのが、
安全祈願祭で神酒拝戴でお酒をこぼしてしまったのですが
お酒を配ったいた女性事務員の方が終了後、
タオルをもってきてくれました。

非常に気遣いのある従業員の方だなぁと感心しました。

大丈夫と言っても気にかけていた様子でした。

新センターのすごさもさることながらこういった従業員の方いることが
会社のパワーだと思いました。

特に物流業のようなサービス業は非常に大事な心遣いですね。
その後はホテルでパーティでしたが

来場者が400人はいたかと思います。
段取りだけでも大変だと思います。

しかし見事に終了されましたし、
その後の二次会までも手配されていて、
何人の方たちが行ったのかは知りませんが、

相当な用意だったと思います。

もう脱帽としか言いようがないですね。
次の日は、JFNの新年会でパネルディスカッションに参加しました。

質問の内容が

・今後の物流会社としてのあるべき姿など

・自動運転に対してどんな共存がはかれるか

・食品物流にこんご必要になってくるもの

・人材採用についての取り組み

など決して答えがすぐに出ないような内容でした。

しかし、こういった質問は定期的に自分で意識しながら
徐々に考えて行かなければならないと感じました。

そのあとは恒例の浴衣に着替えて懇親会でしたが
時間の許す限り、懇親を深めさせてもらいました。

最近は大分、酒の量を控えるようになってきましたが
今回の二日間は良く飲んだと思います。

こう言ったように浴衣に着替え、膝を突き合わせて語ることで
さらに結束力が深まることと思います。

先週はそんな週でした。

ではまた来週!!

新年会2020

皆さん、こんにちは。
ブログ第120弾です。

先週は南日本運輸グループの新年会がありました。

例年では2月に行ってました。

それを今年から1月のなるべく早い段階で行いました。
理由は入社してから三が日に新年営業所周りを
していましたが今年からやめました。

今の時代休めるときに休むことが
大事だと思い、やめました。

そしてそれをやめたので、早く新年会をする事で
早く新年の挨拶をできるようにしました。

でも営業所周りは2月、3月をかけて
ゆっくり平日に行う事にしました。

さて、新年会ですが、いつものように私の
年始の挨拶と方針説明をさせて頂きました。
その中で大幅に体勢を変える発表をしましたので
結構反響があったようです。

そのあとは懇親を深めにみんなに酒を注ぎに周りました。

仕事の話や普段の何気ない話など笑いながら
真剣になりながら会話をさせて貰いました。

中にはもう少し肩の力を抜いたらと
気にかけてくれた幹部もいましたが
私から言えば最高の褒め言葉ですね。

努力は大事ですが、中々やはり結果とは別物です。

以前のブログにも書きましたが、
やはりみんなから応援されるくらい
努力をしなければならないと思っていますし、

私の好きな言葉の一つに
『人の何倍も努力した人が必ずオリンピックに出れる訳ではないが
オリンピックに出た人は必ず人の何倍も努力している』
があります。

所帯が大きい会社ですが、また最近は物流以外も
グループに入っているので、
せっかくの機会ですし、出会いですのでこのグループ
で頑張りたいと思う次第です。

そのあとは久しぶりに商品券のくじ引きをしたり、
別で争奪ジャンケン大会をしたりと盛り上がりました。

実は今回主催の会で初めて酒を飲まずにのぞみました。

それでもあっという間の新年会でした。
こういった場を設ける事で
さらに会社を良くするための助けとなる場になれば
最高だと思います。

そして、また会の振り返りも行い、
来年の新年会はもっと良いモノにできればと思います。

今年一年も非常に今後の発展のために、
しっかり体制を作る年になると思っています。

そういったメッセージを所長会議だけでは伝え切れませんが
所長会議やこのブログなどを通して伝えていければと思います。

ではまた来週お会いしましょう!!